ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

ウルトラマントリガー 第14話「黄金の脅威」

2021-10-23 17:50:02 | ウルトラシリーズ
ウルトラマントリガー 第14話「黄金の脅威」

 今回から後半戦スタートということなのか、OP・ED共に変化。特にOPがケンゴの心境ともあっていて良いですね。

 さて今回は「ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀」に登場した「我は究極生命体アブソリューティアンの戦士・アブソリュートタルタロス」…の同族であるアブソリュートディアボロが登場。ウルトラギャラクシーファイト第3作目で初登場となるかと思ってましたが、トリガーへの登場が先とは。

 彼らの狙いはエタニティコア。先にデアボリックを差し向けたのは、エタニティコアの力を推しはかるためと、使用者であるトリガーを消耗させるためでしょうか?前半で退場こそすれ、アブソリューティアンにしてみればエタニティコアの力を知ることが出来て満足、視聴者的にも珍しいアングルでの戦いが見られたので満足な結果でした(笑。

 当のトリガー=ケンゴはといえば、自らがトリガーの光の化身だと知り、いつものようにスマイルスマイル!とばかりは言ってはいられず、その使命感の強さのあまり命の危機に瀕することに。何とかしてエタニティコアの力を抑え込もうとするケンゴが対峙するのは、タルタロス以上に物理攻撃力が高そうなディアボロ。
 力に力をぶつけようとしたり、力を抑え込もうとしたりと、力に振り回されっぱなしのケンゴ…そんな彼を、そしてエタニティコアをレスキュー氏に現れたのがウルトラマンリブット!配信作品のみならず、遂に現役ウルトラマンの本編にも登場するとは…正直主役で一本見てみたいと思っているので、ゲスト出演は嬉しいような、少々複雑なところではあるものの、歴戦の勇士としての活躍を存分に見せてくれたので良かったです。
 圧倒的なパワーを誇るディアボロに対し、真正面からぶつかりつつも、力を受け止めるのではなく受け流す様がケンゴと対照的だったなーと。スプレッターロッドもある程度の柔軟性を有しているようですし、柔よく剛を制すという言葉がぴったりな戦い方でしたね。力に翻弄されるケンゴにとっては、良い師になることでしょう。

 次回はイグニスから受け取ったアブソリューティアンのデータをもとに、ナースデッセイ号の真の力を解放!まーた何かヤバい力に手を出してる…イグニスが手に入れた力といい、ろくなことにならない雰囲気が漂ってますね…
 にしても、力が完全ではないとはいえ、彼女たちにしてみればポッと出のアブソリューティアンに一方的に要求をのまされるわ、恋人は光堕ちするわ、イグニスに闇が憑依してるわで、ダーゴン以外の2人にあまり良いところ無いっすね…段々不憫に思えてきました。

 
 一方ボイスドラマはリア充カップルによるリモートカッター誕生秘話が描かれてました(曲解)。本編ではケンゴとアキトがいちゃついて、こっちではリブットとソラがいちゃつくのか…

コメント   この記事についてブログを書く
« ルパン三世のテレビスペシャ... | トップ | ミラーマン 第20話「二大怪... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。