羽鳥操の日々あれこれ

「からだはいちばん身近な自然」ほんとうにそうなの?自然さと文化のはざ間で何が起こっているのか、語り合ってみたい。

坐禅 ふたたび 八十三日目

2019年10月04日 09時57分36秒 | Weblog

本日も途中から「弛ませ曲線」のイメージで、骨盤の傾きを確かめた。

これはよさそうだ。

無事、99回を数え終えて、ふと気づいた。

八十三回ということは、野口三千三先生が亡くなった歳の数。

七〇歳の私には、あと十三年かー。

いつ、こんなに歳をとったのだろう。

通りで年下の方と話すことが増えた。

でも、二十代の方と話すと二十代に、三十代の方と話すと三十代に・・・・。

自分の年齢がわからなくなることがある。

認知症か?

チャウチャウ、なんちゃって。

坐禅の最後に笑ってしもた!

コメント   この記事についてブログを書く
« 片付けのイメージ | トップ | 坐禅 ふたたび 八十四日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事