ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

ゴジラ対メガロ

2008-06-26 18:07:33 | 特撮
メンテナンスの延長に絶望・・・はしませんでした。その前に早起きして書いたので(笑。ということで「ゴジラ対メガロ」感想。

物語は地下核爆弾実験から始まる。実験により被害を受けた海底3000kmに住むシートピア人はメガロを差し向ける。それにしても海底3000kmって、殆ど地下なのでは(汗。確か海ってそこまで深くないような・・・

このメガロ、容姿はカブトムシに良く似ている。間違ってもGではない。Gに見えなくもないけどGではない。
武器は角からの光線と、手のドリル、口から放つナパーム弾。しかし武器を生かしきれていない哀しい怪獣。
さらに行動一つ一つが、変な笑いを誘う動き。見事なギャグ怪獣だった。

もう1人の主役がジェットジャガー。元は普通のロボットだったのに、いきなり巨大化し、自分の意思を持ち、メガロと戦う。武器は特に無し。
メガロ相手にそこそこ善戦するが、ガイガンが来てからはやられっぱなし。でもゴジラの救援で調子付く。お前本当にロボットか(笑
表情が表情なので、親指ポーズや、首を斜め後ろに反らして「やれ」の合図がやけによく似合う。そして笑える。
ボコボコにされていた時に、ゴジラに助けられ、握手をするジェットジャガー。でもゴジラは何だか迷惑そう(笑

何故か宇宙と繋がりがあったシートピアによって派遣されたガイガン。やはりメガロだけでは不安なのか(汗。
ジェットジャガーを埋め、首に鎌を押し付け、ゴジラを脅すなど悪役振りを発揮するが、最後は逃げ帰ってしまった。ちなみにゴジラはその時、何の躊躇も無くガイガンに放射能火炎を放つ。少しは躊躇ってくれ。

そしてゴジラ。ジェットジャガーの手旗信号?での救援を受け、ガイガンとメガロ相手に戦う。正直ゴジラ1体でも何とかなったんじゃないか。
怪獣島から海を渡ってゴジラは駆けつける。何故こういう時に飛ばなかった。この映画なら許される雰囲気なのに(笑
飛ばない代わりにドロップキックをメガロにお見舞い。プロレスの影響でもあるのか?


怪獣とロボットはこんな感じ。ストーリーは色々と気にしてはいけない気がする。深く考えなかったら結構楽しい作品かも。どちらかと言えば子供向けかな。カーチェイスやダム破壊のシーンは見物。その時に流されるメガロも見物(笑。

EDはジェットジャガーのテーマソング。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« ゴジラ対ヘドラ | トップ | 特別なレジギガス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2 トラックバック

『ゴジラ対メガロ』(1973) (【徒然なるままに・・・】)
度重なる核実験で生活環境を破壊された海底王国シートピアの皆さんが、守護神メガロの力を借りて地上の人々に復讐しようと立ち上がるというお話で、それを迎え撃つのがロボットのジェットジャガーと、そして怪獣王のゴジラさん。 これを見て旗色悪しと感じたシートピアの...
ゴジラ対メガロ (昭和48年・1973) (Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters)
ゴジラ対メガロ福田 純 東宝 2008-03-28 復讐に燃える海底人の陰謀、迫る危機、急げジェット・ジャガー、みんなを守れ!  1973年、"怪獣ブーム"は"変身ヒーロー・ブーム"へと完全に移行。...