男声合唱団「Funken club」日誌
愛知県豊橋市・東三河地方で活動する、男声合唱団「ふんけんクラブ」の練習報告、演奏会報告等を行っています。
 



豊橋駅前の開発ビル10Fの駅前文化ホールで、第一回の第九練習が午後1時からありました。
今回は、初回ありますが、まず草場委員長の案内があり、この第九演奏会は市民の賛歌としての演奏会であり、本日と次回の3月19日の練習は、豊橋合唱協会の独自の練習で、「広報とよはし3月15日号」で、広く市民に参加を呼びかけ、4月16日からの練習は、豊橋市民と合唱協会の合同練習となるとの説明がありました。

その後、鈴木豊橋合唱協会会長の挨拶がありました。

今回は、わが「ふんけんクラブ」の団員の体操指導の方が、おられないため、斉藤喬先生の準備体操・発声練習の後に練習となりました。

斉藤先生の話では、1978年に豊橋で国内で初めて市民参加による第九の演奏会を開催し、今回で第九演奏会は6回となるとの事。また、2回目の演奏会は、アマチュアオーケストラ(豊響)と演奏会を行い、これも、合唱団もアマチュアですので、アマチュア同士の国内初の演奏会だった事などを話されました。

本日は初回ですが、前半は練習番号「N」まで、練習を行い、2時50分から10分間休憩。
後半は終わりまですべて練習を行い、3時50分に練習終了となりました。

今回は、あまり細かい指示は出なかったですが、後半のフーガの部分は少しリズム・音程が取りにくかったです。
また、よく云われる事ですが、この楽曲は高音域で出しにくい音が各パートにあります。それを、体感できました。

このため、今回は行わなかったのですが、アルトの方の一部をコントラ・アルトとして、テナーの音に振り分けるようです。

当日の写真は↓
第九練習 060219

また、第九の写真集特集ページを新設いたしました。
ここ↓です
第九2006アルバムHome

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )



« 20000Hit 記録 ふんけん練習... »
 
コメント
 
 
 
アサ・ピープル見た? (キノピオ)
2006-02-20 21:48:41
僕は豊響のコンサートを聴きに行きました。会場は、ほぼ満席。楽しい演奏会でしたよ。我団のマドンナ・Harumiさんも出演され、しっかり?歌われていました。ところで

今朝の朝日新聞朝刊のチラシ、ASA PEOPLEに、ふんけんクラブの記事が載っていました。みんな、知ってるか?団長さん、ありがとうさん。無料掲載のようで、6月20日発行のアサ・ピープルに不定期演奏会ぱーとⅡの記事も是非載せてもらってください。
 
 
 
明日持ってきてよ (怪傑ハリマオ)
2006-02-21 20:57:07
ASA PEOPLEには、何がどう載ったんですか?

朝日新聞は配達の人とケンカして断っちゃったから、取ってないんだよね。

それはともかく、たなぼた・ぱあとⅡの宣伝になれば嬉しいね。

明日はひばりの2曲と赤いハンカチでしたっけ?予習しなくっちゃ。

そういえば今日の日経の夕刊に「信長の棺」という小説を書いた75歳の新人?作家の言葉が出ていたね。「万捨求一」あらゆる趣味を捨てて本当にしたい一つを求めることらしい。凡人には無理だなぁ。合唱のために、あなたはゴルフも釣りも酒もカラオケも山歩きもスキーも読書も・・・その他もろもろのことを捨てられますか?
 
 
 
その後に続いて・・ (月光仮面)
2006-02-21 22:10:45
「どんなことでもいい。十年やれば一流になれる」とその75歳の新人、加藤さんは云っていますが・・・・・信じたいですネ~皆さん!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。