ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

仮面ライダー鎧武 第47話(最終話)「変身!そして未来へ」

2014-09-28 09:58:31 | 仮面ライダー鎧武
仮面ライダー鎧武 第47話(最終話)「変身!そして未来へ」

 ヘルヘイム消滅から7ヶ月。貴虎と光実は自宅で互いの現状を確認していた。光実は「悪くないよ」といい、貴虎はヘルヘイムの脅威は去ったが、復興へと尽力することが責務だと感じていた。これで罪滅ぼしになると考えてはいないが、貴虎は明後日にはアメリカに旅立とうとしていた。自分を「大丈夫」だという弟を、兄は心配しているようで・・・
 光実は街で楽しく踊るビートライダーズを眺めていた。そんな彼を、チャッキーたちは一緒に踊らないかと誘ってくれるも、光実は「ごめん」と去っていった。そんな中、観客の1人である少女にイナゴがとりつき・・・


感想
仮面ライダー鎧武も遂に最終回を迎えました。ビートライダーズ編から始まり、ユグドラシルとの攻防、オーバーロードとの激突、そして黄金の果実をめぐる男たちの戦い・・・思えば随分遠くに来たものです。

初めのうちは、部屋やバイトで変身していた紘汰が、オーバーロードに、仮面ライダーに、そして始まりの男へと変身していきました。将来の夢も定まっていない彼ではありましたが、徹頭徹尾、その意思を曲げることは無かったと思います。初瀬がインベスになってしまった時も、光実が裏切った時も、人間や仲間を信じ、救い出そうとした。「俺たち、いつまでも仲間だぜ、ミッチ」この言葉は、紘汰だからこそ重みのある言葉だと思います。その考えが甘くても、皆を救いたいと思う気持ちに間違いは無い。「うつむくなよ顔を上げろ、どこまででも曲げることなく、信じた道を行け」という歌詞は、様々な障害にぶつかりながらも、顔を上げて突き進んだ紘汰に相応しいです。

最終回では、夏の劇場版にも登場したコウガネが邪武として復活してきました。オーバーロードが絶滅の危機に瀕したのも、今回の一件も、大体こいつのせい。禍々しいライダーに立ち向かうのは、初瀬を巻き込んだ罪滅ぼしをしたいと考えた城乃内!勝てはしなかったものの、初瀬への思い、変身が解除されても諦めず立ち向かう姿勢からは、しっかりと彼の1年間の成長が感じられました。最初は打算で入門したパティシエの世界も、凰蓮に「自信作」と言わせ、貴虎から「腕を上げたな」と褒められるまでに成長していました。戦いだけでなく、こうした「変身」もあるということを感じます。

そして、光実復活!ヒーローへと「変身」しようとした彼の変身は、涙腺にくるものがありました。散々迷い、裏切り、苦しんだとしても、やり直すことが出来る。いつだって「変身」できる。光実が紘汰の前で変身し、紘汰と共に立ち向かう姿は感動しました。特に打ち合わせもしていないのに、息のあった攻撃が出来るというのも、2人がずっと仲間だったからこそなのでしょう。良かった、本当に良かったなぁミッチ。
冒頭の紘汰との回想の中で、戦う力があるのに、何もしないのは無理だと紘汰は言っていました。光実にも戦う力があり、紘汰の言葉が今回の変身に繋がったのでしょう。
それに、元々光実が願っていたのは、仲間たちの幸せでした。だからこその「今度こそ」守ってみせる。光実の数々の行動も、突き詰めれば誰かを守るためにしていたこと。ただその方法を間違えてしまっていました。そのため、ペコのように当然割り切れない人間だっているでしょう。特にペコは「黙ってろよクズ」と言われた上に、目の前で舞を連れて行かれていましたしね・・・
しかし、その過去から逃げるのではなく、きちんと向き合っていくことで新たな道が切り開けていくはず。何者にもなれなかった光実は、今ようやくヒーローになろうと立ち上がりました。彼はどんな未来を歩むのだろう。

人もオーバーロードも、間違い、争い、傷つけあってしまった生き物。しかしそれでも、やり直すことが出来る。間違いを受け入れて、前へ進み、同じ過ちを繰り返さないように、新しい自分に変身することができる。

これまで2話完結が多かった中で、1年通しての物語が描かれた仮面ライダー鎧武。当初はフルーツライダーという衝撃もありましたが、まぁいつものことだと思ってみていました(笑。笑いも多かった序盤から、次第に物語は街を、世界を巻き込んだ物語へ。その中で、子供だった紘汰たちが、大人や他の人間たちの関わりの中で自身の道を見つけ、変身していく。大人であった貴虎でさえも変身していました。また、例え姿形が変わっても、変わらぬ信念があるということも描かれていました。変わらぬ思いを抱き、変わっていく。そんな変身にまつわる物語だったと思います。

1年間、本当にありがとうございました!次はドライブ!

