gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

コラッヅ予想の私の考え方

2021-11-06 05:48:18 | 日記
このコラッツ予想は【どんな正の整数も、偶数なら2で割り、奇数なら3倍して1を足す、この操作を繰り返せば、必ず最後は1になる】と言うことで、これを証明せよとのことですが、正の整数がnの場合、nが偶数の場合(2のa乗+2のb乗+2のc
乗+・・・・・)です、nが奇数の場合は(2のa乗+2のb乗+2のc乗+・・・・・+1)です。コラッツ予想では偶数だとnを2で割り奇数では3n+1とするとあり、3n+1とは3×(2のa乗+2のb乗+2のc乗+・・・・・+1)+1で必ず偶数になります。偶数は2で割ると商は奇数よりも偶数になる回数が多く、奇数も3n+1として偶数に直してますので2で割り続けることになります。だからその間3n+1とするよりもnを2で割るか回数の方が多く、nも3n+1も(2のa乗+2のb乗+2のc乗+・・・・・)で成り立ているのから、それをどちらも2で割るので一時的には大きな数字になってもだんだんと小さな数字になり、それを続けると最後は2のy乗になり、2で割り続ければ1となる。でも奇数時は3n+1とnを3倍してるので、2で割って1.5倍です、しかしさらに2で割ると0.75倍と1を割り込みます。だからnを2で割った場合の商の値が偶数多となれば1に近づき、最後は1になります。それにnは(2のa乗+2のb乗+2のc乗+・・・・・)であることをお忘れなく。2で割り続ければ2のy乗になり、更に2で割り続ければ1になると私は思います、私は学者ではないのでよくわかりません、これは私の考えを述べただけです。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« この国を真面にするには | トップ | 日本は税法が間違ってるのです。 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事