ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

魔法つかいプリキュア! 第50話(最終回)「キュアップ・ラパパ!未来(あした)もいい日になあれ!!」

2017-01-29 09:05:30 | 魔法つかいプリキュア!
魔法つかいプリキュア! 第50話(最終回)「キュアップ・ラパパ!未来もいい日になあれ!!」

 ことはは、思い出のスイーツであるいちごメロンパンに込められた思いをもとに、みんな一緒に魔法学校2年生の姿へと変身する。そんな時、ドクロクシーの忘れ形見であるヤミーが現れ、甘いものやことはの杖を黒い渦に吸い込んでしまう。その渦を通ってみらいたちは魔法界に到着。
 魔法学校の生徒となっていたバッティによれば、ヤミーは甘いもの好きだったドクロクシーの虫歯から生まれた存在。みらいたちはヤミーと、復活を果たしたヤモーを追いかけるうちに、不思議なスイーツ店に到着。そこのパティシエ・宇佐美いちかは食べた人を元気にするスイーツを作るべく頑張っている人物だった。

 みらいは新たな出会いに感謝し、そんな出会いがあったからこそ自分にも目標が出来たと語る。リコもまた、立派な魔法つかいとは人と人を繋ぐこと、素敵な出会いは新たな自分に出会わせてくれるだと気づいた。
 そんな折、またしてもヤミーとヤモーが出現。渦に吸い込まれかけたチクルンがことはの杖を取り戻し、3人はプリキュアに変身。逃げようとしたヤミーだが新たなプリキュア・キュアホイップによって捕まってしまい、そのままダイヤの力で虫歯を浄化。これでスイーツもちゃんと味わえるといい、チクルンの蜂蜜を食べたヤミーは感涙。ヤモーとヤミーはいつかまた出会う日が来るかもしれないといい、「オボエテーロ」と言い残して去っていった。

 みらいたちの前では、新たな出会いが生まれていた。それぞれが新たな思いを胸に抱き、それぞれの場所で輝くのを見届けたみらいたちは、今日もいい日になぁれと魔法をかけるのでした・・・


感想
 まさか魔法つかいとアラモードが、最近の仮面ライダーみたいなコラボを果たすとはなぁ・・・今後はこれが恒例になるのでしょうか。

 さて今回は、ことはの魔法で昔の姿に戻ったみらいたちが、ドクロクシーの虫歯から生まれたヤミーという存在を追いかける話。成長した登場人物たちも描かれていたわけですが、言われるまで人魚の里の3人だと分からなかったのは私だけでしょうか(汗。
 バッティは生徒に、スパルダとガメッツは小さい姿のまま相変わらず闇の本や戦いを望んでおり、唐突な復活を果たしたヤモーはヤミーに遣えることを喜びとしていました。いいシーンだとは思いますが、その分ヤモーたちともうちょっと絡みがあれば、この再会や「オボエテーロ」にもっとグッとくるものがあったんだろうなとも感じました。

 新たな出会いは新しい自分にも出会える。今日もいい日になるように魔法をかけたところで、魔法つかいプリキュアの一年は締めくくられることとなりました。


 さて、最終回を迎えた「魔法つかいプリキュア!」ですが、私の評価としては・・・良かったとも悪かったとも言い切れないところがあります。敵との因縁や伝説の戦士としての使命感ではなく、ただただ友達との大切な日常を守るためにその力を振るったプリキュア。そういった戦いの動機も良いと思いますし、その精神は嫌いではありません。むしろ好きです。
 サブタイトルを振り返ってみても、ドクロクシー前後、アレキサンドライト誕生、デウスマスト復活といった節目を除けば、その殆どが戦いではなく日常生活においてあった出来事を表わしています。ラブーが本格的に活動を開始した時も「Let'sエンジョイ!魔法学校の夏休み!」ですからね。「闇の魔法」という言葉はあっても、「ムホー」という単語はどのサブタイトルにも出てきません。
 それどころかサブタイトルに「プリキュア」という言葉が入る話が第1話、第21話「STOP!闇の魔法!プリキュアVSドクロクシー!」、続く第22話に「キュアフェリーチェ」と入ったぐらいです。ここ最近のプリキュアのサブタイトルを見ても、これほどまでに「プリキュア」を表わす言葉が入っていないのは珍しいです。ハピネスチャージは反対にかなりの話数にプリキュア関連の言葉が入っていますし、また戦いの経過を説明するものとなっていました。

 みらいは伝説や使命といったものを重視していないわけですし、ラスボス戦前も「みかんが育たなかった」ことに怒っていたわけですから、戦闘はあくまでおまけのようなもの。それ故か、戦いに関してはこれといって特筆すべき点がなかったように感じます。
 ダイヤ、ルビー、サファイア、トパーズという4つのスタイルがあったにも関わらず、スタイルチェンジはラストバトル以外では一切行わず、オーバーザレインボー登場以後は目立った活躍もなく、むしろ登場以前の方がスタイルの特性を生かせていたようにも思えます。空中でぶつかっただけでピンチに陥った時はさすがにどうかと思いました。
 思い返せばサファイアはキャンプにおける空中戦、トパーズはサッカーバトルが記憶に残っていますが、ルビーで印象に残ったバトルがパッと出てこない・・・9話のガメッツ戦は戦いの中身よりも、技発動前にいつもより手を強く握り合い、終わった後も手を握り続けるシーンが良かったので、ルビーでなくても感動したと思いますし・・・

 そんなこんなで、日常に特化した1年間。序盤、入学前の子供に向けたメッセージ的なものを感じてから早一年が経ちました。友達との日々を過ごしていたら、いつの間にか強敵との戦いに巻き込まれて、知らぬ間に規模のでかい災厄も近づいてきたけれども、みんながいたから何とかなりました・・・そんな感じで戦いに関しては「それはそれとして」といった感じで過ぎ去っていった気がしないでもないです(苦笑。

 何はともあれ、一年間ありがとうございました!そうか、猫のCVが早見さんだったことに驚いてから一年かぁ・・・

コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 仮面ライダーエグゼイド 第1... | トップ | 「いまさら翼といわれても」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

5 トラックバック

魔法つかいプリキュア! 第50話「キュアップ・ラパパ!未来もいい日になあれ!!」 (MAGI☆の日記)
魔法つかいプリキュア!の第50話を見ました。 第50話 キュアップ・ラパパ!未来もいい日になあれ!! もう会えないかもしれないと思いながら大学生になったみらいはリコや......
魔法つかいプリキュア! テレ朝(1/29)#50終 (ぬる~くまったりと)
最終回 第50話 キュアップ・ラパパ!未来もいい日になあれ!! みらいの願いが叶ってリコ、はーちゃんと再び出会えた。3人が集まって思い出のいちごメロンパンで再開を祝おう。......
魔法つかいプリキュア! 第50話「キュアップ・ラパパ!未来(あした)もいい日になあれ...... (のらりんすけっち)
番外編テイストなまほプリ最終話は明るく楽しく元気よく。 いろいろ新しい試みに挑戦してきた意欲作は最後もやってくれました! はーちゃんの魔法で中学生時代に戻ったまほプリ......
魔法つかいプリキュア! 第50話(最終話)感想 (Msk-Mtnのブログ)
 「魔法つかいプリキュア!」第50話(最終話)「キュアップ・ラパパ! 未来(あした)もいい日になあれ!!」の感想です。
魔法つかいプリキュア! 第50話 「キュアップ・ラパパ!未来もいい日になあれ!!」 (くにづくり日記まーく5(仮))
こんばんは。 今日は魔法つかいのプリキュアの感想です。 ついに最終回ですな。 今