ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

戦姫絶唱シンフォギア 第8話「陽だまりに翳りなく」

2012-02-25 08:03:21 | 2012年アニメ
戦姫絶唱シンフォギア 第8話「陽だまりに翳りなく」

響と未来の関係は修復せず、未来は朝早くに1人で登校。その最中、商店街の一角でクリスが倒れているのを見つけた未来。どうやらクリスはノイズと戦っていたようで。
未来の無断欠席を心配する響。その頃未来はお好み焼き屋のおばちゃんの家で、クリスを看病していた。目を覚ましたクリスの服装は何故か未来の体操着wwしかも下着の変えは無かったので・・・あの、体操着の下とかあったんじゃね?w
クリスの体を拭く未来は、クリスの体に薄く黒い斑点があるのを何も聴こうとしない。未来は自分はそういうのが苦手だと、今までの関係を壊したくないという。それは誰かと喧嘩したということかとクリス。

その喧嘩の相手の元へ、翼が励ましに来ていた。覚悟を決めたつもりが小さなことで揺らいでしまったと響。だがその小さなことが響にとっては大切で、それを大事にしていれば響は響のまま強くなれると翼は励ましてくれた。かつて、未来が同じ場所で、同じように励ましてくれた事を思い出す響。
絶唱の負荷は極大であり、まさに自分も他者も滅ぼす滅びの歌。しかし響は自分がリハビリを頑張れたのは翼の歌のおかげだと告げ、翼の歌が滅ぼすだけじゃない事を知っており、大好きだという。


クリスには友達との喧嘩が分からない。友達どころか、両親を殺されてしまい、小さい頃から誰も話を聞いてくれなかったという。理解者と思っていた人物も自分を道具のように扱っていた。喧嘩なら相手をぶっ飛ばしてどっちが強いか決めれば仲直り、というが出来ないよと未来。
未来はクリスの優しさに感謝し、もしもクリスが良いのなら友達になりたいと手を握る。だがクリスは自分はお前「たち」に酷い事をしたという。あぁ、出会ったのはほんの一瞬ですが、ちゃんと覚えてるんですね。

そんな折、商店街の付近にノイズが大量発生。出動を禁じられた翼だが、翼に人命救助を頼み、前だけ向いて戦いに挑む響。
一方でクリスは自分のせいで関係の無い人々を巻き込んだ事を悔やんでいた。したかったのはこんな事じゃない。自分のやる事はいつもいつも・・・そしてクリスは関係ない人々を巻き込まずに戦おうとするも、走ってきた後では息が整わず、ギアを纏う歌を歌えない。
その危機を救ったのは弦十郎だった。脚力でコンクリートを隆起、吹き飛ばしノイズの攻撃を防ぐ弦十郎。おまけにとんでもないジャンプ力でビルの上へ。だがそこでクリスは改めて歌いなおし、イチイバルを装着。他のやつらの救助に向かいなと、単身戦い始める。弦十郎はまたクリスを救えない事を悔やむ。


現場近くに向かっていた響は、誰かの叫び声を聞く。壊れたビルの階下に誰かいないと叫ぶと、突如タコのようなノイズの襲撃が。更にそこには未来とお好み焼き屋のおばちゃんがいた。どうやら2人はタコノイズの襲撃にあい、ここまで逃げてきたのだという。タコノイズは大きな音に反応して攻撃してくる。まともに動けない上に、ギアを纏うための歌も歌えない。このままでは何も知らないおばちゃんが目を覚まし、タコノイズに襲われてしまうかもしれない。
そこで未来は自分が囮になると携帯端末に書き込み響に伝える。陸上部の足でも何ともならない、と響は書き込むが、未来は「なら響が何とかして」という。自分の全てを預けられるのは響だけ。響に酷い事をしたが、一緒にいたい、戦いたい。1人に背負わせたくない。そして未来は囮になって走り出し、タコノイズもそれを追う。その間に響はガングニールを纏い、おばちゃんを救い未来を追う。

シンフォギアがあれば人助けが出来ると思っていた響だが、それは思い上がりだと気づいた。本当の人助けとは助ける側だけではなく、助けられる側もまた一生懸命。だから奏はあの時、自分に「生きることを諦めるな」と言った。誰かを助けたい気持ちは、決して惨事から生き残った負い目ではなく、奏から受け取った気持ち。
タコノイズに追い詰められながらも、諦めずに抵抗する未来。タコノイズの攻撃で道路が崩れ、がけ下に落下する未来。そこへ響が駆けつけ、一撃でノイズを粉砕し、更に未来を救出。

