羽鳥操の日々あれこれ

「からだはいちばん身近な自然」ほんとうにそうなの?自然さと文化のはざ間で何が起こっているのか、語り合ってみたい。

「ビーズ展」科学博物館と民族学博物館のコラボ

2019年06月18日 09時12分00秒 | Weblog

そもそも木曜日に国立科学博物館に出かけたのは、「ビーズ展」を見るためだった。

国立民族学博物館とのコラボというのは、おそらく初めての試みではないだろうか。

被りもの・首飾り・胴着、現代のものとしては歌舞伎の衣装等々が展示されている。

木の実・花・歯・牙・貝・鉱物・金属、ありとあらゆる自然のものに孔をあけ、そこに紐や糸を通して数珠つなぎにする。

今回の展示では、その素材をそばに置いて見せる、という企画だった。

 

中でも目を惹きつけられたのは、つなぐための紐として、動物の腱が使われ、その実物を見ることができたことだった。

ハムストリング、ひかがみ(膕)の弦。ひかがみ(膕)膝のくぼみ(膝窩)の意味から、腿を表す。そこから加工食品のハムになり、ストリングはモモ肉を吊るす紐として腱が使われた。そこから私たちの「ハムストリング」に転用されていく。

腱は、古代から木の棒に石器(武器)をくくりつけるのに使われた。煮込んで膠としても利用されたのである。

 

今回は、ビーズを繋げるためにに使われた「腱の束」を見ることができたことは貴重なことだった。

ガラスケースの中に、麻紐にそっくりな様相の乾燥した動物の腱が展示してあったから。

この紐を使ってビーズをつなぐ様子がビデオで見ることもできた。

実際、触れてみたかった。

外側に現れるものを下支えする紐・糸、これがなければ全てが始まらないのだから。

 

帰宅して、アキレス腱以外の自分の足や腕の腱に触れてみた。

ぴーんと張っていて、骨とは異なる強靭さがあることを始めて実感した。

日曜日の朝日カルチャー野口体操講座では、理学療法士の方の指導のもと、腱に触っていただいた。

「からだって、すごい!」

大方の方の感想だった。

野球選手の肘の手術に、手首の腱から一部をごく短く取って、移植する話も伺った。

それは、畜産の盛んな欧米人の発想に違いない、と思ったりもした。

 

コラボ「ビーズ展」で、人類は自然のあらゆるものを生かしながら、文化を文明を築いてきた、その一つの象徴が「ビーズ」であることを改めて見せてもらった。

野口がいう「装身具を身につけることは、神仏に対する祈りであり、貞く(きく)ことである。」

きわめて厳粛不可欠また豪奢華麗な行為である。・・・・しかし・・・・

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 坐禅 ふたたび 三十七日目... | トップ | 坐禅 ふたたび 三十八日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事