ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第26話「七人目の騎士」

2019-09-15 09:59:28 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
騎士竜戦隊リュウソウジャー 第26話「七人目の騎士」

 街で泣いている女性を見かけたカナロだったが、彼より早くナダという青年が彼女を笑顔に変えた。カナロを「海のリュウソウジャー」と呼ぶ彼もまたリュウソウ族であり、マスターレッドの弟子だったという。

 自分も対ドルイドンの力になりたいというナダはドドメキマイナソーとの戦いに駆けつけるも、多くの目で攻撃を見切るドドメキマイナソーにナダの攻撃は届かない。コウはドドメキマイナソーが放つ光線から彼をかばうが、その影響で優しさを奪われたコウは敵味方関係無しに攻撃を奮い始めた。

 コウは自らをリュウソウジャー失格だと言い残し、みんなのもとを離れてしまい・・・


感想
 七人目の騎士ではあるものの、リュウソウジャーになれなかった男・ナダが登場した今回。バンバとも知り合いのようですが、仲はあまりよろしくないようで。

 ドドメキマイナソーに優しさを奪われた結果、昔の共謀性が蘇ってしまったコウ。昔のコウは誰よりも強くなろうとした結果、周りが見えなくなるところがあったようで。しかしアスナが同じ村にやってきたことで、彼女を守ろうとし、優しさが生まれたと・・・
 ・・・すいません!てっきり「アスナがコウに物理で勝ったことで大人しくなったんじゃないか」とか「アスナがコウ以上に暴れん坊で、そんなアスナを抑えているうちにコウも自分のしてきたことがいけないことだったと気づいたんじゃないか」とか思ってすいません!(汗。
 実際はメルトがアスナを仲間として大事にしているのを見て、周りはライバルではなく仲間だと思えるようになったそうで。アスナだけではなく、メルトもかけがえの無い仲間だったという描写をしてくれたことは嬉しいですね。

 リュウソウジャー失格だと落ち込むコウに対し、マスターレッドがコウをリュウソウジャーに選んだ理由「優しさ」を気づかせるナダ。コウは元々持っていた優しさを持っていなかった。しかしアスナとの交流を経て優しさを手に入れることが出来た。
 自ら「優しさ」を手に入れることができる「強さ」を持ったコウだからこそ、リュウソウジャーに選ばれたんでしょうね。

 そして元々持っていなかったものを手に入れることが出来たからこそ、何度でも手に入れられる。再びその心に優しさを宿したコウは戦線に復帰。マブシソウルとミガケソウルのコンビネーションにより、ドドメキマイナソーにトドメを・・・!


 と思いきや、何と突如ガイソーグが出現し、コウたちを倒してその場を立ち去ってしまいました。その後は一件落着ムードが漂っていたものの、まだドドメキマイナソーは生きていますし、完全体になる恐れもあるのでは・・・(汗。

 で、次回はガチレウス復活に、パキガルー登場・・・あの、ドドメキマイナソー倒しますよね?(汗。

コメント   この記事についてブログを書く
« 仮面ライダーゼロワン 第3話... | トップ | 仮面ライダー555 第22話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。