ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

THE IDOLM@STER 第7話「大好きなもの、大切なもの」

2011-08-19 07:14:18 | 2011年アニメ
THE IDOLM@STER 第7話「大好きなもの、大切なもの」

TVで流れる水瀬家のインタビュー。けれども伊織はアイドルだという事を知られておらず、番組で必死に自分と竜宮小町をアピールしようとした伊織だが、下手したらイメージダウンにも繋がりかねないと、プロデューサーは相談ぐらいして欲しかったと告げる。自分達のプロデューサーは律子と伊織は言うが、プロデューサーは同じ765プロの仲間で、皆のプロデューサーのつもりでいるという。

同じ兄弟を持つ身として愚痴をこぼす伊織と響。大家族の高槻家は小さな喧嘩はあるけれども、皆仲良しだという。そんな高槻家にお邪魔して、ご飯をご馳走になることに。スーパーでの買い物も、やよいにとっては慣れたもの。店の人ともすっかり顔なじみの様子。
そして高槻家。かすみ、長介、浩太郎、浩司らが出迎えてくれた。やよい、伊織、響の3人は家事をしたり、かすみたちと遊んだりと大忙し。けれどもやよいの顔には笑顔が絶えない。長男である長介は、出来ることはちょっとずつ手伝うようにしてるという。それにしても響がノリの良いのには納得ですが、伊織も意外と子供達と馴染んでるなぁ・・・と。

晩御飯はもやし祭。ホットプレートと電気とテレビを点けたら停電してしまう高槻家。何が起こるか分からない家ですね。そして響が見ようとしたアニメのヤキニクマンのCVが串田アキラさんだった事には、もっと驚きましたw
意外といけるもやし祭。味噌汁にはゴーヤも入っており、響感激。響と伊織に一杯手伝ってもらい、毎日来てくれたら良いのにとやよい。そんな何気ない言葉に、ちょっとショックを受けた様子の長介。食べないならと、自分のもやしを食べようとした浩司をたたいてしまう。
叱る時はきっちり叱るやよい。この時の声が素晴らしかったです。だが長介は謝らず、自分ばっかり好きなアイドルをやってると言い残し、出て行ってしまう。


待てども戻ってこない長介。長介は少しでも手伝いたいと言っていた事を聞いていた伊織は、あれが長介の本心ではないと言う。響も動物が逃げた時は、何かあったら大変だからとすぐ探しに行く。それを聞いてやよいは響と共に長介を探す。更に伊織から連絡を受けたプロデューサーも加わって、捜索は続く。

一向に見つからない長介。プロデューサーに電話をかけ、まだ見つからないのかと伊織。プロデューサーは伊織だったらどこに行くと尋ねると、伊織は家の中でも隠れる場所は一杯あると告げ、そこで自分も隠れたことのある物置を探す。果たしてそこに長介はいた。
立派な兄弟を持つと苦労する。いつも怒られてばかり。だが伊織と長介は違う。伊織は認めてもらいたいからこそ、全力でぶつかっていく。やよいもまた、家の仕事が大変だという顔をしたことは1度も無い。それがやよいのプライド。胸を張って前を向く。そして、姉を助けられるように頑張っていきなさいと伊織。
無事に再会を果たしたやよいと長介。伊織も少しはプロデューサーを信頼しているようで。

翌日、長介はやよいに起こされずとも1人で起き、兄弟たちを起こして回る。少しでも姉の助けとなるように。胸を張って前を向く長介でした。


感想
伊織回というか、やよい回というか・・・どちらにしても最高でした。響がイヤリング?をつけてたのには何となく驚きでしたが。
少しでも姉の助けになれるようにと自分なりに頑張っていた長介。何気ない一言で傷ついてしまいましたが、結果としてはより一層その思いを強くした事でしょう。胸を張って前を向く。怒られながらも、しっかりと支えていく。認めてもらいたいなら、まずは行動あるのみ。非常に良い話でした。
家事も仕事も笑顔で頑張るやよい。家の仕事が辛いという顔はせず、家ではきちんとお姉さん。長介を叱るシーンでは本当に素晴らしい演技だったと思います。

次回は真とあずささん。

コメント (2)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 地球で一番のイベント | トップ | バカとテストと召喚獣にっ! ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
家族っていいですね (いけやん)
2011-08-26 19:05:19
やよいのプライベートのお話でしたね。滅多に喧嘩しないきょうだい達ですが、ちょっとした行き違いで…。でも、すぐに解決して何よりです。
伊織がうまいこと一役買いましたね。彼女も家族のことで思い悩んでいるだけに、しっかりとした考えを持っているようで。

