ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

「シン・ゴジラ」を見て

2016-07-29 21:22:06 | 特撮
映画「シン・ゴジラ」を見ました。

 ・・・すげぇ、すげぇよこの映画!映画中に思わず身を乗り出しているわ、お馴染みの音楽が流れた時にはめちゃくちゃテンション上がるわ、最後の最後まで気が全く抜けないわで、とにかく凄い映画でした。これに関しては前もってパンフレットを見るべきではないと強く思います。パンフレットにはご丁寧に帯までついていました(笑。

 パンフレットの表紙を堂々と飾る、今作のゴジラについてですが、私が今作のゴジラに抱いた印象は「ゴジラであって、ゴジラではない」というものでした。
 最初に上陸してきた際「このゴジラ、何でこんな風に動いているんだろう?」と疑問に感じましたが、その疑問はすぐに晴れることになりました。この映画では度々ゴジラに驚かされますが、まさか初上陸時からあんなに驚かせてくれるとは!確かに尻尾に違和感を覚えてはいましたが、あんなゴジラ、誰が予想できようか。
 
 徐々に明らかになる恐るべき生態とその能力にも度肝を抜かれます。見た目や能力を含め、人によっては「こんなのゴジラじゃない」と思われるかもしれません。それだけ、既存のゴジラとは思えぬ見た目と動きを見せてくれました。
 ただ、過去にもゴジラは空を飛んだり、従来の青い熱線とは異なる赤い熱線を吐き、心臓だけでも生き続け、カイザーギドラを宇宙まで吹っ飛ばす強力な熱線を披露したりと、予想もつかない行動をしてきました。ゴジラは、人間の予想の遥か上を行く生物です。この映画でゴジラは、ただ熱線を口から放つだけの怪獣ではないことを存分に見せ付けてくれたと、私は思います。
 題名にある「シン」からは、様々な意味合いが感じられます。従来のゴジラとは異なる「新しい」ゴジラ。「進化」の頂点に立つゴジラ。「神」のように人々に「審判」を下すゴジラ。人々の日常を「侵略」し、人々を「震撼」させるゴジラ。シンの受け取り方もまた、人それぞれでしょう。

 先のハリウッド版では、どこか超然とした存在として描かれていたゴジラですが、今回のゴジラは倒すべき敵そのもの。「恐怖」の権化として人々の前に君臨し続けます。東京の街がゴジラの侵攻によって灯りがていくシーンはゾワッとさせられます。
 上記のとおり、従来のゴジラとは異なるゴジラであるため、最後の最後まで何をしてくるのか分からないという恐怖がありました。正直、「この映画もそろそろ終わりかな」というところに差し掛かっても、一瞬も気が抜けませんでした。
 そうした恐怖がある一方で、今度のゴジラは何をしてくれるんだ!という期待もありました(苦笑。

 
 ゴジラに立ち向かう大勢の人々。登場人物が多く、台詞量も比例して多くなっているため、登場人物の名前やポジションなどを覚えるのは相当難しいと思われます。ですが名前や説明を頭に入れずとも、大体今何をしているかは何となく伝わってきました。
 時間の余裕も、過去作のように超兵器もない現実において、如何にしてゴジラを倒すかが描かれていました。劇中でゴジラやゴジラについて研究していた人は、まるで人間を試しているかのようだといった旨の台詞があります。予断を許さない危機的状況に陥りながらも、決して諦めず手を打ち続ける人々の姿は非常にかっこよかったです。人脈、技術、知識。現実の人間がもてる全てを活用してゴジラに立ち向かっていく様は緊張しっぱなしでした。

 音楽に関しては、時折エヴァっぽい音楽が流れます。それが妙にマッチしているので何ともいえぬ不思議な気分になりますね(笑。ですが、ここぞという時はまさにゴジラ!という音楽が流れます。終盤の作戦決行時は胸が震えました。本当、総動員って感じがする作戦でしたね。


 もしも「現実」に「虚構」の存在であったはずの怪獣=ゴジラが現われたらどうするか。人間がたどり着いた結論は全く予想だにしないものでした。ですが、実は以前と何ら変わりはないのかもしれません。いつ虚構だと思っていたものが現実に現われるのか、それは誰にもわかりません。シン・ゴジラの世界では、「虚構」が「現実」になり、現実として受け入れるしかなくなっていったのでしょう。人間が想像できないことが、現実に起こらないとは限らない。その恐怖を感じさせられました。

 個人的には非常に恐ろしく、そして面白い怪獣映画でした。こりゃ映像ソフトとフィギュア買わないと・・・

コメント (15)   この記事についてブログを書く
« パンフレットのタイミング | トップ | 怪獣選 »
最新の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (黒い人)
2016-08-01 23:29:47
怪獣映画としては、とても楽しめました。初代への強いリスペクトを感じます。
でも、ゴジラとは違うと、私も思います。進化のしかたとが、なんていうか、ヘドラやデストロイヤみたいな感じで、ゴジラとは思えませんでした。ミレニアムシリーズ。宇宙人のあれとか。
電車とかを使っているところを観て、庵野さんは本当に特撮が好きなんだなと思いました。後半人間ばかりが映るのは、樋口さんの影響かなとも思いました。
背中と尻尾から熱線を出したときは、ゴジラスとかデスザウラーを思い出したね。一番近いのは、バイオティラノかもしれません。
棒立ちで移動せずし、固定砲台とかすのは、ゾイドシリーズのラスボスの恒例なのです。
黒い人さんへ (アル)
2016-08-02 06:15:07
おはようございます。

