gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

日本経済を立て直すには

2017-08-19 13:21:51 | 日記
日本経済を立て直すには日本に必要な物は日本で作り、外国が必要な物はその国へ行って作る、外国へ物を売って稼ぐという方法は歪を生みます。それでは貿易不均衡がおこり、問題が起きます、だから輸出で稼ぐのではなく、よその国へ行ってその国の産業を振興すると同時に少し利益をもらう、そんな産業政策にしないと外国からも疎まれます。そのよい例が中国です、とにかく安く売り込み儲けよとしますが今の時代一人もうけを独占するやり方は通じなくなります。それにAIやIoT、デ-プランニングで今までの特許権も関係ない産物が作られ、それが幅を利かす時代になります。特許権もAIが作ったものには権利を認めないこととなり、広く使用可能となり特許がいみなさなくなる時代が来るでしょう。そうして機械が物を作るので技術の良し悪しもなくなりどんな僻地でも物を作ることが出来るようになり、機械ものの売り買いはなくなり将来は食料や物を作る原料資源の貿易のみが残ると思われます。その時資源のない日本はどうするかということなのです。日本がその危険に陥り可能性があるからそこで将来のことを考えたら資源を生み出す方法を編みださなくては生きず待ってしまいます。その資源とはエネルギ-やプラスチックの基の石油やLPG、それに構造物を作る鉄やアルミなどですがそれを国内で作ることを考えないといけない。化石燃料の代わりに太陽光や風で電気を作る、それでエネルギ-は賄えるようにしなければならない、次に食料ですがエネルギ-と空気と水があれば植物工場が出来ます。光を日本にはふんだんにある水を肥料は空気から窒素を取り植物工場にすれば世界で取れるすべての果物や穀物それに動物の飼料もとれエネルギ-さえあれば植物工場が出来小区量には事欠かないようにできます。次に鉄やアルミの代替え物ですが今や鉄より強くて強度のある炭素繊維がありますがそれに匹敵する植物から作るセルロースナノファイバーという物質もあります。それに海水には沢山の含有物があり沢山の資源を含んでいます。それらは全て現在存在するもので採算が合うよう研究されてるものです。しかし今輸入に頼らず日本ですべて作れとなったら金をかければ作れるものでなくて困れば作り出すでしょう。そう経済を立て直すとは地産地消にすることなのです。いずれ将来は世界的にそうなりますが、その先端を切ることが出来るのは日本だと思います。
コメント