男声合唱団「Funken club」日誌
愛知県豊橋市・東三河地方で活動する、男声合唱団「ふんけんクラブ」の練習報告、演奏会報告等を行っています。
 



第10回三遠南信文化交流合唱の集いが、浜松市の「はまホール」で開催されました。

この三遠南信文化交流・合唱の集いは、浜松地区、豊橋地区、飯田地区の持ち回りで、昨年は飯田市で開催されましたが、本年は浜松市の「はまホール」で開催されました。来年は豊橋で開催予定です。

我々ふんけんクラブの団員は、午前8時30分に豊橋駅改札口に集合、8時42分の浜松行き普通列車で浜松に向かいました。浜松駅からは徒歩で会場の「はまホール」に向かいました。豊橋では曇り空でしたが、浜松では雨に降られました。

9時40分頃、予定通り「はまホール」に到着。控室の3Fに向かおうとした所、急遽我が団の控室は別館と変更となったそうで、土砂降りの中、少し離れた別館に向かいました。別館は、ふんけんクラブの貸切状態でした。

別館で準備体操、発声練習を行った後、はまホールに向かい、ステージ上で入退場・フォーメーションの確認を行い、リハーサル室で練習。
その後、ホール入口で各自プログラムと昼食の幕の内弁当を頂き、別館に戻りました。

別館で、昼食をすませ、着替えを行い「ふんけんクラブ」の新しいユニフォームに着替えて、再度はまホールに向かい、リハーサル室で最後の練習。入口で記念撮影を行いました。

開場は13:00でしたが、もう既に12:30頃から観客の方が入場を待っていました。

今回は、豊橋地区から演奏団体は2団体、飯田地区からは3団体、浜松地区からは6団体の参加がありました。

ふんけんクラブは、先生2人、団員29人の31人で参加。出演は、2番目でした。今回は、「夢見たものは」、「少年時代」をア・カペラで演奏。「千の風になって」、「街」をピアノ伴奏付で演奏をいたしました。演奏は大好評で、通路ですれ違った、豊橋から参加の他の合唱団の方に、「今回は良かったよ」と声をかけて頂きました。

休憩時間を挟み、最後は合同演奏曲演奏で4時30分頃終演となりました。(今回は、諸般の事情により我が団は合同曲には参加いたしませんでした)

終演後、はまホールの隣の浜松復興記念館で懇親会があり、他団体の方との交流を深めた後、午後6時30分頃の電車で豊橋に帰りました。

豊橋の駅の近くの魚民で二次会を開催。15人の方が参加、鉄砲鍛冶の話等で盛り上がりました。午後9時30分、帰宅。楽しい充実した一日でした。

当日の写真は、第10回三遠南信文化交流合唱の集い070916をご覧ください。また、その集合写真を、「Top page」、「団員」のページに掲示いたしました。
演奏の動画は、団員専用ページにアップ予定です。(すみませんが、著作権等の関係で、団員以外の方は非公開です。)

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )



« ふんけん練習... ふんけん練習... »
 
コメント
 
 
 
暗譜することザルの如し (風鈴火山)
2007-09-17 18:16:50
報道官殿さっそく写真をありがとうございます。
「三遠南信」はふんけんクラブにとっては、「第1回」から今回の「第10回」までパーフェクトの参加で
まさに参加することに「意義」があった10年です。
この10年を振り返ると、いろいろな舞台が思い出されますが、この三遠南信の地域に「ふんけんクラブ」
という“ちょっとだけ”変わった合唱団があるという
ことだけは、間違いなく感染させることができたと思います。この気の毒にも「汚染」された「ふんけんファン」のためにも、もっと、もっと頑張ろうではありませんか! 西郷団長、歌は吉村先生にお任せして、
安心して「プラスふんけん」のパートの部分も磨いていこうではありませんか。ふんけんにはいろいろな「意外性」のある個性の持ち主がたくさんいます。
ここまで来ると団員も、バカになりきるのもそんなに
難しくない?と思われます。「そうだね~みなさん!」・・・「ハイ!その通りです。賛成・アルカリ性!団長!やりましょう」             *疾きこと風の如く・臭きこと屁の如し JanJan 
 
 
 
初舞台 (おハル)
2007-09-17 20:19:58
浜松では「直球」で勝負し、見事ストライクでしたね。また一つ、球種が増えました

「夢見たものは」の最後のハーモニーが、す~~と客席の後ろの方へ飛んでいくのを感じました。
「響き合う事」を大切に練習を重ねてきた成果が、ちゃんと表現でき、本当に嬉しかったです。
 
 
 
続きです~ (おハル)
2007-09-17 20:33:55
う~~ん、何故か途中でコメントが飛んでいってしまいました・・・

風鈴火山様が言われるように、ふんけんの皆さんは「隠れた?隠した?」才能をいっぱい持ってみえます。
そのお宝をどんどん披露して、楽しい舞台を創り上げていきましょう!!

今度はどなたが、役者として初舞台を踏まれるのでしょう
 
 
 
三遠南信のご協力に感謝! (あらぴー)
2007-09-17 21:55:33
皆様!三遠南信お疲れ様でした。

報道官殿、記念写真どうもありがとう。

浜松ではいきなり予定変更され、大変ご迷惑をおかけしました。しかし、皆様の冷静なるご協力のおかげで
スムースな運営が出来ました事、担当幹事として心から感謝致します。
また、演奏につきましてもおハル様の言われるように
変化球なしの真っ向直球勝負でしたが結構いけたんじゃあないかと勝手に充実感を味わっています。
ただ、豊橋から来ていた人から「ちょっと真面目にやりすぎたんじゃあな~い?」とも言われました。
やはりなにか”ふんけんらしさ”も必要なのかな?とも思いました。

これから「豊橋合唱祭」「渥美ロビコン」と演奏会が続きます。時間はあまりありません。すべて暗譜という事になっていますので、これからの1ヶ月は仕事を忘れるくらい(もうすでに忘れている人も)「ふんけん」に身も心も捧げましょう。じゃん、じゃん!


 
 
 
千の風になって (キノピオ)
2007-09-18 21:01:02
みんなが鴨江別館で待機している間、帽子にワッペンを沢山貼った係りのオバサンに親切にしていただきました。事情にて、休憩時間に早退、失礼しましたが、帰りしな、オバサンが「千の風になって」を歌いながらのお見送り。なんだか変な気分でした。オバサン、ありがとう。
 
 
 
次はロビコン (Kyagi)
2007-09-19 10:31:21
荒木幹事長お疲れ様でした。
突然ハプニングにも皆あまり文句を言うことなく国会運営?も無事終了することが出来ました。
それにしてもふんけんの皆さんも大人になったものですね。連絡なしでの突然の控え室移動に対し、それを受け入れる。この寛容さが歌のレベルアップにも結びついているのかもしれません。

今日わが近所にも「すすき」がお目見えしました。「すすき」といえば昨年の飯田での興行が思い浮かばれます。
おハルさんの活躍で地元新聞紙の?面を賑わしました。また、その後のおハルさんが俳優としてデビューされました。

あれから1年、まもなく「渥美ロビーコンサート」が始まります。フンケンクラブへの期待度は想像以上のものと思われます。

歌は当然暗譜で最高の出来を目指し、さらに、出し物でも観客を魅了するようにしましょう。

わがフンケンクラブの中には「意外性ある個性の持ち主」がたくさんいると聞いています。
主役が誰なるかわかりませんが、抜擢された方はチャンスと思い頑張ってください。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。