ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

仮面ライダー555 第27話

2019-10-21 07:57:09 | 仮面ライダーシリーズ
仮面ライダー555 第27話

 目の前でまた1人流星塾の仲間が命を落としたにも関わらず、恭輔と新井はデルタギアのことしか頭に無かった。愛想を尽かした巧はクリーニング店に戻るが、そちらでは妙に沙耶から興味を持たれてしまっていた。
 「デルタギアは澤田が持っている」。仲間の最期の言葉を受けた恭輔と新井は、真理を好きだった澤田の気持ちを利用し、真理を人質にデルタギアを奪い取ろうと画策し・・・


感想
 元々好きだった人には振り向いてもらえず、最近では仲間はずれにされがちで、ようやく雇った新しいアルバイトは巧に夢中、おまけに結花から沙耶と一緒に配達をしている現場を目撃される・・・とまぁ、踏んだり蹴ったりの啓太郎の明日はどっちなんでしょう。
 にしても結花のあの笑顔は「海堂さんと協力してまで私と近づこうとしたのに、もう新しい人を見つけたんですね」「これでもう私には付きまといませんよね?」的な笑顔なんでしょうか・・・いずれにしろ意味深すぎて怖いです(汗。


 さて今回もデルタギアの行方を巡る争いはまだまだ続く。先週出てきたスパイダーオルフェノクが澤田で、真理をいじめつつも好きだった人物でもあったとは。
 そんな彼の気持ちを利用して誘き出すことこそ成功したものの、真理を殺して人間の心を完全に捨て去ろうとしている今の澤田には逆効果。毎回殺戮の前に折り紙を焼いていたのは、かつて真理に折り紙をプレゼントしていたことからして、人間だった頃の恋愛感情など一切燃やして捨ててしまうためだったんでしょうか。

 澤田はスパイダーオルフェノクではあるものの、デルタではない。ならばデルタは誰なのか・・・となると、一番怪しいのは沙耶・・・というか、コメントからほぼほぼ沙耶っぽいですね、デルタ(汗。まぁネタバレはさほど気になりませんし、偶然ホースオルフェノクとセンチピードオルフェノクの戦いに巻き込まれた際も、沙耶は大きなカバンを持って逃げ出して、戦闘が一段落した後に出てきてましたしね・・・あれを怪しむなという方が難しい。
 ただ、あのデルタが沙耶だとすると、何故他の流星塾生のように性格が変わっていないのでしょうか。巧に「力」についてあれこれ聞いていたところからすると、むしろデルタギアの力を怖がっているようにも感じます。
 巧の不器用な優しさに魅かれているところもあるようですが、そちらの関係性もどうなるのか気になります。

 で、ホースオルフェノクと戦っていたら、いきなり正体不明のデルタに襲われたことがトラウマになったっぽい琢磨。だいぶ震えていましたが、この人この後まともに戦えるんですかね・・・ラッキークローバーがまた1人減りそうな気がしないでもないのですが。


 何だかんだで真理の危機にはちゃんと草加を呼ぶ巧。しかし2人がかりでもスパイダーオルフェノクには敵わない。そこへ現れたデルタは敵か味方か・・・ともあれまた次回。

コメント   この記事についてブログを書く
« スター☆トゥインクルプリキュ... | トップ | 電光超人グリッドマン 第29... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。