gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

今必要なのはエネルギ-と電池

2016-12-22 14:09:45 | 日記
今日本で求められてるのはエネルギ-です。化石燃料は気象条件を悪化させるとエコエネルギ-を求めています。原発の危険性は福島で嫌というほど知らされた。それでもエネルギ-は求め続けられる。何とかいい方法はないか、世界中が研究している、でも電線の引けない荒野や砂漠地帯ではどうするか、結局太陽光や風力頼みである。荒野や砂漠地帯で出来るなら日本の家々にもできるのではないか。日本の個人宅での発電は電力会社より買うのとトントン位の値段で発電出来てるようですが残念ながら故障したとき電気屋さんを呼ぶ等メンテナンスに問題が出たり初期費用の問題があり、電気代トントンでは今のところ嬉々として自家発電にするところは希です。でも発電費用がトントンにまで太陽光発電や小型風力発電が安くなれば送電線を必要とする現在の電力会社頼みの電気は高くなりスケ∸ルメリトは活かせなくなる。その時期は近いと思われ、いずれは電気は個人の家で電気を作る自家発電時代になっていくであろう。それに太陽光や風力で電気を起こすことのできないとこれでも水素を買い燃料電池で発電するようになり電力会社に依存する時代は遅かれ早かれすたるものと思われる。それに今の電力会社の配電方式では災害の時停電する恐れがあり、その点太陽光発電なら自分のところ直せばすぐ使えるようになる。ただこれから一家に一台ロボットや自動車を持つ時代にそのエネルギ-源は電気であると思われそんな量を得ることが出来るか、それも心配です。
もう一ついかに一台以上のロボットや自動車を持つとしてそのエネルギ-のもとである電池が高容量で自足性のあるものが欲しい。それには今のリチュウ-ム電池では心もとないもっと高容量の電池が欲しい、今研究者はそれを探しているがまだ見つかってない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本政府は介護や育児のイノ... | トップ | オリンピック費用は全部五輪... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事