)怪獣映画としては、とても楽しめました。初代への強いリスペクトを感じます。
人類の味方ではなく、徹底して恐怖の権化として描かれていましたね。

)でも、ゴジラとは違うと、私も思います。進化のしかたとが、なんていうか、ヘドラやデストロイヤみたいな感じで、ゴジラとは思えませんでした。ミレニアムシリーズ。宇宙人のあれとか。
ゴジラなんだけど、ゴジラじゃないと感じる不思議な怪獣でしたね。まだまだ進化の先があると思うと末恐ろしい存在です。

)電車とかを使っているところを観て、庵野さんは本当に特撮が好きなんだなと思いました。後半人間ばかりが映るのは、樋口さんの影響かなとも思いました。
確かに人間の出番多目ではありましたね。一暴れした後なんかは特に。まぁその一暴れが予想以上の暴れっぷりだったので、人間多目でも気になりませんでした。

)棒立ちで移動せずし、固定砲台とかすのは、ゾイドシリーズのラスボスの恒例なのです。
デスザウラーは何となく覚えていますが、個人的にはジェノザウラーがかっこよかった印象が強いですね。漫画も懐かしいです・・・
おはようございます。追記します。 (黒い人)
2016-08-03 08:41:26
私は、ブレードライガー、ストームソーダー、ジェノブレイカー、ライガーゼロイエーガーの順に好きです。
デスザウラー(終わりの魔獣)
1.古代ゾイド人が倒せずに封印するしかなかった。
2.封印中も進化していた。
3.背中の荷電粒子コンバーターから、エネルギーを得られる。霞み食べてればOK
4.荷電粒子砲は、無限に撃てるが連射は不可で溜めがいる。
5.コンバーターを守るために背中に対空兵器が充実。尻尾の先にもレーザー。
6.亜種は空も飛べる。
やはり、似ているかと。
黒い人さんへ (アル)
2016-08-04 06:24:21
おはようございます。

)私は、ブレードライガー、ストームソーダー、ジェノブレイカー、ライガーゼロイエーガーの順に好きです。
ゾイドは詳しくないですが、漫画の影響もあり、ブレードライガーの可動フィギュアは思わず欲しくなりました。あとはデススティンガーも印象に残ってます。

)デスザウラー(終わりの魔獣)
3番が恐ろしすぎるんですが・・・こうして特徴を見ていると、かなり似ていますね。あのゴジラがいきなり熱線を利用して空を飛び出したら、何ともいえない笑いが出そうですが(苦笑。
想像を超えて・・・ (もののはじめのiina)
2016-08-16 10:17:53
>ゴジラは、人間の予想の遥か上を行く生物です。
大災害は、人類の予想を超えて襲い掛かりますから、ゴジラはその象徴とみなせそうです。

きっと、鉄道マニアもこの映画を絶賛するでしょうネ。


もののはじめのiinaさんへ (アル)
2016-08-17 05:54:29
おはようございます。

)大災害は、人類の予想を超えて襲い掛かりますから、ゴジラはその象徴とみなせそうです。
ゴジラを見ていれば見ているほど、その予想を上回る動きを見せてくれたゴジラだったと思います。自然の動きをある程度は予想できても、完璧に把握するのは難しいことなんでしょうね。

)きっと、鉄道マニアもこの映画を絶賛するでしょうネ。
あの一瞬でどの電車が走っていたのかを言い当てられる方もいらっしゃるんでしょうね。
公開2日目でネタバレをくらう前に観れて本当によかったです (サード)
2016-08-19 23:03:59
最後の最後まで緊張感があって、見応えがありました。
なんというかデビルガンダムみたいなゴジラだったなぁと。
自己再生、自己進化、自己増殖や生まれ方なんか似ている点が多くて。
それと目は口ほどに物を言うと言いますけど、まさしくその通りで何かと目が印象的でしたね。

あ、ゾイドはライガー以外だとコマンドウルフ、ライトニングサイクスが好きです。
サードさんへ (アル)
2016-08-20 07:55:56
おはようございます。この作品に関しては極力ネタバレをくらいたくはないですね・・・

)最後の最後まで緊張感があって、見応えがありました。
これまで以上に、一瞬たりとも油断ならないゴジラでした。

)なんというかデビルガンダムみたいなゴジラだったなぁと。自己再生、自己進化、自己増殖や生まれ方なんか似ている点が多くて。
ゴジラの血を浴びた人がゴジラ細胞に侵食されて・・・なんてことにならなければいいのですが(汗。

)それと目は口ほどに物を言うと言いますけど、まさしくその通りで何かと目が印象的でしたね。
小さいながらもどこを見ているのか分からない、けれども何かを憎むような目は確かに印象的でした。

)あ、ゾイドはライガー以外だとコマンドウルフ、ライトニングサイクスが好きです。
どことなく可愛らしさもあるコマンドウルフと、シュッとしたかっこよさのあるライトニングサイクス、いずれもかっこいいですね。
シン・ゴジラ感想 (デューナ)
2016-08-20 17:51:59
まぁ…凄いゴジラ映画でした。
色々…過去のゴジラ映画をリスペクトしていましたね…。
使用楽曲も最高でした。
それでは…。
デューナさんへ (アル)
2016-08-20 18:52:23
こんばんは。

)まぁ…凄いゴジラ映画でした。
エンドロールの人物名も凄い数でしたね。

)色々…過去のゴジラ映画をリスペクトしていましたね…。使用楽曲も最高でした。
最後の作戦であの楽曲は反則です。個人的にはVSメカゴジラの曲が使われていたのも嬉しかったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。