羽鳥操の日々あれこれ

「からだはいちばん身近な自然」ほんとうにそうなの?自然さと文化のはざ間で何が起こっているのか、語り合ってみたい。

坐禅 ふたたび 六十七日目・・・・・明日からは百八つ数えようかな!

2019年08月14日 08時53分25秒 | Weblog

鰻、食べたいー。

鼻先に蒲焼の匂いが、プーン。

25、16、17、18・・・・・

坐禅さん ごめんなさい。

急に音大付属の高校一年の時、浜松のヤマハ楽器まで、グランドピアノ(免税)の選定に出かけた時の鰻を思い出した。

フジ子・ヘミングさんの親戚に当たる調律師さんと、母と私の三人で出かけた。

あの時の鰻の味は忘れられない。

ただ、母は苦虫を噛み潰したような顔で、我慢しながら食していた。

嫌いなのだ。

他に食べるものがなかったから、と言いながら。

実にもったいない話だが、こればかりは仕方がない。

51、52、53、、54・・・・・

一応、100 数えましたわ。

そうだ、明日からは、108 数えることにしよう!

コメント   この記事についてブログを書く
« 認知症の母、喜びを爆発させる! | トップ | 坐禅 ふたたび 六十八日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事