ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

プリパラ 第38話「み~んなトモダチ、かしこま!」

2015-03-28 10:57:29 | 2014年アニメ
プリパラ 第38話「み~んなトモダチ、かしこま!」

 パプリカ学園も3学期が終わり、明日はファルルの誕生会が開催されることになった。ファルルは皆からもらった友チケの整理やパーティーを楽しみに思いつつ眠りに就くが、ユニコンはそんなファルルに「今までの分」だけでなく「これからの分」まで優しくするという。ファルルが眠った後、ユニコンは寂しそうに涙を流し・・・

 翌日。ファルルは起きてすぐに友チケの整理をはじめ、ユニコンはパーティーの準備に勤しんでいた。大方準備が終わったところへファルル、そしてらぁらたちが姿を見せる。そこへクマとウサギも駆けつけ、らぁらたち6人がメジャークラスのうれっこアイドルに昇格したことを伝える。かつてらぁら&みれぃのチームに加わろうとしたケイコや、そふぃとチームを組む予定だったnew&mewもパーティに現れ、自分たちと同じメジャークラスに昇格したことを称えつつも、これからが大変だと励ますのでした。一方のファルルは、新たにぴかぴか研究生からやり直すことに。

 大勢が集まる中パーティーが始まり、そこでファルルはもんじゃ焼きを食べて「冷たい」と評するなど、独特の感性を見せる。らぁらはのんから預かった、のんとお揃いの髪飾りをファルルにプレゼント。ファルルはそれをブリキのおもちゃ、もとい「ファルルののん」につけてあげる。
 続いてらぁらが「おめでとうのかしこま」をプレゼントするも、ファルルはそれを上手くコピーできなかった。ちゃんこちゃんの「どすこいちゃんこ」も「どじょうすくい」に変わってしまう。めが兄ぃによれば、自分の意思と声を手に入れたことにより、普通の女の子に生まれ変わり、コピー能力を失ったのだという。それでもファルルは友達が出来たことの方が嬉しそうだった。
 そしてユニコンからはライラックの花が送られる。みれぃはもうライラックが咲いているのかと不思議に思うが、早咲きの花をもらったとユニコン。ユニコンはファルルがいつかアイドルの頂点に立つことを願っていた。そして皆がプリメっている間に、密かに姿を消してしまう。

 ユニコンはめが兄ぃの所へ赴き、自分は伝説のマネージャーじゃなかったと話し始めた。SoLaMiDressingがいなければファルルを目覚めさせることも出来ず、守ることも出来なかった。そんな自分が許せないとユニコン。また、今となってファルルを甘やかしてあげたくなってしまうため、ユニコンは「ただの馬になりまちゅ」といい、ファルルにはもっと優秀な、彼女に相応しいマネージャーをつけてくれるよう、めが兄ぃに依頼するのだった。

 ファルルたちはユニコンがいなくなっていたことに気づき、あちこちを探し回っていると、めが姉ぇから噴水の前で角折の儀式が執り行われていることを知る。ユニコンはみんなの前で角を取り外してめが兄ぃに預けると、そのままプリパラTVの屋上へと向かっていった。
 エレベーターを待つ間、みれぃは胸騒ぎを覚えていた。4月に咲く花であるライラックをプレゼントしたこともそうだが、花言葉には「友情」のみならず、「思い出」もある。それはそふぃも知っており、ユニコンはファルルに思い出を残して立ち去ろうとしているのではないか・・・
 地獄耳のウサギによれば、ユニコンは別のプリパラへの転勤を願い出たという。らぁらは知らなかったが、プリパラはあちこちに存在しているとのこと。そして角を折ったということは、マネージャーをやめるということ。

 エレベーターで屋上へ向かうと、やはりユニコンは遠くへ向かおうとしていた。ファルルは、ユニコンとは生まれた時から一緒だったからこれまでもずっと一緒だと思っていたと告げるも、ユニコンはファルルのマネージャーを卒業したくなったという。その時、そふぃとレオナはユニコンの尻尾が揺れていることに気がつく。
 優秀なマネージャーに後を頼み、ファルルにとってはその方が良いとユニコン。初めて出会った時と同じく、「お返事は『はい』」だと教え、ユニコンは去っていく。

 そふぃとレオナは、「尻尾は正直だから」とユニコンが嘘をついていたことをファルルに告げる。ファルルもユニコンと離れたくない一心で、飛び立った直後のヘリコプターに捕まろうとするも、上手くいかず、そのまま屋上から落ちそうになってしまう。するとファルルの危機にユニコンは大昔の姿であるペガサスの姿へと変貌。ユニコンの背に乗ったファルルは、改めてユニコンと一緒に行く決意を告白。ファルルも気合で角を復活させ、マネージャーを続ける決意をするのだった。
 SoLaMiDressingは屋上にてファルルを見送るライブを披露。それを見届けた後、また会うことを約束してファルルとユニコンは別のプリパラへと去っていくのでした・・・

 季節は春。気持ちを新たに春ライブへと挑むらぁらたち。しかしめが姉ぇからは「エントリーできません」と断られてしまう。おまけにめが兄ぃからは「全員解散です」と告げられ・・・



感想
 BSジャパンは4月から放送時間が火曜夕方5時29分に変更。本放送から10日分遅れることに・・・ナンデ!?放送時間変更ナンデ!?まぁ見られるだけでもありがたいか・・・でも出来れば同時放送がよかったなぁ。

 さて前回ファルルが目覚め、今回は目覚めたファルルのパーティーを開催。しかしユニコンは自分の未熟さを痛感し、マネージャーを辞めてファルルと離れる決意をしたと。けれどもファルルのユニコンと一緒にいたいという思いもまた強く、2人はどこか別のプリパラへ。そして始まる新シリーズ!といった感じでした。一応今シーズンの最終回?にあたると思うのですが、これからの展望を感じさせるラストだったので寂しさはあまりありませんでした。いつかまた、成長したファルルとユニコンともライブを行って欲しいですね。
 ライラックの花言葉やユニコンの尻尾に気づいたりと、今日のそふぃは意外なところで活躍していました。

 そこへ訪れた突然の解散通告。新しく生まれ変わるプリパラとは一体何か!というのを1週間以上待たされるBSジャパン民。何か新しいアニメでもやるのかなーと思い、翌週の番組表をチェックしたところ、放送内容は「日経みんなの経済教室」・・・どうしてそうなった。

 ともあれ、次回放送分からは更新日が大分変わりそうではありますが、きちんと追っていきます。

 で、3月27日11時現在、あにてれのプリパラのキャラクター紹介に、そふぃが2人いるという謎。説明文は上のそふぃが2年生、下のそふぃが3年生・・・そっかー、そふぃ分裂しちゃったかー。プリパラならしょうがないなーw

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« アイドルマスターシンデレラ... | トップ | Go!プリンセスプリキュア 第... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

プリパラ 第38話感想 (Msk-Mtnのブログ)
 「プリパラ」第38話「み~んなトモダチ、かしこま!」の感想です。