羽鳥操の日々あれこれ

「からだはいちばん身近な自然」ほんとうにそうなの?自然さと文化のはざ間で何が起こっているのか、語り合ってみたい。

おかげさまです

2019年04月16日 08時46分59秒 | Weblog

先週末、今季の朝日カルチャー土曜クラスの幕が空いて、授業や定期的なレッスンですべてのメンバーが決まりました。

どのクラスも目一杯の参加状況で、ありがたい限りです。

かつて野口先生に習った方、かつて竹内敏晴さんの活動に参加されていた方、興味あったが場所や時間が合わなかった方、野口体操経験者の2代目の方等々、朝日カルチャーで教室があることを知って、ご参加くださったとのこと。

カルチャーで開講40年超、と一口に言っても、途切れることなく受講してくださる方がいらっしゃることに驚きます。

戦後の野口体操・およそ70年の時間、時代は変わっても求めてくださる方がいらっしゃるということに、気を引き締めている春です。

「知る人ぞ知る野口体操」ということで、これからどのくらい継続できるのかはわかりません。

しかし、周りを見回してみると、野口先生が撒かれた身体哲学の種は、野口体操だけではなく、ほかのボディワークにも影響を及ぼしていることがわかります。

出会った方々、お一人おひとりに、体操を手渡していくことができれば、この上なくありがたいことと思うこの頃です。

いよいよ新学期の始まりまです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« おかげさまで 4月 はじまり | トップ | 「韋駄天」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事