gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

化石燃料を廃止したら

2019-08-16 11:32:27 | 日記
日本のエネルギ消費量は20兆円です、これは輸入量ですがこれを止めれば日本の経済が20兆円軽くなります、でも20兆円がそのまま軽くなるのではなくその20兆円が国内生産に切り替わります、なぜかと言えば化石燃料で作ったり、消費していたエネルギ等は国内で生産しなければならないからです。ということはエネルギ-は風力や太陽光、温泉熱等国内のエネルギ-源に頼る、また化石燃料に頼ってるプラスチックは植物性セルロ-ズナノファイバーに変え国産化する、そうすれば国内の仕事も増えるし、こうした製品の生産手段を新興国に売れば外貨稼ぎに苦労している新興国もそんな製品を購入してくれる。だから輸出もできるのです。だが日本政府はそれとは反対の行動に出ている、環境問題に疑問のある石炭火力を売り込めとか、原子力発電を売り込めとかその国が損になる取引を進めようとしている、それでは相手国に対して失礼、本当にその国が利益になるよう協力するのが良い貿易です、自分お金儲けだけ考えていては相手に敬遠されます。長く付き合えるよう良心的に進めてもらいたい。
コメント