ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」

2010-06-26 06:47:33 | 2010年アニメ
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」

目覚めたゆりは奏から既に葛藤が無くなっている事を指摘される。リーダーっぽくなくなって、女の子っぽくなったゆり。最終回にして少しゆりが可愛く思えました(苦笑。岩沢さん最期の曲を口ずさみながら奏たちが向かった先は、手作りの卒業式会場・・・

卒業
まずは戦歌斉唱。作詞・立華奏・・・どう聞いても麻婆豆腐の歌ですwwしかしこの戦歌といい、歌口ずさんだり、「えへん」と胸張ったりと、どうも奏のキャラクターが変化しているような?
卒業証書授与、卒業生答辞、仰げば尊しと式は無事?終了。直井は音無に改めて感謝の言葉を告げ去っていった。ゆりは奏に謝罪し、時間の無さを惜しみつつ去っていった。日向は親友に別れを告げユイの所へ。そして残った音無と奏は外に出ることに。

天使の鼓動
外に出た音無さん衝撃の一言「ここに残らないか」・・・はい?(汗。どうやらまたゆりや日向のような人間がここに来た時、成仏させる役目を担おうとしているようで。ていうかただ単に奏と一緒にいたいだけじゃねーかとw
音無は奏に告白。しかし奏は何も言わない。言ってしまったらここから消えてしまうから。奏が心残りだった事とは「音無にありがとうを言う事」だったのだ。奏は音無の心臓を移植されて生き永らえた女の子。そういえば他のブログの方でも、そう推測されてる方がいらっしゃいましたね。
恩人に感謝を伝えられなかったから、今までここにいる。だから学校生活をしていても消えることは無かった。気づいたのは最初の一刺し・・・怖いわw音無には心臓が無く、音無の記憶が蘇ったのは、奏の胸の上、心臓の上で寝ていたから。
「生きることは素晴らしい」音無が信じてきたことを、信じるためにも奏はもう1度告白を聞きたいと願う。言ったら奏が消えてしまう葛藤を抱えながらも、音無は再度告白。そして奏は音無に感謝しつつ消え、音無は悲しみにくれるのでした・・・

別の世界。出会った2人はどうなることやら。


感想
・・・えーっと、これは音無が報われないままバッドエンドということでよろしいのでしょうか(汗。ED後を見る限りでは生まれ変わったようですから、あの後消えることが出来たのかもしれないですけど・・・ここで第1話に戻れば無限ループの出来上がりですね(苦笑。
これだとNPCを影に変えるプログラムを作り出した人間と同じ感じかな。でもあれは破壊されたから影には変えられない。音無は何らかの方法で成仏出来たかどうか。元々報われて死んだ人間ですから、消える事は可能かもしれません。

しかしまぁ・・・天使ちゃんマジ天使なのは良いとして凄い展開でしたね。個人的に奏の活躍と、珍しく可愛かったゆり、最後までいいキャラだった日向、泣いた直井以外の卒業式はちょっと拍子抜けでした。
「高松もいけたんだぜ」とか、いつの間にかいなくなってる仲間たち。彼らは結局何だったんだろう。話数に対してキャラクターが多すぎる気がしました。ガルデモメンバー喋ったの数回でしたし。何故この世界に未練があったのかが判明したキャラクターもごく僅か。最後はなだれ込むような消滅ラッシュ。そんな簡単に満足出来るなら、何故今まで消えなかったんだ・・・
2クールなら!とも思いましたが、最初から話数が決まっているのなら、その中できっちり収めるのもまたプロの仕事ではないかと。
タイトルの「Angel Beats!」。天使に抗っていたけれども、最後は天使の奏でる鼓動ということで。


最終回までを見ての評価は・・・点け辛いですね。最初は悪くなかったのですが、影辺りから急展開過ぎたんじゃないかと。あっさりキャラクターが消え、最後にはこれから来る報われなかった人を成仏させるため(奏と一緒にいたいから)残ろうと、これまでして来たことは何だったのかと問いたくなる音無の言動。別に奏と一緒じゃなくても、仲間全員でそれやっても良かったよね?「奏と一緒=奏が報われない」ですから、奏の気持ちを無視しているような・・・うーん。悪くは無かったんですけどね。天使とか奏とか立華とか。もうそれだけで十分な気がしますw

