ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

非公認戦隊アキバレンジャー 第11話「二代目はサワヤカ無痛戦士」

2012-06-16 07:35:24 | スーパー戦隊シリーズ
非公認戦隊アキバレンジャー 第11話「二代目はサワヤカ無痛戦士」OPは2番!

二代目アキバレッドのタクマらに見送られて信夫はペンタゴンへ。信夫はさやかに別れの電話を告げるも、さやかもおじの経営するバージニア州の会社で働く事になったという。嬉しい反面、やはり仲間との別れは辛いようで・・・
一方のステマ乙は並行次元デリュージョン帝国として新生し、シャチークたちも様変わり。更に敵までもがドリルサイクロプスという、やけにカッコいい怪人に。

心機一転アキバレンジャー!さわやかなジャケットを身に纏うタクマたち。ゆめりあが別人過ぎて驚きました(汗。博世も長官っぽいコスチュームに身を包んでます。早速現れたデリューナイトたちの目的はライフラインの破壊。そんな事、絶対にさせない!と変身する3人。同時にろうそくの火が1本消えてしまう。さてタクマは誰押しなのかなー・・・
柔よく剛で真っ赤に燃える!インテリジェンス!アキバレッド!!
盲亀の浮木、奇跡に感謝!プラクティショナー!アキバイエロー!!
蒼海の遺珠、仰げば高し!パストマスター!アキバブルー!!
輝け!非公認戦隊アキバレンジャー!!
何かめっちゃまともに名乗ってるー!?ww「盲亀の浮木」は藤子先生の短編で読んで知ってましたが、ブルーの名乗りは何を言ってるのかさっぱりでした(苦笑。

心のアキバレッド、技のアキバイエロー、体のアキバブルー。心技体のトライアングルで戦う新生アキバレンジャー。アキバレッドは頭部のギザギザを用いたサージナイフでデリューナイトを攻撃。それ武器になるのかよwwそんな攻撃で何かに気づいたデリューナイト。ドリルサイクロプスに苦戦するブルーとイエローだったが、長官とこずこずが送ってきたデータを用いてドリルサイクロプスを攻撃するアキバレッド。そして心技体アタックでドリルサイクロプスを撃破!

デリューナイトに苦戦するアキバレンジャーの前に、ボウケンレッドが駆けつけてきた。ボウケンスコッパーを手に取り立ち向かい、敵の必殺剣を退け、サージジャガーでダメージを与える。どう見てもゲキワザです。デリューナイトはアキバレッドとは宿命のライバルだといい、一旦退却していった。


その頃のマルシーナ。何かが違うと感じつつ、シャチーク引き連れて散歩中。そんな彼女に自転車でぶつかったのは信夫だった。マルシーナに、ペンタゴンに行くと事情を説明する信夫と、信夫に自分の近況を愚痴り始めるマルシーナwドクターZが急にデリュージョン帝国を建設し、破壊と殺戮だとか言い出して新怪人まで登場。「どう思う?」と問われ、信夫はサンバルカン23話における新幹部登場を思い出す。と、同時にバルイーグル交代劇があった回。それはまるで今の自分とタクマの状況だと気づく。
「自分の考えが正しければ、必ず手元に戻ってくる」と厚木基地の通行許可証を紙飛行機にして飛ばす信夫。それは川に落ちたが、ちょうど川を捜索していた警察によって信夫の手に戻ってきた。ありえない現実に、そして信夫はある1つの考えに至る。
「この世界は1つの番組で、俺達は番組のキャラクターだったとしたら!」
信夫の立ち位置は途中退場キャラクター。妄想世界が消え、博世とドクターZが親子と発覚、信夫のペンタゴン行き。これらは全てテコ入れ、新展開、主役交代フラグ。そもそも一介の日本市民をペンタゴンが招く事事態不自然。マルシーナも新幹部登場でお役御免かもしれない。事情がイマイチ分かってないマルシーナに説明する信夫。

「そんな・・・この世界が『非公認戦隊アキバレンジャー』という番組かもしれないなんて!!」
マルシーナも信夫の話を信じるようになり、信夫は急いでひみつきちに戻ろうとする。だがそこへペンタゴンからの迎えが。大人しく従おうとしない信夫に発砲する兵士達。シャチークが2人をかばい、マルシーナが信夫に覆いかぶさる。今は一般市民の信夫を守る、悪の幹部マルシーナ。マシンガンに耐え、信夫に真実を掴むよう送り出すのでした。