やよいのお姉さんらしさもよかったです。しっかりと弟を叱っているところが頼もしかったです。ただ、長介の立場で「お兄ちゃんなんだから~」という言われ方が気に入らないのは分かるような気がします。しかもやよいの何気ない一言で苛立っているときに言われたものだから。言い方には気を使ないと…難しいものです。

やよいにも伊織にも出世して欲しいものです。
いけやんさんへ (アル)
2011-08-26 19:46:25
こんばんは。

>彼女も家族のことで思い悩んでいるだけに、しっかりとした考えを持っているようで。
伊織は家族にアイドルとしての活躍を認めてもらうために、伊織は大家族で奮闘し、響は家族の動物達と・・・今回の3人は家族繋がりのようにも思えました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

13 トラックバック

THE IDOLM@STER 第7話 大好きなもの、大切なもの (つれづれ)
 ののワさんとか、ヤキ肉マンとか。小ネタが面白いですね。
THE IDOLM@STER 7話 (アニメ徒然草)
そのうーうー言うのをやめなさい。 というわけで、 「THE IDOLM@STER」7話 アイドルの家へ遊びに行こうの巻。 貧乏アイドル、ってニッチなジャンルがあるんだっけ? 売り方としては、別に変化球っ...
The IDOLM@STER TBS(8/18)#07 (ぬる~くまったりと)
第7話 大好きなもの、大切なもの 水瀬グループ会長家探訪のTV番組。無理から出演
THE IDOLM@STER 第07話 「大好きなもの、大切なもの」 (ゆる本 blog)
モヤシ祭。「THE IDOLM@STER」の第7話。TBS公式はこちら。 次回 8月25日は25:34~なので注意。 お宅訪問で名前を売りまくろうと画策する伊織。 後日、逆効果だとプロデューサーに注意されてしまうが納...
[アニメ]THE IDOLM@STER -アイドルマスター- 第7話「大好きなもの、大切なもの」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
求められている人、求められていない人。その違いを理解して、自分はどちらの人間だろうって考えたときに、誰もが求められている人なんですよね。それが今はわかっていないだけ。 ...
THE IDOLM@STER 第7話 「大好きなもの、大切なもの」 (Z-in脳内妄想)
THE IDOLM@STER 第7話 「大好きなもの、大切なもの」の感想です。 あれ? やよい回かと思ったらいおりんが可愛かったな!
THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第7話「大好きなもの、大切なもの」 (SERA@らくblog)
アイマスでも人気のキャラやよい回です♪ 兄弟の多い家族の長女として家事も頑張ってますね。 春香が昭和ぽいって言われるけど、やよいの家こそ ザ昭和ですね(^^; びんぼうでも楽しい家庭なのは何より...
THE IDOLM@STER アイドルマスター 第7話 「大好きなもの、大切なもの」 感想 (wendyの旅路)
悩みなんて吹き飛ばせ―
THE IDOLM@STER  第7話大好きなもの、大切なもの (しるばにあの日誌)
 夕飯のごちそうにと伊織と響を誘い出すやよい。弟妹と一緒の食卓でやよいは伊織と響が家のことを手伝ってくれたことを感謝するが・・・
アイドルマスター 第七話 (ホビーに萌える魂)
THE iDOLM@STERの7話は、やよいメインの回で家族も登場。伊織と響がやよいの自宅へ。小ネタで『ののワさん』人形登場wwwヤキニクマンや水瀬邸の執事・新堂も登場。ヤキニクマンは ...
高槻家の団欒 (いけやんのお部屋なの~♪(^▽^))
THE IDOLM@STER 第7話「大好きなもの、大切なもの」 家族なんだから。水瀬家が取材を受け、それがテレビに流れました。伊織もインタビューを受けますが、アイドルということを知られておらず、事務所に無断で自分や竜宮小町のことを必死にアピール。 下手をすればイ...
THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第7話「大好きなもの、大切なもの」 (日々前進)
やよい回と見せかけて、実はいおりん回とか何て俺得www ってか、実はアイマスキャラの中でいおりってそこまで好きでは無かったんですよ。いや、嫌い、とか言う事ではなくてあまりにも美希と貴音さんが素敵...
THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第7話「大好きなもの、大切なもの」 (日々前進)
やよい回と見せかけて、実はいおりん回とか何て俺得www ってか、実はアイマスキャラの中でいおりってそこまで好きでは無かったんですよ。いや、嫌い、とか言う事ではなくてあまりにも美希と貴音さんが素敵...