惜しい感じのアニメではありましたが、13話楽しませてもらいました。天使ちゃんマジ天使。

コメント (6)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 手のひらを返すように | トップ | あの頃の自分に »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ (黒い人)
2010-06-26 14:53:09
最後に奏と残ろうと言いださなければ良作品という事にしたんですが・・・・・
日向が親友と言ってハイタッチするシーンは良かったです。
まぁ音無君は天使が消えた後にすぐ考え直して消えたと判断します。元々、音無君の新しい未練は戦線と奏なので二つが消えればもう残る意味は無いでしょうし。消えると解っていて告白した訳ですから奏の説得に応じたという風に取れると思っています。
黒い人さんへ (アル)
2010-06-26 15:40:33
こんにちは。

>最後に奏と残ろうと言いださなければ良作品という事にしたんですが・・・・・
あの一言で音無のこれまでの行動が良く分からないものになった気がします(汗。

>日向が親友と言ってハイタッチするシーンは良かったです。
カッコよかったですね。野球の時に消えなくて良かった?です。もういっそ日向が主役でも良かったんじゃないかと(苦笑。

>まぁ音無君は天使が消えた後にすぐ考え直して消えたと判断します。元々、音無君の新しい未練は戦線と奏なので二つが消えればもう残る意味は無いでしょうし。消えると解っていて告白した訳ですから奏の説得に応じたという風に取れると思っています。
なるほど、そういう捉え方もありますね。しかし消えると解っていての告白ならば、個人的にはバッドエンドっぽい終わり方ではなく、もう少し救いのある終わり方の方が良かったです。
天使の鼓動 (いけやん)
2010-06-27 13:17:07
いつの間にかみんな去っていっていましたね。あっけなさ過ぎて寂しい。最後のシーンが実質戦闘シーンだったので、戦死したみたいな感じですなぁ。何のためにいたのか分からないようなメンバーもいて非常に残念です。やはりキャラが多すぎたのではないかと。
これだけのキャラを出すなら、物語的にもやはり2クール欲しかったですねぇ。

ホント、ゆりの可愛いところが見られましたね。奏と最後の最後に仲良くなれたのは本当によかった。
奏を敵と決めつけて一方的に攻撃してきたゆり。どんな仕打ちを受けても、自分の殻に閉じこもり何も口を開かなかった奏。少し話し合えば分かりあえたはずなのに。仲間に、友達になれたはずなのに。分かり合えないままサヨナラは悲しかった。この和解が今回の私の心に最も響きました。

天使こと奏は麻婆豆腐の歌を作ったり唄ったりw
えへんと胸を張ったり、満面の笑みを浮かべたり。明らかな変化が見られました。
彼女も最初からこんな笑顔ができていれば、SSSと対立することはなかったかもしれません。
傍から見れば無表情で無感動な彼女は誤解を受けやすかったのでしょうね。本当に無意味な戦いをしてしまっていたと思います。
最後の最後にようやくゆりと分かり合えてよかったです。もっと早かったらと思うと残念でなりません。
そして最後に明かされた作品タイトル「Angel Beats!」の意味。音無の心臓を受け継いでいた奏。「天使の鼓動」は音無のものだったんですね。お礼を言いたかった相手である音無に奇跡的に会えてよかったですねぇ。彼がこの世界に来られたのは本当にたまたま彼が記憶喪失になっていたからのようですし。

日向と音無のハイタッチはよかったですね。日向が主役でもよかったくらいではないでしょうかw
ユイとまた出会えるといいですね。

音無「ここに残らないか?」
君は何を言っているのかな(^ω^#)
これからこの世界に来る後輩のためだなんてただの方便で、ただ単に奏と一緒に、永遠にこの世界でチュッチュッチュッチュし続けたいだけなんじゃねーか、ああん!?
こういう意見多いですねw
私も音無君のポイント下がりました。
彼ね、仲間達の成仏の件でも厚意でやったんだろうけど、やはり押しつけがましい感じがしたんですよね。決して悪い奴ではないのですが、1人で独断専行しすぎ。
今回も奏自身の気持ちより突っ走って「残ろう」と言いだしちゃった。それも世話になったゆりや親友の日向が去ってから。彼らが邪魔者だったといわんばかりです。
結局奏は彼に願いを叶えてもらって旅立てたわけですが。奏が去った直後の音無の腕を空回りさせるアクションが妙で笑ってしまった(^^;


