羽鳥操の日々あれこれ

「からだはいちばん身近な自然」ほんとうにそうなの?自然さと文化のはざ間で何が起こっているのか、語り合ってみたい。

坐禅 ふたたび 三十六日目

2019年06月17日 13時55分07秒 | Weblog

本日は、何事もなく静かに坐ることができた。

開け放たれた窓から比較的からりとした風が入った。

丸ごとのからだを緩めて、しかし、背筋は伸びてまま、初夏の晴れ間の大気を吸い込んでいた。

こんな日もあるのだ!

土曜日、日曜日、二回のレッスンで「呼吸」について、動きを交えながらどのように伝えたら良いのか、進め方の目処が立った安堵感からかもしれない。

コメント   この記事についてブログを書く
« 坐禅 ふたたび 三十五日目 | トップ | 科学・文化の象徴 国立科学... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事