そして信夫は戦いが終わった3人の下へ駆けつけてきた。この世界が1つの番組である事を告げるも、誰一人として信用していない。しばらく落ち着いていると・・・下にテロップが出てきましたww力ずくでテロップが流れるのを止め、美月とゆめりあに読み上げさせる信夫wwしかしタクマには見えない。
アキバレンジャーはオタクの痛い番組から、公認っぽい番組への路線変更しようとしていたのだ。現実世界での戦い、親子の確執、新しいライバル。様々なテコ入れが行われており、新レッドへの交代劇もその1つ。が、タクマに突如としてインターポールからの帰還命令が下された。
要はテコ入れは中止され、モエモエズキューンは再び信夫の手に。デリューナイトは勝手に帰られては困ると言うも、タクマはとっととバイクに乗って去っていってしまう。この状況はドクターZの手によるものではなく、ドクターZすら手のひらで転がす存在がいるという信夫。

マルシーナはドクターZに対し、本来の目的であるはずの秋葉原の人間を矯正し、理想のアニメを世の中に発信するのが目的だったはずと説得する。元に戻りかけたドクターZだったが、何者かの意思によりまたしても操られ、マルシーナを追い出してしまう。

博世のさそりのあざは消え、美月もゆめりあも、博世もいつも通りの服装に。しかしシリーズの流れが急に変わり始めたことは喜ぶべき事ではない。製作者側の人間がこの世界を捻じ曲げようとしている。それは一体誰なのか。何がどうなってしまうのか・・・


感想
ここ何話かで描かれてきたシリアス展開は、全て製作者側のテコ入れによるものでした!・・・番組の中で番組だと気づくとか、そんな展開想像つかねーよw似たような映画を母が見ていた気はしますが。

と、いうことでまたも明かされた数々の真実。レッド交代劇、親子の因縁、新幹部登場。これらは全てアキバレンジャーを痛い番組ではなく、公認っぽい真面目な番組にするためだったと。美月はともかく、ゆめりあがコスプレしていないのが違和感ありました。さやかの転勤の話も、信夫とのみ絡みがあったさやかを今後出なくなっても問題無いようにするためですかね?

自分達のいる世界が番組だと気づいたのは信夫ただ1人。番組内のキャラクターである信夫が勝手な行動をしても、製作者側の意思により、信夫は強制的に交代させられた事でしょう。マルシーナの助けを借りて、何とか美月たちに真実を伝えた信夫。しかし美月たちに静かにするように指示した時は、何が出てくるのかと思いましたが、まさかテロップを待っていたとは思いませんでしたw
敵側でも何かがおかしいと気づいていたマルシーナ。ボスであるドクターZが本来の目的を忘れる中、マルシーナだけはドクターZの、生みの親の目的を忘れていなかった。目的の良し悪しはともかく、マルシーナは本当にドクターZの目的を叶えたかったのでしょうね。

で、前回と今回登場したタクマですが・・・すいません、マジでレツ役の方だと思ってました(汗。双子だという事は知ってましたが、まさか弟さんの方だったとは。そりゃ信夫の目なら見分けられるわな。

テコ入れも新展開も蹴っ飛ばし、アキバレンジャーはどこへ行く!

コメント (6)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 怖いけど、興味深い | トップ | THE IDOLM@STER 特別編「765... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
メメタァ (ロック)
2012-06-16 10:30:46
自分達が創作された作品のキャラだった?!登場人物や世界観、設定は全て"作り手"の思いのまま!そんな勝ち目のない"作り手"に挑む架空の人物!←これなんてマイトガイン最終回?(笑)
ロックさんへ (アル)
2012-06-16 17:18:27
こんばんは。

