ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

「トイ・ストーリー4」を見て

2019-07-15 07:45:19 | 映画
 「トイ・ストーリー4」を見ました。

 アンディからボニーの手に渡ったウッディたちだが、最近ウッディは遊んでもらえない日が続いていた。
 そんなある日のこと、ボニーは幼稚園の体験入園で先割れスプーンなどを使って「フォーキー」というおもちゃを作り上げる。ウッディはボニーにとってフォーキーが大切な存在であると感じ取るが、当のフォーキーは隙あらばゴミ箱に自ら飛び込もうとし、遂には家族旅行の最中に車から飛び出してしまう。

 何とかフォーキーを見つけ、仲間との合流を急ぐウッディだが、彼の目に一つのランプが映る。それはかつて仲の良かったおもちゃボー・ピープと共に人に譲られたランプだった・・・



 ・・・正直に言いますと「え、3の後にこんなん見せられるの?」というのが真っ先に出てきた感想でした。言いたいことは何となく分かりますし、笑えるシーンもありましたし、つまらないわけではないです。ただ、もう一度見たいとは思えない映画でした。

 これまで「アンディのおもちゃ」たちのリーダーとして頑張ってきたウッディでしたが、新たな持ち主ボニーの元ではなかなか遊んでもらえなくなりつつありました。久々に手にとってもらったと思いきや、興味があったのは保安官のバッジだけ・・・
 ボニーのパパには無造作に踏んづけられ、道中立ち寄ったアンティーク店にいるおもちゃギャビー・ギャビーからはボイスボックスを狙われ、捕らわれの身となったフォーキーを助けようとする際には事を焦って失敗し、ボーから「何もしないで」と言われる有様。そしてそれまで協力してくれたボーたちが離れていってしまう・・・

 それでも信念を曲げずに、フォーキーをボニーのところに帰そうとするウッディはとてもカッコよかったのですが、何だか見ていてとても辛くなってしまったんですよね・・・確かにウッディが焦ったことが事態を悪くしたとはいえ、これまでのシリーズで頑張ってきた彼が厄介者扱いされるというのは、見ていて気持ちの良いものではありませんでした。


 そしてあのラスト・・・3のラストで、アンディが躊躇いつつもボニーに託したウッディがですよ、ボニーに遊んでもらえなくなっていたというだけでも辛いのに、そこからあの展開はなぁ・・・あの展開後、ウッディに対するボニーの反応は描かれていませんでしたが、どういう反応を見せたのか気になるところです。
 「誰でもない自分自身で自分の生き方を決めた」「主に愛される喜びを知っているおもちゃだからこその行動」といえば通りは良いと思いますが、「トイ・ストーリー3」を経てのあの展開は好きにはなれません。
 スリンキーたちが集うシーンはウルッときたものの、あれは感動じゃなくて寂しさのあまり出た涙だと思います。
 
 また、今作は仲間のおもちゃたちの活躍がかなり少ないです。旅先で再会したボーはメイン級の活躍をするものの、バズの活躍は控えめですし、ジェシーたちはキャンピングカーにお留守番で、終盤まで殆ど活躍の機会なし。その分余計に「これで・・・なの?」と感じてしまったのだと思います。
 敵かと思われたギャビー・ギャビーにしても、実は・・・な感じで、どうにも消化不良でしたね。


 そんな感じで、「トイ・ストーリー3」を経ての「4」としては期待はずれな作品だったと思います。ピンポイントに笑いどころはあるんですけれども、それ以外の本筋が微妙なんですよ・・・
 言いたいことは伝わるし、応援したい気持ちもあるにはあるけれども、でもやっぱりイマイチ納得がいかない「トイ・ストーリー4」でした。

コメント   この記事についてブログを書く
« 騎士竜戦隊リュウソウジャー... | トップ | 仮面ライダー555 第13話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。