全体的な感想としては、アニメーションや楽曲のクオリティは総じて高かったと思います。ガルデモの挿入歌なんて、最初はあまり興味なかったのに、結局集めましたしw

キャラクターですが、どうしてこんなに大勢出したのだろう…。メンバーの大半は「いるだけ」のような気がしました。実際そういう役割しか与えられていなかったキャラもいるんでしょう。覚えるのが無駄に大変なので、名無しキャラでよかったのではないでしょうか。でも、スポットが当たったキャラに関してはなかなかいい味が出ていたと思います。天使ちゃんこと奏、ユイ&日向、ゆり、直井、退場は早かったものの岩沢など。TKや竹山、椎名、遊佐もキャラクターはよかったので、もっと掘り下げて欲しかったなぁ。

ギャグとシリアスのバランスはよかったと思います。あくまでバランスは。やはり、やはり尺が足りなかった印象です。せっかくいい世界観があったのに、展開が凄く駆け足でした。もっとゆっくりキャラクターにスポットを当てて、大筋の物語を進めつつフラグを少しずつ立てていき、情報も小出しにして欲しかった。作者側は何を視聴者に訴えたいのか、理解するのに時間がかかりました。ひょっとしたら、今でも理解しきれていないのかもしれません。非常にもったいないです。

MVPはもちろん立華奏。
個人的にはユイ派なのですが、やはり彼女でしょう。「天使ちゃんマジ天使」というキャッチフレーズまでファンの間で出来てしまったくらいですから。感情表現が苦手で独り寂しく過ごしていた天使ちゃん。好物は麻婆豆腐。こちらも麻婆豆腐が食べたくなってきちゃう。終盤ではSSSの仲間になり、翼まで生やして名実ともに天使となりました(実は天使じゃなかったけど、でもそんなの関係ねぇ)。

なんだかんだで毎週楽しませてもらいました。
これで終わってしまうのは本当にもったいないお話。
ぜひ、続編やスピンオフ作品などを作って欲しいと期待しています。

長文失礼しました。
いけやんさんへ (アル)
2010-06-27 17:44:32
こんばんは。

>これだけのキャラを出すなら、物語的にもやはり2クール欲しかったですねぇ。
開始前から1クールと決まっていたのなら、何故こんなにも多くのキャラを出したのかと・・・

>奏を敵と決めつけて一方的に攻撃してきたゆり。どんな仕打ちを受けても、自分の殻に閉じこもり何も口を開かなかった奏。少し話し合えば分かりあえたはずなのに。仲間に、友達になれたはずなのに。分かり合えないままサヨナラは悲しかった。この和解が今回の私の心に最も響きました。
理不尽な事に抗うという強い精神と、不器用さがすれ違った故の悲しい戦いでしたね。武器を取らず手を取っていれば大きく変わっていたでしょう。

>そして最後に明かされた作品タイトル「Angel Beats!」の意味。音無の心臓を受け継いでいた奏。「天使の鼓動」は音無のものだったんですね。お礼を言いたかった相手である音無に奇跡的に会えてよかったですねぇ。彼がこの世界に来られたのは本当にたまたま彼が記憶喪失になっていたからのようですし。
奏が報われたので、そこだけは満足しています(苦笑。

>彼ね、仲間達の成仏の件でも厚意でやったんだろうけど、やはり押しつけがましい感じがしたんですよね。決して悪い奴ではないのですが、1人で独断専行しすぎ。
「他人を幸せにする」という大義名分を盾に消していったような感じがしました。ユイが消えた後の「次は誰を~」は本当に怖く感じましたよ(汗。何が幸せなのかは本人にしか分からないでしょうに・・・

