ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

モンスターアーツ 3式機龍(重武装型/高機動型)

2014-10-18 22:29:08 | モンスターアーツ
モンスターアーツより、3式機龍(重武装型/高機動型)が届きました。前回のゴジラ2000&機龍紹介はこちら

「ゴジラ×メカゴジラ」において破損した3式機龍が、続編「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」にて修理・強化された姿。破損した右腕はスパイラル・クロウに、アブソリュート・ゼロの代わりに3連ハイパーメーサー、両腕のレールガンは4式にそれぞれ変更された。


今回はGMMGにおける機龍ということで、重武装型、高機動型の2種類を再現できます。ぶっちゃけ前回のもパーツを外せば似たような感じに(略。
トップ画像のが重武装型、こちらが高機動型。


左が今回の、右が前回の機龍。まず目につくのは色が明るい銀色から、暗めに変更されています。これがまたカッコいい!



先ほどの武装変更以外だと、胸のマークの違い、首筋の辺りに意匠の追加が見受けられます




右手がスパイラルクロウになっているため、通常状態でも大分爪が大きくなっています。腕にモーター?が仕込まれているのが分かります。


互いに武装有りだとこんな感じに。武装も含め、改めて前回の機龍が明るめの色合いであることが分かります。



今回は頭部をまるっと交換することになるのですが、首筋のコードをはめるのに手こずりました。




4式対獣掘削装置ことスパイラル・クロウ!ゴジラの体を貫通し、かなりのダメージを与えていました。しかし、何故にこれを以前の機龍に搭載しなかったのか。これで怯ませれば「アブソリュート・ゼロ」も命中したような・・・


新たに搭載された3連ハイパーメーサー。アブソリュート・ゼロに使用した素材が収集困難だったため、こちらを搭載することになったとか。



機龍は他のメカゴジラよりも、大分メカメカしい部分が目立つと思います。





でもって改めて重武装型。バックユニットが青から黒に変更されており、渋さが増しています。また、劇中再現できるように両方それぞれのパーツを外すことができます。


重いフィギュアを浮かせるのは難しい・・・


MOGERAに付属していた煙エフェクトが、カーブしているのがあればなぁと思う今日この頃。






ゴジラ×メカゴジラ再び。毎度毎度ぶつけられるバックユニット。








モスラの援護を受け、スパイラル・クロウを炸裂させたあとは一気に優勢に。ゴジラ2000に登場したフルメタルミサイル、GMKのD-03弾、FWの轟天号。思えば2000以降のゴジラはちょくちょく貫通攻撃持ちが出てきているような。


以上、3式機龍(重武装型/高機動型)でした。前回の機龍から右腕や胸部、全体の色などが変更されたもので、若干お高い印象はあるものの、カッコよく仕上がっているので満足です。
着々とミレニアム以降のシリーズが出始めている中、次回はメカキングギドラ!買う・・・のか?

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« プリパラ 第16話「特ダネ!ら... | トップ | ハピネスチャージプリキュア!... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
生命は定められた時の中に (ロンドン)
2014-10-24 01:38:24
凄まじい程今更感がありますが、この記事からコメントさせていただきます。
 プレバンの3式機龍の感想、ありがとうございます。

 前作の続編である「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」が公開された時は、前作とはまた違った意味で驚きました。機龍の再登場だけでなく、「モスラ」第1作目の正当なる続編でもあり、「モスラ対ゴジラ」を思わせる様な戦いや、初めて東京タワーをゴジラが破壊する等、前作以上に盛り上がる部分が多かった作品だったと考えているからです。個人的に驚いたのは、「モスラ」第1作目に登場した中条博士が再登場した事です。
 彼が映画のラストで言った「生命は定められた時の中に」という言葉(だったと思いますが、実際はどうだったかはまた調べておきます)。個人的にあの言葉は、ゴジラ映画どころか、特撮映画の中で最も印象に残る名言であった様にも考えさせられます。

 プレバンの3式機龍に関しましては、少し暗い色合いに変更されている様ですが、これはこれでかなりカッコよさが出ている様にも思えます。特に自分の好きな右手のスパイラル・クロウにかなり魅了されてしまいます。貴方様のおっしゃる通り、何で以前の機龍にこれを搭載しなかったのかに疑問を持ちます。恐らく科学者達は前作で使用したメーサーブレードがあれば接近戦は問題無いと考えてたんでしょうかねぇ…。

最後のゴジラ、モスラ親子と並べた写真を見ていると公開時のあの風景を見てる様で非常に満たされた気分になれます。こうなってくると…あの作品でまさかの死体役で登場したカメーバも商品化してもらいかなぁ、なんて思います(笑)

かなり遅れましたがプレバンの3式機龍の感想をありがとうございます。
ロンドンさんへ (アル)
2014-10-25 08:36:46
おはようございます。返信が遅れ、申し訳ありません。

)彼が映画のラストで言った「生命は定められた時の中に」という言葉(だったと思いますが、実際はどうだったかはまた調べておきます)。個人的にあの言葉は、ゴジラ映画どころか、特撮映画の中で最も印象に残る名言であった様にも考えさせられます。
ゴジラの骨を海に返すことはもちろんですが、互いに殺しあうのではなく、共存し、定められた時の中で生きていくことの大切さを説いているとも思います。

)貴方様のおっしゃる通り、何で以前の機龍にこれを搭載しなかったのかに疑問を持ちます。恐らく科学者達は前作で使用したメーサーブレードがあれば接近戦は問題無いと考えてたんでしょうかねぇ…。
スパイラル・クロウは近距離のみ、対してレールガン&メーサーブレードは遠近どちらにも対応できる。アブソリュート・ゼロの開発を中心としていた分、それ以外の武装は、手軽にどちらにも対応できるものが求められていたのかもしれません。

)こうなってくると…あの作品でまさかの死体役で登場したカメーバも商品化してもらいかなぁ、なんて思います(笑)
果たして南海の大決戦を再現できる日はくるのでしょうか・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。