gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

過疎地の交通を何とかしなくては

2019-01-26 15:35:08 | 日記
過疎地の人口減は交通が問題なのです、病院や買い物全て歩いていくには距離がりすぎる、不便だでもその地では病院も商店も採算が合わない、だからその街の中心部へ行かなければならない、でも交通も採算が合わないから便が減る一方、それではなお一層不便で人が減る、デメリットサイクルです。でも田舎は静かでいい面もあるのです、だから残りたい人もいるのですが生活ができなくなってさっているのです、これを防ぐには微力かもしれないけど交通を何とかすれば年寄りでも住めるようになるのでは、子供に頼らなくても自分で生きていく方法をとた方が生活はしやすいのです。人に頼りたくない、そこでの切り札はバス便を全て取りやめ街でタクシ-運航を始めれば、タクシ-は高いというイメージがあるかもしれませんが車体を町が購入し、運転手が町中の運送を引き受ければ採算が取れるのでは、例えば宅急便も引き受け、買い物の輸送も引き受ける、人員運送は勿論のことです。これに無人運転の車が走ってくれれば尚更です。
コメント   この記事についてブログを書く
« 朝鮮統一 | トップ | 消費税増税止めた方がよさそう »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事