ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

スター☆トゥインクルプリキュア 第29話「ただいまルン☆惑星サマーンのユウウツ」

2019-08-25 09:00:02 | スター☆トゥインクルプリキュア
スター☆トゥインクルプリキュア 第29話「ただいまルン☆惑星サマーンのユウウツ」

 惑星サマーンに到着したひかるたちだが、星空連合に所属していない地球人だと知られそうになり大ピンチ。ロケットのAIのおかげでその場は凌げたが、マザーAIとロケットのAIはいずれ同期されるという・・・

 そしてララたちはララの兄・ロロは父・トト、母・カカと出会う。ララと異なり、AIを使いこなしているロロは最高ランクの調査員。成績こそ優秀だが、何もかもAIに頼っている彼らにどこか違和感を覚えるまどか。
 そんな中、宇宙星空連合がプリキュアを連語に入れようとしていることを知り・・・

感想
 何で今回アバンの自己紹介が無いのかと思ったら、本編中でその件をやる(未遂)とは・・・

 さて今回はようやく惑星サマーンに到着!「星空連合に所属していない地球から来たと知られるとまずい」という設定、今となっては懐かしいですね・・・すっかり忘れていました(汗。

 何かにつけてAI頼りのサマーン人。技術や成績こそ優秀ですが、効率性を求めるがあまり自分で考えるのをやめてしまっているように思えます。電撃を放ち、独特な語尾をつける宇宙人の大先輩っぽい声をしているララの母・カカを初め兄のロロ、父のトトも決して悪い人ではなく、ララのことを思っているからこそAIの言うとおり「ララはスペースデブリの調査が適任」などと勧めているんでしょうけども、悪い人ではないからこそ反論し辛いというか・・・

 ここで自分がプリキュアだと言えば、家族は認めてくれる。けれどもプリキュアが連合に入ったら、ひかるたちの生活はめちゃくちゃになってしまう。ララと同じく、家族に真実を言えないのはまどかも同じ。ここで家族のことで悩むまどかと絡めてくるのは良いですね。
 家族に言わなかったのは「直感」。自分の気持ちに従うべき・・・

 それでもロロの発見を喜んでいる家族の笑顔を守るために、これまで以上のミルキーショックを放つララ。比較的使用頻度が多い気がする「しし座」ではなく、あえて「ふたご座」を使ったのは、双子の兄・ロロが見つけたペンを守るためでしょうか。巨大ノットレイとの決着こそユニによるものでしたが、ララも良い活躍をしてくれましたね。

 で、ペンを取り戻して一件落着・・・かと思いきや、何故か研究員のククは「ララがペンを盗もうとしている」と発言し、一行はマザーAIにより指名手配されてしまう羽目に。テンジョウに襲われたのは監視カメラの映像からして明らかなのに、何故ララを疑うのか。これも「効率」を優先した結果でしょうか?何故ララがペンを持っているかどうかなどどうでもよく、とにかくペンを取り戻すには指名手配が手っ取り早い・・・から?
 
 フードを被ったアイワーンはこの状況を見てほくそ笑んでいましたが、彼女もララの指名手配に噛んでいるのでしょうか。そんなアイワーンですが、どうやら次回マザーAIを乗っ取る模様。それに唯一反抗できたのがロケットのAIで、自らを犠牲にしてララたちの危機を救うとか、そんな流れでしょうか・・・

コメント   この記事についてブログを書く
« 騎士竜シリーズ08&09 DXシ... | トップ | 仮面ライダージオウ 第49話... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。