>自分達が創作された作品のキャラだった?!登場人物や世界観、設定は全て"作り手"の思いのまま!そんな勝ち目のない"作り手"に挑む架空の人物!←これなんてマイトガイン最終回?(笑)
となると最後は作り手と戦って、信夫がさやかと結婚して・・・
非公認戦隊が許されるのなら、非公認勇者とか作ってくれないですかね(笑。
登場人物VS作り手!? (ノーズ)
2012-06-16 20:04:16
アキバレンジャーは「すべては妄想だった」ラストを考えていましたが、製作者との戦いとなるとは…!銀魂では“製作者の苦労”がネタになっていましたが、こちらでは“製作者への反乱”ですか(しかしマイトガインでも同じことが…?)。
タクマにテロップが見えなかったのは、彼は作り手の刺客(?)で、テロップが見えないように仕組まれていたため。と思ってます。
アキバレンジャー第11話 (ティーゲル87)
2012-06-16 20:08:42
こんにちは、この回のオープニングで赤木さんの名前の下にアキバレッドの名前が外され(ちなみにこの回のチーフの配役テロップはノンクレジットです。)、本編の Aパートで赤木さんがマルシーナとシャチークの近くで歴代住職、交代戦士の名前を挙げていたあと、「あれ?ゴレンジャーのキレンジャー忘れてる。」と私自身気付きました、でも非公認でも本家東映さんの作品中のセリフで「テコ入れ」という言葉を出したのは、ひょっとしてこれが初?と思っています。でも私自身正直タクマさんのアキバレンジャーの戦闘シーンが良かったかなぁと思います。
ノーズさんへ (アル)
2012-06-17 04:04:12
おはようございます。

>アキバレンジャーは「すべては妄想だった」ラストを考えていましたが、製作者との戦いとなるとは…!銀魂では“製作者の苦労”がネタになっていましたが、こちらでは“製作者への反乱”ですか(しかしマイトガインでも同じことが…?)。
マイトガインでは二次元人と三次元人という表現が使われていました。主人公ら二次元人は所詮ゲームの駒・・・そう言われつつも、きっちりラスボスと決着を着け、ハッピーエンドを迎えています。

>タクマにテロップが見えなかったのは、彼は作り手の刺客(?)で、テロップが見えないように仕組まれていたため。と思ってます。
そうでしょうね。テコ入れ要因には新しい世界が違和感なく受け入れられるように設定されているのでしょう。
ティーゲル87さんへ (アル)
2012-06-17 04:08:02
こんばんは。

>こんにちは、この回のオープニングで赤木さんの名前の下にアキバレッドの名前が外され(ちなみにこの回のチーフの配役テロップはノンクレジットです。)
そういえば今回変身してませんしね。あわや本当に外される所だったと・・・(汗。

>でも非公認でも本家東映さんの作品中のセリフで「テコ入れ」という言葉を出したのは、ひょっとしてこれが初?と思っています。
初であって欲しい所です(苦笑。子供は見ちゃダメ!な非公認だからこそ言えるのかなと。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

6 トラックバック

非公認戦隊アキバレンジャー 第11話「二代目はサワヤカ無痛戦士」 (MAGI☆の日記)
非公認戦隊アキバレンジャーの第11話を見ました。 第11話 二代目はサワヤカ無痛戦士 国防総省から信夫をスカウトしたいという電話が入り、タクマが二代目アキバレッドに就任することになる。 さや...
アキバレンジャー 第11話 (Kyan's BLOG V)
非公認戦隊アキバレンジャー 第11話 「二代目はサワヤカ無痛戦士」。なんという超展開。これは確かに「良い子は見ちゃダメ」かもしれん(笑) 続きは読みたい方だけどうぞ。
非公認戦隊アキバレンジャー 第11話「二代目はサワヤカ無痛戦士」 (Happy☆Lucky)
第11話「二代目はサワヤカ無痛戦士」 JUGEMテーマ:エンターテイメント
アキバレンジャー#11 (MEICHIKUなんでもぶろぐ)
OPからしてこれまでと少し雰囲気が違っていて、最初から何かあると感じさせていたが、今回は余りにもあの過ぎましたね。物語としては「サンバルカン」のレッド交代劇を、敵の構成としては「バイオマン」の新帝国ギアの雰囲気を持ちながら、初期戦隊に於ける敵強化幹部の登...
昨日のアキバレンジャー 第11話 (地下室で手記)
「二代目はサワヤカ無痛戦士」 ここの所急展開続きのアキバレンジャー。 実は一番の急展開は今回はOPが2番だったという事かも(笑) 良い子は見ちゃダメ具合は1番よりも2番の方がひどいかなって(...
非公認戦隊アキバレンジャー #11. (色・彩(いろ・いろ))
「二代目はサワヤカ無痛戦士」 急展開。公式最大手。いろいろありますが、まずは。