羽鳥操の日々あれこれ

「からだはいちばん身近な自然」ほんとうにそうなの?自然さと文化のはざ間で何が起こっているのか、語り合ってみたい。

佐治良太郎「猫との時間」

2019年11月02日 07時21分23秒 | Weblog

佐治嘉隆さんの弟さん、良太郎さんの銅版画展「猫との時間」のお知らせ。

5日まで開催されています。

昨日、拝見。

モノクロの作品から、見えてくる豊かな色彩。

モノクロの静かな語り口でありながら、猫たちの賑やかなおしゃべりや独り言が聞こえてくる。

愛猫2匹の日常が、細やかな感性で一枚の銅板に写し取られている。

リアルな猫、想像上の猫、なんとも楽しい。

巷には、猫の写真や造形や物語が溢れているけれど、こちらの猫たちは売り物の可愛さとは無縁だ。

それでも愛おしい。

なぜって、そこには猫の真実の時間が流れているから・・・・

 

嘉隆兄さんの厳しい目で、展示が完了したとのこと。

兄弟っていいなぁー。

 

11月5日(火)まで 11:00〜18:00(最終日 17:00)

「みるめ」 調布市布田2ー32−8 042−488−2120

http://mirume.com/

芭璃庵 (佐治嘉隆ブログ)紹介されています。

https://spoonful.blog.ss-blog.jp/2019-10-31

 

良太郎さんとのご縁

1991年、養老孟司先生をお迎えして、野口三千三先生と対談を企画した折、佐治三兄弟の方々にビデオ撮影をお願いした。

そのお一人である。

この時の記録は、春秋社『DVDブック アーカイブス 野口体操 野口三千三+養老孟司』として出版され、現在でも書店で購入することができます。

昨日、改めてお礼ができた・・・・28年ぶりの再会であった。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 神様からもらった三日間 | トップ | 坐禅 ふたたび 八十五日目 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (サジ(兄))
2019-11-06 09:26:35
弟のエッチング展は昨日無事終わりました。こちらで紹介して頂いたおかげもあって連日盛況だったようです。ありがとうございました。
何よりです (羽鳥操)
2019-11-08 13:40:44
無事に終えられたそうで何よりでした。
素敵な作品で、みているうちに気持ちが穏やかにほっこり和みます。
非常にエスプリがきいていて、海外に出しても共感が得られるのではないでしょうか。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事