ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

僕だけがいない街 第4話「達成」

2016-01-29 07:21:03 | 2016年アニメ
僕だけがいない街 第4話「達成」

 加代が殺されるXデーまで残り1週間。悟は加代を母親の暴力から引き剥がそうと、彼女を科学センターに誘おうとするも、加代の母親は露骨にそれを嫌がった。悟も「友達を助けるのに損も得も無い」と、うっかりDVに触れる発言をしてしまい、加代の母親の怒りをかってしまう。幸い、事情を聴いていた悟の母が近くを通りがかったため事なきを得た。
 テレビ局の報道部に勤めていた悟の母は、加代がいい服を着ていたことから、母親が外面を気にしており、今日のところは大丈夫だろうといい、加代の家の事情も察しているようだった。

 土曜日。悟と加代は科学センターに向かうも、そこで悟は18年前にも加代とそこで出会ったことを思い出す。加代と一緒に来るのは初めてだったが、18年前は偶然加代と出会い、リバイバルした今と同じ会話をしていた。同じ時のレールの上に乗っているのではないか・・・そんな不安を抱く悟だったが、18年前には現われなかったケンヤたちが彼に「未来は変えられる」という安心をもたらしてくれた。

 月曜日。加代が遅刻せずに学校に来たことから、悟は暴力を受けなかったと推察。うっかり「顔、奇麗だな」と口に出してしまったため、クラスの皆から冷やかされてしまうのだった。

 そしてXデー当日。悟は朝早くから加代の家に向かい、彼女の手を繋ぐなど、彼女を一人きりにしないように心がけた。早く帰りたいという加代を何とか引きとめ、別れ際、悟は「また明日ね」と周囲に自分の存在を示すように大きな声で加代に告げる。
 結局一睡もできなかったものの、無事にXデーを乗り越えた悟。翌日は晴れて2人の誕生日。悟と加代が買い物から帰ると、家ではケンヤたちがケーキを作って待っていてくれた。かつては母と2人で大量のサンドイッチを作った誕生日が、今は友達もいる誕生日。友達がいることの楽しさを感じたのは悟だけでなく、加代も同じだった。皆と友達になれて良かったと加代は感じていた。

 加代は悟にプレゼントを用意していたようだったが、誕生日には間に合わず、翌日渡すと約束し、2人は別れた。
 だがその翌日、悟が少し遅れて学校に向かうと、そこに加代の姿は無く、加代はその日学校に来なかった・・・


感想
 「達成」というサブタイトルが出た時点でちょっと安心した途端にこれだよ!「バカなの?」と相変わらず悟に対して呆れることも多い中で、悟に自分から「おはよう藤沼」と声をかけてきたり、マフラーを貸してくれたり、悟のために何か編み物をしていたり・・・と、段々と加代の笑顔が増えてきた中で、突然の加代不在。これは一体どういうことなのか。
 悟の母によれば、加代の母は外面を気にしているとのこと。であれば「わざわざ買ってやったマフラーを他人に貸す」ことは快く思わないでしょうし、悟からのプレゼントである手袋を気に入らなく思うかもしれません。加代の安否も不明ですが、その関係で口論になり、結果・・・ということでなければいいのですが。

 Xデー当日、川の方を見つめていたユウキさんは一体何をしていたのでしょう。犯人扱いされたユウキさんのみならず、加代の母親や、その知人の男性の動向を映すのは分かります。けれども何故ケンヤがどうしているかを映す必要があるのだろう。先生もケンヤに用事があったようですし、彼も何かしらの事情を抱えているのかもしれません。
 如何にも怪しい人物もいる中に紛れ込むケンヤと先生に関しては、謎が深まるばかりです。

 未来は変えられるのか、はたまた多少違っても同じレールの上を歩む羽目になるのか。気になる所でまた次回。

コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 戦姫絶唱しないシンフォギア... | トップ | 仮面ライダーゴースト「伝説!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

4 トラックバック

僕だけがいない街 第四話「達成」 (MAGI☆の日記)
僕だけがいない街の第4話を見ました。 第四話 達成 Xデーまであと1週間となり、事件そのものを無くそうと意気込む悟は一人にさせないように加代を科学センターに誘う。 だが、加代の母親が許さなかったが、佐知子のフォローのおかげで、共に科学センターに行...
僕だけがいない街 フジテレビ(1/28)#04 (ぬる~くまったりと)
第4話 達成 18年前の3月1日に雛月加代が公園で一人立っていた。それを尻目に秘密基地に手袋を探しに行った。帰りに加代は居なくて、ユウキさんを見かけた。だから事件そのものを失くしてやる。 加代をDVから助けるためには土曜日に出かければ良い。皆を誘って科学センタ...
僕だけがいない街 第4話 「達成」 感想 (キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記)
Xデーが3月1日とは限らないのか…
清く正しいロリコンでよかった「僕だけがいない街 」 (Anime in my life 1号店)
ランドセルや短パンやリコーダーなどいろいろ萌える要素満載の小学生ですが、当の世代を生きている本人達はとうていその価値に気づいてません。成長期は自分が成長している過程など意識しないから成長できるというものなんでしょう。 時代が移り変わり象徴するアイテ...