gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

日本が脱炭素化にダッシュすることが出来るのです。

2021-10-12 20:43:02 | 日記
なぜ国民みんな脱炭素化に踏み切ろうとしないのだろう、今私が述べることを信じて脱炭素化に踏み切れば世界の脱炭素化を引っ張ることが出来る、でも日本の財界は反対するでしょう、其れは今石油や石炭を輸入して潤ってる企業がたちまち干上がります、日本経済の基本が崩れてきて、新興企業に力が移るからそれが嫌なのです。その筆頭が大手電力会社です、それに石油を納入している関連企業が干上がります。日本の経済に変動が起こるのです。だから脱炭素と言っても経済界が動きません。それではどうするか日本の為世界の為に政府が旗振って出来る企業を育てることです。ではその方法を述べます。浮力を使えば引力に抗して物が浮上します、そうして浮力を抜けば物は下降します。それを動力に使えばいいのです。ものが上下すればエネルギ-が取れます、それを二つの容器を用意して両者へ交互に水を移し替えて水の注水、排水を繰り返せばいいのです。私の計算ではポンプで移し替えてもできますが、それを疑う人は滝壺に容器を二つ用意しそれを滝ノ水で行えば其れでもできます、今ある水力発電の下に大きな容器を二つ用意し、その容器の一つに水を誘導し浮体を上昇させます、そうして容器が満杯になれば、もう一つの容器に水路を切り替えもう一つ別の容器に水を注ぎます。その容器が満杯になるまでに先の満杯になった容器の水を放出します。それで交互に容器を水で満たせば浮体が上下しその浮体の上下のエネルギ-で発電すれば発電出来ます。日本では水力発電のダムは沢山あるのです。その今ある水力発電と今述べた新水力発電で二重に発電出来ると思いますが、それが出来ればその水の移動をポンプでやれば世界中何処でも発電が出来るようになります。世界の脱炭素化に日本が引っ張て行けるのです。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日本国の財政を守るには | トップ | 基本材は基本的には外国に頼... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事