羽鳥操の日々あれこれ

「からだはいちばん身近な自然」ほんとうにそうなの?自然さと文化のはざ間で何が起こっているのか、語り合ってみたい。

坐禅 ふたたび 十八日目

2019年05月27日 16時31分14秒 | Weblog

午前中に所用を済ませて、午後の届け物を受け取ってから、体操と坐禅を行った。

本日の収穫は、その日の坐禅でどのような坐り方になるのか、やってみなければ予測はつかないこと。

 

実は、少々の疲れもあって、夕方に近いし、今日は途中でやめたくなのではないか、と思いつつ始めたのだが100回に到達できた。

かなり整った感じで、続けられたのである。

 

坐禅を一応終わりにして、再び「真の動き」を行った。

腰から脚にかけて、それまで圧迫されていた筋肉に、一瞬にして血液が流れ込んだ。

血流に誘発されて、筋肉がぷるぷると、ほぐれるのを感じた。

坐禅をする前も体操は大事なのだが、組んだ脚をほぐしてからの体操も大事だ、と実感が得られた。

「真の動き」を中心に、「やすらぎの動き」「前後開脚」等々、「上体のぶら下げ」をして、「ひかがみ(膕)」を伸ばして終えた。

 

夕方も悪くないねー!

コメント   この記事についてブログを書く
« 坐禅 ふたたび 十七日目 | トップ | 坐禅 ふたたび 十九日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事