gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

社会保障制度を維持するには

2019-10-29 09:42:46 | 日記
今の社会保障制度のやり方ではいずれ破城する。でも底辺の人はいっぱいいる、自立できないで基礎年金のみで生活してる老人はもっと増えると思う、基礎年金で生活するのは苦しいと思うしそれに動けなくなっての介護費払うのはきついだろう、そんなことで介護費を上げたらそれさえも払えない。でも現実はそれを支える社会保障の費用が政府にない。残念ながらいまのままでは日本は維持できないだろう。その対策はロボットしかない、そう言うと介護ロボットを創造するかもしれませんがそうではなく家事用ロボットで良いんです、これで家事をこなしてくれれば介護施設に入らなくて済む人も多いのだと思う、私が思うのは介護ロボットは業務用のイメ-ジが強いがそうではなく個人向けを作ってくれたら自分の家で暮らせ有難いし、介護施設に入る人も少なくなると思う。次に医療ですが田舎では無医村が存在し都会では医者が余ってるという現象を解消するには各村に医療施設を作りそこに看護師を常駐させ、医師を都会の大病院に沢山雇いそこの病院と村の医療施設とをインタネットでつなぎ医師が看護師と連絡しあって診断や治療をすればこの問題はクリアし、そのシステムを都会でも取り入れて治療すれば大病院が混むという問題も解決するのでは、其れに年金ですが保険料の上限を設けず青天井とし、支給額に限度を設ければいいのでは其れこそ保険です。高給取りは保険料を沢山払い、受け取るときは限度額があり規制されるそんなシステムを使って年金支給を遣り繰りすればもっと年金財施は楽になるのでは。
コメント   この記事についてブログを書く
« 人間の死とは | トップ | 監視カメラについて »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事