gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ブラックアウト

2018-09-25 04:36:04 | 日記
北海道で地震後ブラックアウトになりましたが今後北海度だけでなく、どこの地区でも起これることです、なぜならば火力発電所が老朽化していつ止まるかわからないのが多いからです、それでは早く立て替えればと思うでしょうが原発があるからもう直ぐ原発が動き出すのに新しい火力発電作るのは原発が動き出したら宝の持ち腐れになると新設発電所を建てる計画がないのです。だから老朽化した火力発電が止まる可能性は大いにあります。でも原発が動き出せば新規の火力発電は加重投資で負担になります。しかし北海道は風力発電が多いところでですがその電気を買わないのです、それは電線の容量がないからと説明していますが、その容量は原発が通った時の要領で計算してますから、実際にはガラガラで要領は充分あります。でもそんな屁理屈付けて原発を動かしたとき邪魔なエコ発電を締め出してるのです。でも電力会社がいくら拒否しても政府がエコ発電の買受料金を下げると言っても自分の家で使う分にしてしまえば電力会社から買うより大分安くなります。それには蓄電池が必要で自家発電使用には今より少し高くなりますが其れでも電力会社から買うより安くなります。それに近頃太陽光発電設備の設置費用もだいぶ安くなっており、原発発電や火力発電の電気代より安い費用で一般小型発電所から買えるのももう直ぐです。そうなれば原発抱えた従来の電力会社が維持できるか問題で競争が激化するのも時間の問題です。新興電力会社は今は電気を集めるのにシックハックしてますがもっと技術が進歩すればそれも変わってくると思います。今はエコ発電が上乗せ電気代として加えられており悪者になってますがその費用もだんだん冷えて行き関係なくなります、それにエコ発電は毎年技術進歩がありだんだん安くなってますが、原発は安全重視で費用がかさんでいきます。もうエコ発電に採算面でかなわなくなってるし。今後も差が開く一方です。それでも原発に死守するのは何なんですかね。判らない。
コメント   この記事についてブログを書く
« 資源のない日本が生き残るには | トップ | 効率化で幸福になるか »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事