ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」を見て

2017-08-16 07:59:19 | 仮面ライダーエグゼイド
「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」を観賞して来ました。

 突如街に現われた謎の忍者集団の手により、多くの人々がこん睡状態に陥り始めた。忍者集団を率いる南雲影成=仮面ライダー風魔は、永夢や飛彩たちを退け、難病に苦しむ少女・星まどかを「ハリケーンニンジャ」のプレイヤーに選ぶ。こん睡状態に陥った人々はみな、まどかが望んでいた運動会において、審判や観客、更にはいなくなった父親などの役割を演じさせられていた。
 南雲と共に背後で蠢くのは、かつて正宗と手を組もうとしていた企業「マキナビジョン」の社長ジョニー・マキシマ。飛彩やポッピー、大我、ニコが仮想現実に捕らわれてしまった今、彼らを仮想現実空間から助けられるのは永夢しかいない。永夢は黎斗が開発した幻夢VRと「マイティクリエイターVRX」のガシャットを手に、仮想現実に飛び込む!
 果たして南雲の目的とは、まどかの本当の願い、ジョニーの狙いとは・・・


 「トゥルー・エンディング」の名のとおり、エグゼイド本編最終回の後に起こった事件、あるいはどこかで分岐した先にある事件のように感じたこの映画。何といってもムテキゲーマーの登場が非常に熱い!最終局面において満を持しての登場!「輝け流星のごとく!黄金の最強ゲーマー!ハイパームテキエグゼイド!!」この変身音には初めて聞いた時から心が躍ったものですが、この映画において更に心をたぎらせてくれる音声へとレベルアップしました。あんなん鳥肌立つに決まってるじゃないですかー!

 さてこの映画においては、未来を諦めて仮想現実に望みを託した者と、未来を諦めず現実で立ち向かい続けた者たちの戦いが繰り広げられていました。苦しい現実も、仮想現実であれば忘れられる。ならばせめてその「天国」のような空間で・・・という思いがあったのでしょう。例え手術で治ったとしても、その後のことを思うといたたまれない。そう絶望した男に対し、永夢たちドクターは決して未来を諦めず、立ち向かい続けていました。研修医、いわば子供だった永夢も、様々な戦いを通して一人前のドクターに、大人になったと思います。仮面ライダーとしてでも、ドクターとしてでもなく、大人としての義務を語る永夢は立派でした。
 プレイヤーとして選ばれてしまったまどかはまどかで、とある望みを叶えるために行動していました。何というか、非常に健気な子だなぁ・・・と。

 新たなゲーマー、エグゼイド・クリエイトゲーマーの活躍は、思っていたよりも早く、そして短かったです(汗。とはいえ、ガシャットを手にし、宙に絵を描きながら戦う様はカッコよかったですね。風魔もカッコいいのですが、思いのほか弱いといいますか・・・(汗。まあ、どんなに強くてもムテキゲーマーがいるわけですし・・・ぶっちゃけ最初からムテキになってれば万事解決だったのではと思わなくもないですが、そうはいかない理由が何かしらあったのかもしれません。緊急時になるまでパラドが全く姿を見せなかったのも気になるところです。単に映画を見に来た人を驚かせるためだけとは考え辛いですね・・・
 各々それなりに出番が与えられていますが、パラド、というかパラドクスの活躍はやや控えめかなぁと。クロノスとの戦いにおいて見せてくれたコンビネーションを、また見せて欲しかったです。

 最終局面においては、とある人物の野望によりゲムデウス登場!とあるガシャットの有効活用、絶体絶命の局面において駆けつけてきたタドルレガシーのカッコよさ、満を持してのハイパームテキと色々盛り上がりましたね。ゲームクリアだと呟く永夢からのエンディングの流れは、寂しさを感じてしまいました・・・


 そしてラストでは、登場人物たちのその後が描かれていました。大我とニコのコンビは本当に微笑ましく、見ていて気持ちが良いです。何だかんだでちゃんと大我の言いつけを守るニコがまた良い。
 ちょっと気になるのは永夢の言葉と仕草。もしかして消える?・・・でも普通に変身して頑張ってたし・・・何かしらあの2人の関係にも変化が訪れそうです。

 ただ命を救うだけじゃない。その人の笑顔も取り戻したい。笑顔こそが希望となり、未来へと繋がっていく。諦めずに前へと進んでいく力となる。エグゼイドのエンディングに相応しい内容だったと思います。本編最終回はどうなるんだろうなぁ・・・

コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 「宇宙戦隊キュウレンジャー... | トップ | まさかの続編? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
効果的な雨 (いけやん)
2017-08-20 12:03:44
8月8日に鑑賞しました。

永夢「未来に希望があれば人は生きていける」
親に諦められてしまったら、希望なんて持てませんよね。
だから序盤、永夢達にもきつく当たってしまったと。
そんな中でも、今回のキーパーソンであるまどかは、つい今しがたひと目しか会ったことのない父親の幸せを願った。
命の危機にさらされても家族のことを想っていたのですね。
確かに、いくら健康であっても、未来に希望がなくては生きているという実感が持てなさそうです。

綺麗事だと反論した南雲に、
永夢「子どもを笑顔にするのは大人の義務」
これは大人達に向けたセリフですね。子ども達の幸福が世界の平和に繋がる…と。
雨の中のあのシーンは「おっ」となりました。

エンディング後。描写的にパラドは人型の姿は維持できなくなるものの、永夢の中で意思は残っているのかもしれませんね。
ビルドのお披露目。
「エグゼイドの成分」をフルボトルに採取して帰って行きましたね。このエグゼイドフルボトルが使われることはあるのでしょうか。
…ありますな。「仮面ライダービルド&エグゼイド 平成ジェネレーションズ FINAL」に期待しましょう。
いけやんさんへ (アル)
2017-08-21 07:24:22
おはようございます。

)「エグゼイドの成分」をフルボトルに採取して帰って行きましたね。このエグゼイドフルボトルが使われることはあるのでしょうか。
昨日のテレビといい、緊急時に割り込んできた厄介なライダーという印象がついているのですが、大丈夫なんでしょうか・・・(汗。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2 トラックバック

トゥルーエンディング (いけやんのお部屋なの~♪(^▽^))
劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング/宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲未来に希望があれば人は生きていける。今年映画館で見る5本目の......
今日の劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング (地下室で手記)
当然こちらも同時に映画を見てきました。 映画で真のエンディングをやるという、仮面ライダー龍騎でも同じ事をやりましたが、あの頃は夏映画はまだテレビ本編では中盤という事......