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 烈車戦隊トッキュウジャー ... | トップ | ハピネスチャージプリキュア!... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゆけ、仮面ライダー龍玄! (いけやん)
2014-09-28 11:57:02
今回の敵は、劇場版でマルスとして大暴れしたコウガネ…が変身した邪武。
少女に乗り移って人質にまでする。どこまでも執念深く卑劣な奴ですね。
夏の劇場版を見ていた方が話が分かりやすい仕組み。これは映画見に行った人が勝ち組(笑)
個人的な意見だけど、操られるのはペコ辺りの方がよかったような気が。かつて彼をクズ呼ばわりした光実の変化を描けるのでね。

貴虎と晶姉さんがシャルモンで弟談義。デートに見えますなぁ(笑)
それ以外で貴虎兄さんの活躍はあまりなし。映画に期待。

城乃内。遂に初瀬が亡くなったことを知ってしまいましたね。貴虎が単身戦いに行こうとしているのを察知。おやおや、珍しく頭が切れますね。
初瀬ちゃんの遺志を背負い、黒影トルーパーで単身、邪武に挑む。残念ながら負けてしまいましたが、彼も成長しましたね。

そして久々に白ミッチキタ―――――(・∀・)―――――
やっぱり彼はイイ子だよ。紘汰の意志を継いで戦う。これぞ正義の戦士って感じ。
紘汰も救援に現れ、チャンバラに銃撃戦、そしてダブルライダーキックでトドメ!
かっこよかったかぁ(*ノ∀`) …惜しむらくは、キウイアームズ出して欲しかった(苦笑)
王道のハッピーエンドでしたね!

12月の「MOVIE大戦」も楽しみにしています。残念ながらまだ新情報はなし。
さて、次回からは「仮面ライダードライブ」がスタート!
いけやんさんへ (アル)
2014-09-29 07:48:00
おはようございます。

)夏の劇場版を見ていた方が話が分かりやすい仕組み。これは映画見に行った人が勝ち組(笑)
映画を見ていないと「誰?」となるのは、必ずしも良いとは言い切れないと思います。見たかったけども、見にいけなかった子供もいるでしょう。

)個人的な意見だけど、操られるのはペコ辺りの方がよかったような気が。かつて彼をクズ呼ばわりした光実の変化を描けるのでね。
何の関係も無い、一般人を操るからこそコウガネの卑劣さが際立つのではないかと。
決意の英雄・仮面ライダー龍玄・ブドウアームズ (いか)
2014-10-23 22:17:25
 人類を裏切りオーバーロードと取引をし、兄の貴虎を傷つけ、舞の為に周りを苦しめ、ペコをオーバーロードに傷つけさせ、ヨモツヘグリの力で死を覚悟してまでかつて尊敬していた紘汰を傷つけ、舞を守ろうとし、その後舞を失い深い悲しみと絶望に包まれて涙を流し続けていたミッチですが、その深い悲しみと絶望を乗り越えて紘汰が守った世界をコウガネ・イナゴ怪人から守る為に戦う決意をし、仮面ライダー龍玄・ブドウアームズに変身したミッチはとても素敵でした。ブドウ龍砲を手放し、苦戦してイナゴ怪人の攻撃を喰らって倒れて立ち上がろうとして体がふらついてよろよろと立ちあがりながら「゛今度こそ゛みんなを守ってみせます」と言ったその直後の横顔と敵の攻撃をよけながらブドウ龍砲を拾う龍玄の姿がとてもまぶしく見えました。少女を撃てなかったのも成長したんだなと思いました。再び紘汰と戦うシーンが始まってからずっと泣いてましたよ。最後にミッチの嬉しそうな笑顔が見れて嬉しかったです。movie大戦の龍玄・ブドウアームズの出番が今からとても楽しみです!
いかさんへ (アル)
2014-10-25 08:18:42
おはようございます。返信が遅れ、申し訳ありません。

)「゛今度こそ゛みんなを守ってみせます」と言ったその直後の横顔と敵の攻撃をよけながらブドウ龍砲を拾う龍玄の姿がとてもまぶしく見えました。
長い長い道のりでしたが、今ようやく初めの思いに立ち返り、今度こそ変わろうとする彼の姿はとても素敵でした。

)movie大戦の龍玄・ブドウアームズの出番が今からとても楽しみです!
裏切ってからは龍玄を見るたびに不安になっていましたが、これからは安心して見られそうです。新アームズは用意されるのかどうか・・・
ぜひブドウエナジーアームズを (いか)
2014-10-30 21:30:15
 こんばんは。仮面ライダー龍玄・ブドウアームズは決意したミッチの姿を映し出した鏡だと思います。私も不安でした。新アームズはぜひ出してほしいです!!ブドウエナジーアームズとかを…
いかさんへ (アル)
2014-11-01 08:44:26
おはようございます。返信が遅れ、申し訳ありません。

)新アームズはぜひ出してほしいです!!ブドウエナジーアームズとかを…
紘汰がロックシードを作れるかどうかにかかっているでしょうね。あとはドライバーをどうするか・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。