ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

仮面ライダーエグゼイド 第33話「Company再編!」

2017-05-28 08:41:59 | 仮面ライダーエグゼイド
仮面ライダーエグゼイド 第33話「Company再編!」

 バグスターの死に怯えるパラドたちのアジトに正宗が姿を現し、ラヴリカのようになりたくなければ商品価値をアピールするように告げてきた。その影響かソルティバグスターはライドプレーヤーと交戦し、そこへ永夢と飛彩が駆けつけ、加えてグラファイトも出現。大我とニコも参戦しようとするが、クロノスが現われ、仮面ライダークロニクルはライドプレーヤーが楽しむものであり、商品同士が争うものではないといい、飛彩を連れて姿を消した。
 クロノスは仮面ライダークロニクル運営のために、自らの右腕として飛彩に協力を依頼。飛彩はそれを断りブレイブ・レベル50に変身するも、クロノスの時間停止能力の前には無力。そしてクロノスは飛彩にプロトガシャットを、消えた人々の命を自分が握っていることを明らかにする。

 正宗の目的は「仮面ライダークロニクル」を全世界に広め、幻夢コーポレーションを世界一のゲーム会社にすること。人の命を懸けたゲームを広めようとしている正宗に怒りを燃やす永夢だが、正宗は消滅する人間が増えすぎないように、仮面ライダークロニクルのマスターガシャットを使い、バグスターをコントロールするという。事実、ボタン1つでバグスターを消滅させ、患者のゲーム病を治して見せた。
 永夢は仮面ライダークロニクルを力ずくでも正宗を止めることを宣言する。だが、黎斗によればクロノスはプレーヤーが手に入れる力であるため、攻略対象には入れていないという。リプログラミングの能力も時間を止められるクロノスには命中させられない。だが、ポーズが「プレーヤーがゲームを一時中断するときに使う機能」であるという点に気づいた永夢と黎斗は、一度きりの攻略法を見つけたようで・・・

 亡くなった命がコンティニューできるというのは、ドクターとして認めるべきではないと飛彩。永夢にもそれが正しいのかどうかは分からないが、それで飛彩が笑顔になるならと、永夢とポッピーは戦場に赴く。
 そして黎斗は正宗の前に自ら姿を現す。正宗が罪を受け入れたのは、「デンジャラスゾンビ」が仮面ライダークロニクルを開発する時間を与えるため。仮面ライダークロニクルの発売を中止させるべく、黎斗はゲンムに変身。対する正宗もクロノスに変身し、永夢たちの作戦がスタートする。

 ゲンムはクロノスに敗北するも、ゲンムがコンティニューする気配は無かった。続けて永夢と飛彩が変身して戦いを挑むが、ポーズの能力で時間を止められてしまう。
 だがバグスターとしてバグヴァイザーⅡの中に潜んでいた黎斗にはその能力が通じず、黎斗がクロノスの動きを止めている間にエグゼイドはリプログラミングの力を打ち込もうとする。だがそれはブレイブによって阻まれてしまった!
 正宗は労働に報酬を与えて人心を掴むことが会社経営だと語り、エグゼイドにトドメを刺して去っていった。そして「タドルファンタジー」こそ飛彩もまた姿を消し、それを見たパラドは心を躍らせており・・・?


感想
 「クロノスはプレーヤーが手に入れる力だから、攻略対象ではない」という考えはなるほどと思わされました。そんなクロノス攻略の可能性に気づいた永夢と黎斗が笑顔で通じ合う姿が微笑ましかったです。何だかんだ言って、2人ともゲームが好きなことには変わり無いですから、難解なゲームの攻略法を見つけた時は嬉しいんでしょうね。

 その方法とは黎斗がコンティニュー可能で、かつバグスターであることを利用したものでした。わざと倒されることでバグヴァイザーⅡの中に潜むことで、プレーヤーと同じ側に立つことになり、それにより「ポーズ」の能力を回避すると・・・その方法にパッと気づくことが出来た永夢もさすがですが、それを瞬時に理解する黎斗もさすがでした。
 永夢と黎斗のコンビプレーが炸裂するかと思いきや、何とブレイブが裏切るという展開に!・・・正直、予告の時点で予想できていたとはいえ、この展開は辛いですね。次回予告からすると、飛彩自身も辛いのでしょう。戦いの前、自分の笑顔のためにも頑張ると言ってくれた永夢と明日那が相手だから尚更。しかし、次回エグゼイドの前に敗北しそうな気配もあり・・・?