誰かの役に立ちたいという響はいつもの響だから、そこに怒っているわけではない。ただ、響が辛い事を全部背負っているのが我慢ならなかった。それは自分のわがままだが、今までと同じようには出来なかったと未来。しかしシリアスな場面なのに、互いの髪はぼさぼさでどうにもしまらない様子w端末で撮影して、互いの呪われたレベルのぼさぼさっぷりを見て笑う2人。
戦い終わって、未来も不可抗力で響の戦いの現場を見た事に。そして未来はクリスの行方も心配するが、弦十郎は負傷者報告が無い事を伝え、いずれ連絡が取れるだろうと告げる。
そしてまたいつも通り、仲良く眠る2人・・・


感想
意外と早く仲直り。まぁこのまま最終回まで仲直りできずに・・・とか泣けてくるからやめてください。人助けは一方通行ではなく、双方向。助ける側も、助けられる側も一生懸命。ギリギリまで頑張って、ギリギリまで踏ん張って、どうにもならない場面まで諦めずにもがき続ける事が大切なんでしょうね。一方で幾ら助ける力があっても、相手が諦めてしまっては救えない。「生きることを諦めるな!」奏の思いはしっかりと響に受け継がれたようです。

未来は響が全部背負っていくのが見ていられなかったとの事。自分だって戦いたい。助けられるだけではなく、助けたい。友達だから、辛い事も話して欲しかったのでしょうね。でも未来も響の思いが分かっているからこそ、自分でもどうしたら良いのか分からず、友達では「いられない」。響は未来の思いを、未来は響の思いを改めて感じ、無事、友達に戻って何よりでした。

さて今週のクリスは体操着でしたw学園生活が無いからって、こんな所で出してくるとは・・・クリスもまた誰かを救いたい、戦いをなくしたいと思っているのに、いつも戦いばかり。未来の友達の申し出も嬉しかったのでしょうけども、気づかなかったとはいえ、未来を危険にさらしてしまった事に追い目があるのでしょう。ほんの少しの間しか会っていない未来を覚えていたのは、それだけ未来の命を奪いかねなかった事を悔やんでいたのかなーと。

弦十郎が体に何か仕込んでるんじゃねーかと思いつつ、また次回。未来とクリスが友達になる日は来るのかどうか。

コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« アーバレスト ラムダ・ドライバ | トップ | デジモンクロスウォーズ 第7... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
仲直り (いけやん)
2012-02-28 19:50:46
>意外と早く仲直り。まぁこのまま最終回まで仲直りできずに・・・とか泣けてくるからやめてください。
そうですね、響と未来が仲直りできて良かったです。心のすれ違いをあまり長引かせて、最終回まで仲直りできずに終了…とか悲しすぎますからね。ホッとしました。

クリスが未来に保護されるという展開は美味しいですねぇ。しっかりフラグを立ててくれました( ̄ー ̄)ニヤリ
百合展開は大歓迎ですわ。クリスも仲間入りできればいいのですが、彼女が人間不信に陥っている以上は難しいかな…。

ところで弦十郎のおっさん。あんたいったいナニモンダ…。シンフォギアを使えたらおっさんでも戦えそうですねw
いけやんさんへ (アル)
2012-02-29 07:21:19
おはようございます。

>クリスも仲間入りできればいいのですが、彼女が人間不信に陥っている以上は難しいかな…。
そこを響と未来が何とかして仲間に・・・行くところが無いクリスを、こっそり自分達の部屋に住まわせるとか、ありそうな気がします。

>ところで弦十郎のおっさん。あんたいったいナニモンダ…。シンフォギアを使えたらおっさんでも戦えそうですねw
良い声で歌われるでしょうけども、無双しそうで怖いですw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

友達を失いたくなくて… (いけやんのお部屋なの~♪(^▽^))
戦姫絶唱シンフォギア EPISODE 8「陽だまりに翳りなく」 響の戦い。クリスの戦い。響と未来の関係はいまだに修復せず…。未来は朝早くに1人で登校。その途中、商店街の一角でノイズと戦って倒れたクリスを発見。 未来の無断欠席を心配する響。その頃、未来はお好み...