ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

仮面ライダー555 第49話

2020-03-23 08:04:16 | 仮面ライダーシリーズ
仮面ライダー555 第49話

 灰にまみれた幼い真理の写真。それを拾い上げた巧と三原は草加の死を悟る。更に巧は木場から草加を殺害したこと、そしてオルフェノクの王を倒せばオルフェノクは遅かれ早かれ死に至り、オルフェノクの王が覚醒すれば生き永らえることを知る。
 真理と啓太郎に草加がオルフェノクに殺されたことを告げた巧は「オルフェノクなんて滅べばいいんだよ一人残らず!・・・俺もな!」と自棄になるが・・・

感想
 「おい見ろよ、草加の血だ」と灰にまみれた手を真理に見せる巧。今更ですけど、本ッッ当にニチアサだったんですよね?(汗。しかし灰を「草加の血」と表現するあたり、「草加は人間だった」「人間としてオルフェノクに殺された」ということを強調しているようにも感じます。

 さてそんなわけで前回ラストで草加が殺され、今回は巧もオルフェノクの末路と王の真実を知り、そして次回最終回・・・早いね!?最終章三部作とかの感じで、次回で木場との決着をつけて、次々回最終回とかならまだ分かりますが、これは結構な急展開の予感。これまでじわりじわりと話を進めてきただけに、ここら辺は話が加速しているようにも感じられます。

 草加は手放しで褒められるような人間ではなかったと思いますが、それでも死んでも良い人間ではなかった。それは今回の巧たちの動揺を見ていればよく分かります。何だかんだで巧は草加のことを気にかけていましたし、三原や里奈は流星塾生の生き残りという大事な繋がりがある。啓太郎は何だかんだで草加に頼る場面もありましたし、草加に言い寄られて迷惑がっていた真理も彼の死を望んでいたわけではなく。良くも悪くも色んな人間に影響を及ぼしていた、記憶に残る人物でしたからね・・・
 真理と啓太郎に草加の死を告げつつも、「木場に殺された」とは言わずに「オルフェノクに殺された」とぼかす巧。話の切り出し方は不器用でしたが、こんな時でも少しでもショックを和らげようと木場の名前を出さないあたり、巧の優しさが伺えます。

 そんな草加殺しの張本人・木場はオルフェノクの王を守ることを決断。これに対し海堂は一度は賛同したものの、人間を守る英雄としてオルフェノクの王を倒すことを選択。滅びの道をたどると知りながらも、自分のやるべきこと、やりたいことを見つけたんでしょうね。これまであてもなくさまよい続けてきた海堂が取った選択は王を倒す道ですが、しかし照夫が王だと未だ知らない彼は本当に倒せるのでしょうか・・・

 
 王を倒そうと決断したのは北崎も同じ。北崎の場合は自身の強さの証明のためだったようですが。しかし倒したいと思っているのは北崎だけで、冴子と琢磨くんは「生存」を選択。これまでブラスターフォームやゴートオルフェノクぐらいにしか苦戦してこなかった北崎でしたが、今回は巧ファイズと三原デルタにトドメを刺される一歩手前まで追いつめられることに。
 ギリギリで耐えるあたりはさすがの強さですが、既に満身創痍。そんな彼のもとに最初に現れたのは琢磨くんでした。仲間ではなく触れてもすぐには壊れない遊び道具のように扱っていた琢磨くんから復讐されるのは、何とも皮肉というか・・・この時、琢磨くんは敢えて北崎に攻撃を当てていないように思えます。当てて痛がる姿を見て楽しむのではなく、当たっていないのに怯える北崎の姿に愉悦を感じていたんでしょうね・・・まぁ、そんな愉悦タイムも王=アークオルフェノクの登場で恐怖に変わったわけですが(汗。あんなのを見せられたらとても王を倒す気にはならないでしょうし、王が覚醒していつか自分も同じ目にということを考えると、王に付き従う気にもならないでしょう。琢磨くんはどこへ行くのやら・・・うん、まぁ何となく話には聞いてますが。

 その一連の流れを見ていた巧は、照夫にアークオルフェノクが宿っていると知り驚愕。一時はファイズに変身して手にかけようとしていましたが、如何にアークオルフェノクが潜んでいるとはいえ、照夫を攻撃することが巧に出来るはずもなく。ここら辺、草加だったら躊躇いなく殺してそうですね・・・だからこそ、木場は一番最初に草加を手にかけたのかなって。

 そこへ現れた木場カイザ。王を守る木場カイザと、王を倒そうとしても倒せない巧ファイズ。王と知らずに守ってしまっている海堂。以前のファイズならもう2話ぐらい引っ張りそうな誤解・すれ違いですが、次回最終回。まとまるのか、これ・・・

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 魔進戦隊キラメイジャー 第3... | トップ | 勇者エクスカイザー 第25話... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄い駆け足でした (いけやん)
2020-03-26 14:16:46
首を絞められつつも、三原デルタのドラゴンへの至近距離ショットが逆転のきっかけになったのが印象的です。
ダブルキックのΦとΔの記号って消せるものなんだって当時思いました(^^;
いけやんさんへ (アル)
2020-03-27 21:08:51
こんばんは。

〉首を絞められつつも、三原デルタのドラゴンへの至近距離ショットが逆転のきっかけになったのが印象的です。
ここぞという時に決めてくれるのがカッコいいですね。草加がいないことを嘆きつつもへこたれず、彼の強さを分けて欲しいと望んだ精神的な成長がうかがえます。

〉ダブルキックのΦとΔの記号って消せるものなんだって当時思いました(^^;
ローズといいドラゴンといい、破れはするものの普通のオルフェノクとは違う貫録を見せつけて散っていったなと。あの記号を消すことが生存の鍵なのでしょうか。
お久しぶりです。 (黒い人)
2020-03-28 10:27:15
木場が結花を殺されたことで人間に失望したように、
巧も草加を殺されたことでオルフェノクに失望したという一連の流れの不条理と悪意の連鎖が悲しい。
木場も巧も悩みながら立場を変えながら生きているのに対して、草加だけは一切ブレませんからね。
黒い人さんへ (アル)
2020-03-29 08:34:52
おはようございます。お久しぶりです。

〉木場も巧も悩みながら立場を変えながら生きているのに対して、草加だけは一切ブレませんからね。
巧がオルフェノクだと知ってからもその姿勢はブレませんでしたし、ある意味では一番頼れる存在だったのかもしれません。この悪意の連鎖を次回で断ち切れるのかどうか・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。