 そんな飛彩を引き込んだ正宗は、マスターガシャットを使うことでバグスターの消去も復活も思いのまま。いつ仲間が消されるか分からない恐怖に怯えていたパラドですが、一方でグラファイトは戦う気満々の様子。ここまでパラドが怯えているのは、永夢と感情を共有しているからでしょうか?もしくは、グラファイトは一度倒されることを経験していたわけですから、その違いでしょうか。ともかく、グラファイトがいなければパラドが立ち直るのも難しかったことでしょう。

 飛彩の異変に気づいていた大我がどう動くのか、パラドに唆された永夢はどうするのか、そして次回はレーザー復活・・・!?あ、レーザーはギリギリチャンバラ使用でお願いします。どうにもレベル5は頭部が微妙で・・・(汗。

コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 宇宙戦隊キュウレンジャー ... | トップ | キラキラ☆プリキュアアラモー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
甘い誘惑 (いけやん)
2017-05-31 10:21:38
飛彩さん、オンドゥルルラギッタンディスカー!! Σ(0W0;)ウェッ!?
…案の定、このつぶやきをする視聴者が続出。トレンド入りしました(苦笑)
13年経っても愛され続けているブレイドさんです。

檀正宗の人心掌握の手口、なかなか巧妙です。黎斗はこういう飴と鞭の使い方がヘタだったのですけど。
人類はもちろん、バグスターの生殺与奪も手中に。
前回ラブリカが殺されて以来、パラドもかなり動揺していますね。
ゲームオーバーになった人々のデータが入ったプロトガシャットを「人質」に。
弱みに付け込んで上手いこと飛彩を買収。収監されている間もいろいろ計画を練っていたんでしょうねぇ。

次回は永夢が飛彩を「切除する」と宣言! 対立は決定的でしょうか。
しかし、“あの男”が帰ってきて何とかしてくれるっぽい…?
いけやんさんへ (アル)
2017-06-01 07:32:51
おはようございます。

捕まってもいずれ釈放されるのは分かっていたでしょうから、計画を練る時間は十分にあったのでしょう。人の心を無視した黎斗、人の心を操ろうとしたラヴリカ、そして人の心を操る正宗・・・ろくな社長がいませんね(苦笑。

飛彩の「切除」は、彼の迷いを切除するといった意味合いなのかなぁ・・・と。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

4 トラックバック

仮面ライダーエグゼイド 第33話「Company再編!」 (MAGI☆の日記)
仮面ライダーエグゼイドの第33話を見ました。 第33話 Company再編! 衛生省に保管されていたプロトガシャットが何者かによって盗まれたことが判明し、プロトガシャットには飛......
今日の仮面ライダーエグゼイド 第33話 (地下室で手記)
「Company再編!」 消滅したはずの黎斗がいたりして院長はわけが分からなくなっていますが、その件はもう終わっているとややメタにスルーされてしまいます。 みんな正宗が仮面ラ......
Company再編! (いけやんのお部屋なの~♪(^▽^))
仮面ライダーエグゼイド 第33話「Company再編!」 甘い誘惑。あらすじ エグゼイド:アクションゲーマーレベル2、マキシマムゲーマーレベル99 ブレイブ:クエストゲーマーレベル2......
仮面ライダーエグゼイド 第33話 「Company再編!」 (くにづくり日記まーく99(仮))
こんばんは。 今日は、仮面ライダーエグゼイドの感想です。 今週は、ヒイロが裏切る