羽鳥操の日々あれこれ

「からだはいちばん身近な自然」ほんとうにそうなの?自然さと文化のはざ間で何が起こっているのか、語り合ってみたい。

曇り朝~でも

2008年07月01日 08時27分35秒 | Weblog
 午前中、2コマの授業を行った。
 一年に一回だけ行っている、特別授業である。
 写真は、国道246・青山通りにある大学の庭。
 曇り空のもとだったが、気持ちよく時間を待った。
 予定より10分ほど早く到着したからだった。
 朝の空気を吸い込んで、静かに芝生を眺めていた。
 このような時間も、悪くない。

 12時過ぎにここをでて、渋谷で昼食を取り、それから井の頭線で明大前に移動したが、各駅停車にもかかわらず、早く目的の駅に到着することに驚いた。
 東京の地価が高くでも仕方がないかもね。
 交通網がえらく便利になった。

 しかし、どの駅にも‘洞爺湖サミット’の警戒で、制服警官の警備が非常に厳しい。
 

 そして、午後も2コマの授業を行った。
 本日、気温は高かったかもしれないが、比較的過ごしやすく、汗が吹き出て困るという状況でなかったことに救われた。

 7月朔日。
 気分が改まったから不思議だ。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ‘くちなし’の葉 | トップ | 建替え »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事