羽鳥操の日々あれこれ

「からだはいちばん身近な自然」ほんとうにそうなの?自然さと文化のはざ間で何が起こっているのか、語り合ってみたい。

春秋社 創立90周年

2008年07月06日 09時08分48秒 | Weblog
 昨日、『DVDブック アーカイブス野口体操 野口三千三+養老孟司』
 野口三千三+養老孟司+羽鳥操共著が重版になる知らせが届いた。
 
 その中に、2008年図書目録と招待券が同封されていた。
 編集者からの手紙には、春秋社は今年創立90周年だとある。
 この出版社とのご縁は、柏樹社が立ち行かなくなって、野口体操の本が一切市場からなくなってしばらくした時期に、編集者の方からいただいたメールがきっかけだった。

 それまでの間、なんとかならないかと、考えあぐねていた私は、「祈りが通じた!」と思った瞬間だった。
 実は、春秋社とは学生時代から楽譜や音楽関係の書物で、勉強させていただいていた。他に宗教関係のいい本が出ていることもそのつながりで知っていた。そこで、なんとかこの出版社から、再版されないかとずっと思い続けていたのだった。
 しかし、知人もなく、ただ待つのみ、という状態のなか、先方から連絡をいただくという幸運にめぐり合ったというわけだ。

 丁度、岩波書店から『野口体操入門』アクティブ新書の話をいただいていたときだった。順調に再版は行われ、そしてDVDブックとして、野口先生と養老孟司先生の記録が、一般の読者にもご覧いただけることになった。
 縁とは不思議なもの。
 同時に縁がなければ何事も始まらない。
 感謝!

 で、今年15回目の『東京国際ブックフェア』のお知らせもいただいた。
 なんでも90周年を記念して、大々的に出展するそうだ。
 出展出版社一覧をみると、ほとんどのなじみ深い出版社名が載っている。
 世界30カ国、770社が揃うそうだ。

 会期:2008年7月10日(木)~13日(日)
    10:00~18:00
 場所:東京ビックサイト

 ただし、一般客は12日(土)と13日(日)の2日間だそうだ。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 7月という月 | トップ | おにぎり? おむすび? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
御縁ですね (O.いのうえ)
2008-07-07 11:29:33
「有縁即住 無縁去」 という言葉を禅の本で読んだことがあります。いろんな人と知り合い、別れがありました。ありがたいことです。
お蔭さま (羽鳥)
2008-07-07 19:08:20
仰せの通りです。
出会い、そして、別れが繰り返されて時は過ぎていきます。
最近、来し方を振り返ると、なんであの時、あれほどムキになったのだろう、と思うことがあります。
今年になって、随分、楽になりました。
かつて、いのうえさんからも、いい本の抜粋コピーをいただきました。
遅ればせながら、御礼!

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事