ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

ウルトラマン80 第31話「怪獣の種飛んだ」

2020-10-30 06:39:34 | ウルトラシリーズ
ウルトラマン80 第31話「怪獣の種飛んだ」

 今回はタイトルからの本編→OPという珍しいパターン。これからはこの流れが基本になるのかな。

 というわけで第31話は、病床の母を元気づけたい一心で花を育てる少女マリコが登場。花壇の世話をする彼女の元に舞い降りた不思議な種。それこそが植物もどき怪獣ゾラの種でした。種の状態で地球に侵入し、UGMが気づかぬ間に成長、時が来たら巨大化して暴れだす…となかなかに狡猾な作戦を取った怪獣でしたが、ここまで侵略に適している怪獣となると、どこかの宇宙人が侵略用に開発したんじゃないかと思ってしまいますね。

 で、植物怪獣というとメビウスの「ソリチュラ」なんかを思い出しますが、このゾラ、めちゃくちゃよく動きます。「植物もどき」だからか人型をしており、両腕の蔓をぶんぶん振り回すわ、80に容赦ないドロップキックをかますわ、80も負けじとキックを何度も浴びせるわと、かーなーりパワフルな動きをしていました。特にゾラの腕を掴んだ80が、鉄棒のようにその場でクルっと回るシーンがあったのですが、あれめちゃくちゃ凄いことしてない…?
 植物らしい?ガスを放ったり蔓を巻き付かせるといった行動もありましたが、あくまでそちらは絡め手で、主な武器は80とも渡り合うパワーだったのかなと。

 そんな怪獣を育てているとも知らず、花壇の世話を続ける健気なマリコと、彼女の気持ちを汲んで危険かもしれないと知りつつも一縷の可能性に賭けた猛も描かれていました。ゾラが成長したせいで荒れ果てた花壇を育てるマリコの健気さが印象に残りますね…そんな彼女に悟られぬよう、花を元気にしてあげる80もまた良い味を出していたと思います。感謝されたいわけではなく、ただただマリコを悲しませたくなかったのでしょう。
 猛とマリコの交流はどこか懐かしさを感じましたね。教師編が終わってしばらく経ちますが、今回のような話を見ていると、教師編もうちょっと続いても良かったんじゃないかなと感じます。

 ともあれ次回はモンスターシップ登場。

コメント   この記事についてブログを書く
« ウルトラマンG 第7話「森の... | トップ | 「ルパン三世 THE FIRST」を... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。