羽鳥操の日々あれこれ

「からだはいちばん身近な自然」ほんとうにそうなの?自然さと文化のはざ間で何が起こっているのか、語り合ってみたい。

「泣き」が消える

2008年10月03日 19時23分46秒 | Weblog
 午後、帰宅して一息入れてから、二階の座敷を掃除した。
 きれいになった部屋の真ん中に横になった。
 窓からは湿気の少ない風が入ってくる。
 手足はのびのび! 気持ちがいい。
 そうだ、新聞の切抜きを読んでいなかった、と思い出す。

10月1日日経新聞「夕刊文化」に掲載されていた『演歌から「泣き」が消える?ー感情の起伏 伝わりにくく』と題して森進一さんのインタビューだった。

 最近の音楽界では強い感情表現ははやらないようだ、とある。
 森さんは演歌から「泣き」が消えてしまうと危惧しているという。
『一般社会で、すぐに泣いたり怒ったりする人は嫌われてしまうらしい。そんな中で人々の感情の起伏そのものが小さくなっているようだ」

 森さんの歌を私は好きだ。「泣きの演歌」のために生まれてきた声の持ち主だとずっと思っている。
 女心の震えをハスキーな高音で歌い上げる力量は凄いと感じている。
 
 何事も右にならえの時代でも、ひとり‘森節’は貫き通すらしい。
 そうして欲しい、と切に願う。

 季節が晩秋から年の瀬にかけて、森さんにかぎらず、演歌が聞きたくなる時がある。
 一年のうちに溜め込んだ感情を、年末に吐き出して、新しい年を迎えたい自分がいるのかもしれない。
 ゥム、ムムムッ、私も案外、露骨な感情表現を押さえ込んで、現代社会に生きているのかしらネ。
 そういえば、若いときほど泣かなくなったなぁ~。
 映画は別だけど……。

 秋の夕暮れは、日が落ちるのが早くなる。
コメント (4)