ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

仮面ライダー555 第14話

2019-07-22 07:14:14 | 仮面ライダーシリーズ
仮面ライダー555 第14話

 真理たちから事情を聞いた草加は、カイザギアを使ってオルフェノクと戦うことを決意。先輩戦士として巧に握手を求めるが、巧は草加のことが気に食わない様子。
 後日、草加が客として店にやってきた際、巧は寄せ書きを見た草加の表情の変化や、何に怯えているのかを問い詰める。すると、それまで好青年だった草加の口調や態度が変わり・・・

 一方その頃、真理への愛に生きることを決めた海堂の前には、ラッキークローパーの1人、琢磨=センチピードオルフェノクが彼を始末すべく姿を見せ・・・


感想
 幼い真理の写真を持っている草加を、悠木さんの古参ファン扱いするコメントに笑ってしまった14話。古参ってレベルじゃねーぞ!?

 というわけで、晴れて草加雅人が共にオルフェノクと戦う仲間になってくれたわけですが、巧はどうにも草加のことが気に食わず、何かにつけて突っかかる有様。
 馬糞を踏んづけた、フェンシングで突かれた・・・という巧を子供だという真理たちの意見も最もでしたが、草加も何か隠しているのは確か。何で自分の名前が書いてある寄せ書きを見ただけで、あんなに驚いた表情を見せていたんですかね・・・巧の前以外では至って好青年を保っていた草加にしては、尋常じゃない驚き方だったように思えます。

 巧に「何かに怯えている」と言われて、思わず「黙れ」「お前に何がわかる!」などとこれまでとは打って変わって厳しい表情も見せていた草加。正直「草加」と言われて想像するのがこちらの顔だったので、ちょっと安心してしまいました(苦笑。

 しかし意地を張り続けてしまった結果、後が無いクロコダイルオルフェノクの渾身の一撃の前に敗北し、川に落下。大体水に落ちると生存フラグだと言われますが、鎧武の貴虎は生きているとは思わなかったなぁ・・・って。

 
 一方木場たちはといえば、海堂は真理にご執心で、そんな海堂が好きな結花は複雑な心境で、木場は結花の気持ちを知りつつ「海堂が恋をしている相手は君じゃないよね」とズバッと尋ねてしまったりと、こちらもこちらで複雑な模様。ただ、いざ戦闘になったら共に戦うぐらいのチームワークがある分、巧と草加よりかはマシでしょうか。
 そんな木場たち3人をまとめて相手したのが、琢磨=センチピードオルフェノク。「全盛期」と言われているということは、この先へたれるんだろうなぁ・・・って(汗。ここだけ見ると、木場を倒すぐらいの力は持っているようですし、変身せずとも手にした詩集から謎光弾を放つことは出来るくらいには強く、さすがラッキークローバーといった感じなのですが・・・というか、謎光弾の能力、戦闘で使ってなくない・・・?

 巧と木場。互いに水落ちしたところで、また次回。

コメント   この記事についてブログを書く
« 騎士竜戦隊リュウソウジャー... | トップ | 電光超人グリッドマン 第16... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。