>全体的な感想としては、アニメーションや楽曲のクオリティは総じて高かったと思います。ガルデモの挿入歌なんて、最初はあまり興味なかったのに、結局集めましたしw
奏が描かれたケースが手に入るということで、いつの間にかアニメイトで集めてましたw

>やはり、やはり尺が足りなかった印象です。せっかくいい世界観があったのに、展開が凄く駆け足でした。もっとゆっくりキャラクターにスポットを当てて、大筋の物語を進めつつフラグを少しずつ立てていき、情報も小出しにして欲しかった。作者側は何を視聴者に訴えたいのか、理解するのに時間がかかりました。ひょっとしたら、今でも理解しきれていないのかもしれません。非常にもったいないです。
勿体無いですが、1クールと決まっていたのならそこで収まる物語を作るべきだと思います。伝えたい事は数多くあったのでしょうが、駆け足で伝わりづらかった印象があります。特に日向とユイはもう少し何かあっても良かったと思います。2クール作品を無理にまとめたようで、大変惜しい作品ではありますね。
はじめまして (やや)
2010-06-27 23:27:28
音無の言動には同じ思いです。
他の仲間消しといて 天使には消えないでくれとか 笑止!でした

他のメンバーも好きだったので 一緒に卒業式やって欲しかったです…

音楽や演出の良さから感動できるところもありましたが 浅いのか重いのか曖昧で いまいち伝わるものがなかった気がします。
浅いなら浅いで シャクも短いですし、他に魅せ方もあったのではというとこですね

長々とお邪魔しました。
結局、音無だけ好きになれないのが自分の敗因かもしれません
感想おつかれさまでした!
ややさんへ (アル)
2010-06-28 06:04:01
はじめまして。コメントありがとうございます。

>他のメンバーも好きだったので 一緒に卒業式やって欲しかったです…
高松が正気に戻れた過程も知りたいですし、戦線メインメンバー全員での卒業式は見てみたかったですね。

>浅いなら浅いで シャクも短いですし、他に魅せ方もあったのではというとこですね
やはり伝えたい事が1クールでは多すぎたという印象です。分割2クールなどで企画しても良かったとは思います。

読んでくださりありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

25 トラックバック

Angel Beats! 第13話 「Graduation」  (物理的領域の因果的閉包性)
ありがとうは言わないで...
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第13話 「Graduation」 感想 (wendyの旅路)
別れという始まり―
Angel Beats! 第13話 Graduation (ゲーム漬け)
目を覚ましたゆりの前には音無、奏、日向、直井の4人。 皆消えてしまった後で、凄く物悲しい感じになっています。 高松も意識を取り戻して逝けたらしいですが、意志の強さでいつか人に戻れるようにしてあった、何とも納得のいかない話ですね。 ほとんどのメンバーの過去も...
AngelBeats #13「Graduation」 (生涯現役げーまーを目指す人。)
総評!リカイフノウデスおかしいな。毎回きちんと見ていたはずなのに、毎週毎週、一話飛ばしてみたような感覚を受けていた。ぶっちゃけ、俺らは13話だと思ってるけど実は52話くらい放...
「AngelBeats!」第13話(終) (日々“是”精進!)
  EPISODE.13Graduation(終)“ありがとう”の言葉。あれから3日後・・・保健室で目覚めたゆり。周りには音無たちの姿が。「まだお前が残ってるじゃないか?」だが、奏が、ゆりの抱え...
Angel Beats! 第13話「Gradustion」 (にばんぼし)
結論から言うと、微妙…というか「遠い目」になったというか。これは第1話以来か これは評価ではありません、感想です。そんなのわかってる...
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」 (空色きゃんでぃ)
最終回も天使ちゃんマジ天使でしたね! 最後はみんな揃って卒業式♪ 「開式の辞!これより死んだ世界で戦ってきた、死んだ世界戦線の卒業...
Angel Beats! 第13話「Graduation」【感想】 (失われた何か)
Angel Beatsの意味がやっとわかりました。 そして音無=心臓(鼓動)が無いという意味も今更わかった。 さらに結弦=ゆずる=心臓をゆずるって事で...
Angel Beats! 第13話(最終話) (刹那的虹色世界)
Angel Beats! 第13話(最終話) 『Graduation』 ≪あらすじ≫ ゆりが謎の青年と決着をつけて3日。 ゆりたちを除く全員が卒業した世界で、ゆりは...
Angel Beats! 第13話 Graduation (つれづれ)
 卒業式。手作り感覚がいいですね。
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」感想 (コツコツ一直線)
 色々あったABも早いもので今回で最終回。音無達は無事死後の世界から消えることはできるんでしょうか。ラストの展開ではタイトルの意味も明らかになったりと、最終回も色々あって驚きました。  これで6月の最終回ラッシュは一区切りです。今書けることは出し尽くし...
Angel Beats! 第13話 (何気ない一日)
Angel Beats! 第13話 「Graduation」 です。 -キャスト- 音無:神谷浩史 ゆり:櫻井浩美 天使:花澤香菜 ユイ:喜多村英梨 日向:木村良平 N...
Angel Beats! -エンジェルビーツ-EPISODE.13『Graduration』《最終回》 (風庫~カゼクラ~)
『あなたには心臓がなかった』 最終回にして明かされた奏の“未練”。その後の音無に関しては 想像せよでいいのか、ラストシーンで結末とすべきか。 賛否両論飛び交ったAngel Beats!ですが、先を予想したり天使に萌えたり 結構楽しんでた印象ではあります。 Crow Songア...
Angel Beats! 第13話 「Graduation」 <終> (ゆる本 blog)
影との戦いから三日が経過した「Angel Beats!」の最終第13話。 ネタ「格闘中」もどうぞ。 保健室のベッドの上で目を覚ますゆり。 音無、日向...
[アニメ]Angel Beats!:第13話(最終回)「Graduation」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
それはすれ違っただけで、長くも短い幸せだと感じる時間。
天使の鼓動 (いけやんのお部屋なの~♪(^▽^))
Angel Beats! EPISODE.13(最終回)「Graduation」 SSSの卒業。この世界からの新たな旅立ち。戦いを終えて目覚めたゆりのもとに、音無、日向、奏、直井が集まっていました。 ゆりは奏から既に葛藤がなくなっているのではと指摘されます。戦線のリーダーとしての務め...
Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』前半-1 (本隆侍照久の館)
-あれから3日後-
Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』前半-2 (本隆侍照久の館)
とことで、卒業式が始まる。
Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』後半-1 (本隆侍照久の館)
僅かな余韻を残した後、最初に動き出したのは文人だった。
Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』後半-2 (本隆侍照久の館)
一般生徒が部活動に勤しんでいる。 そんな夕日射し込む校庭を見つめ、音無は奏ちゃんに話す。
Angel Beats! 第13話(終) (ニコパクブログ7号館)
第13話『Graduation』Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・卒業式ですか。
Angel Beats! 最終話「Graduation」(6月4週 金曜日) (妹教大付属小学校S.S.(セカンドシーズン))
あれから3日後、ようやく目を覚ましたゆり。 この世界に残っているのは、音無、かなで、日向、直井、ゆりの5人。かなでが卒業式を経験したことが無いということで、みんなで卒業式をすることに。 かなでが作った変な校歌を歌い、ハゲのカツラを被った日向校長から卒業証...
Angel Beats! 第13話 「Graduation」 (黄昏温泉旅館)
ささやかなエピローグ、という感じの最終回でした。 ゆりは前回で消えずに残り、合わせて残っていた音無たちと、戦線の卒業式をする事に...
Angel Beats! 第13話「Graduation」もう一回みてみよう、きっと「ありがとう」っていいたくなるさ(^ω^) (なんだかんだで漫画好き)
Angel Beats! 第13話「Graduation」 見ましたよ~ってことで、いつもの如く感想をば とうとう最終回でしたね 今回は前回の続きから保健室で...
『Angel Beate!』 最終回(第13話) 観ました (「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋)
果たして卒業式はどんな形のなるのか? 私の予想としては… パターン1:奏、音無も含めた全員で卒業 パターン2:奏がみんなを見送る卒業 パターン3:奏、音無がみんなを見送る卒業 ぱたーん4:ゆりがみんなを見送る卒業 ぱたーん5:ゆり、日...