ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

仮面ライダーエグゼイド 第38話「涙のperiod」

2017-07-09 08:41:58 | 仮面ライダーエグゼイド
仮面ライダーエグゼイド 第38話「涙のperiod」

 大我の手術は困難を極めるものであり、手術を確実なものとするためには飛彩の腕が必要。灰馬は院長として飛彩に連絡を取るも、その通話は途中で正宗によって阻まれてしまう。飛彩が来るはずが無い・・・そう思っていたニコたちの前に、何と飛彩が姿を現した。

 一方でパラドとグラファイトの前にはクロノスが自らパラドを絶版にするべく、姿を見せていた。グラファイトはポーズの力を封じるべく、ゲムデウスウイルスをバグヴァイザーⅡに注入するも、クロノスはエナジーアイテムの管理は自分が行うと宣言。エナジーアイテムの力で瞬く間にパラドとグラファイトを追い詰めるが、クロノスの狙いを察していた貴利矢と黎斗が駆けつけてきた!
 だが2人がかりでもクロノスには敵わない。クロノスは商品価値の無い仮面ライダーは全員絶版にすると宣言。飛彩には、わざと手術に失敗するようにつげ、大我を救えば小姫のデータは抹消すると告げていたのだ。事情を知った貴利矢はクロノスとの戦いを黎斗に任せ、急ぎ病院に駆けつける。

 事情を知ったニコは、飛彩は大我を殺して小姫を救うのではという思いから、手術を止めさせようと手術室の前で手術の中止を叫び続ける。飛彩を信じる永夢たちに説得され、何とか落ち着きを取り戻したニコだったが、永夢は小姫のデータを取り戻すべく、クロノスのもとへと走り出す。残りライフを20以上減らした黎斗に代わり、戦いに臨もうとする永夢だったが、正宗は小姫を人質に取られて変身できない。

 失敗しらずの天才外科医は初めて人の命を殺める運命を知ることになる。正宗の言葉に「お前・・それでも人間かよ」と告げる永夢。今まさにエグゼイドが絶版されそうになる中、手術を終えた飛彩が現われた。
 「俺に・・・切れないものはない」大我は飛彩の手で無事にすくわれていた。世界で一番のドクターとして、目の前で失われかけている命を見過ごすことなどしないと宣言する。飛彩は今まで自分がしてきたことは弁解の余地が無いが、許されるならと永夢に「俺と一緒に戦ってくれ」と告げる。

 そして目の前で小姫のデータは消え去った。「お前はこの世界のガン!俺が切除する!」と飛彩は涙を超えてブレイブへ、永夢もエグゼイドへと変身する!無敵のエグゼイドとレベル100のブレイブの力の前にクロノスは圧倒され、鋼鉄かでもその攻撃は防ぎきれず、遂に変身解除に追い込んだ。だが正宗はなおもしぶとく、マスターガシャットと共に行方をくらました。
 「悪いが、先に行ってくれ・・・」永夢が去った後で飛彩は変身を解き、降りしきる雨の中、誰に見られることも無く涙を流し続けるのだった・・・
 
 目を覚ました大我に飛彩は「花家先生、あなたに対する今までの非礼、心からお詫びします」と告げ、対する大我も飛彩を命の恩人だと感謝する。飛彩もCRに戻り、病室には明るい笑い声が響くのだった・・・


感想 
 涙のperiod。飛彩は世界で一番のドクターとして、正宗との悪魔の契約を断ち切ってみせました。

 大我を救えば小姫の命は無い。命の管理者を名乗る正宗は、その命を人質に飛彩はおろか、永夢の変身までも管理していました。どこまでも卑劣な正宗でしたが、対する飛彩は鏡飛彩個人ではなく、世界で一番のドクターである鏡飛彩として、目の前の命を救うことを選択しました。そこに至るまでに、どれほどの葛藤があったのかはわかりません。
 それでも、小姫が飛彩に願った「世界で一番のドクター」は、目の前で失われかけている命を見捨てるような存在ではないはず。例えそれで救われて復活を果たしたとしても、小姫は喜ばなかったかもしれません。

 飛彩は涙を超えて、許されるのならばと永夢に共に戦って欲しいと頼み、撃破には至らなかったものの、クロノスを撤退を追い込むことに成功しました。そして永夢が変身を解除したのに対し、飛彩は永夢が立ち去るまでブレイブのままでい続けました。背中のブレイブLV1の、瞳の無い顔が何とも哀愁を誘います。顔は見えずとも、その立ち振る舞いだけで如何に飛彩が悲しみにくれているかが伝わってきました。
 変身を解いたのは周りに誰もいなくなった後。仮面の下に涙を隠し、涙を超えて戦う。涙を流すのは誰もいない時。人前では泣かない・・・かっこよくもあり、寂しさが残る決着でしたね・・・この描写は素晴らしかったです。

 無事に治療された大我を、飛彩は初めて「花家先生」と呼びました。これまでの言葉を思い返しても、大我は飛彩の心を救おうとしていたようにも思えます。手術中に改めて大我がしてきてくれたことへの感謝が蘇ってきたのでしょうね。最初は仲が悪く、コンビネーションもイマイチだったエグゼイド、ブレイブ、スナイプ、レーザーの4人がようやく真に手を取り、共に共通の敵に立ち向かっていけることでしょう。

 ライフを20以上減らしてまでクロノスをパラドクスの元へと向かわせまいとしていた黎斗や、共に戦った貴利矢もまたかっこよかったです。これもドラゴナイトハンターZの時に目指した、チーム医療と言えるかもしれません。

 飛彩は戻ってきましたが、今度はニコがゲムデウスのゲーム病を発症?となるとパラドクスを倒さねばならず、しかしそうなれば永夢の変身能力は失われ・・・どうする、どうなるエグゼイド。

コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 宇宙戦隊キュウレンジャー ... | トップ | キラキラ☆プリキュアアラモー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
別離と和解 (いけやん)
2017-07-09 13:59:01
「お前それでも人間か!」
正宗による非道な要求。飛彩はそれに屈してしまうのか…。
しかし寸でのところで踏みとどまった飛彩。大我の手術は成功!
ある程度予想通りの展開ではありましたが、それでも飛彩の凄まじい心の葛藤が伝わってきました。

…エグゼイドと共にクロノスを退けた後、すぐに変身解除しなかったのは…仮面の下で泣いていたから。
ここの演出が凄く良かったです。
雨の中で号泣する飛彩に、なんか見ているこっちも涙が浮かんできちゃいました(´;ω;`)

「花家先生」呼びも感慨深い。
大我にこれまでの非礼を謝罪。事情を悟った大我も素直に感謝。
初期の頃からくすぶっていた2人の確執。ようやく和解に至りましたね。

ムテキゲーマーの登場以降、正宗の余裕が失われつつありますね。徐々にコモノ化。
今回はムテキゲーマーとタドルレガシーのダブルライダーキックを食らって遁走。さらにコモノ化(苦笑)
しかしそれでも冷静に外道な悪知恵を働かせる辺り、油断ならない難敵に違いないですね。
いかにムテキゲーマー自体が最強であろうと、状況を上手く操作して変身を封じるとは。

次回は永夢の変身能力を奪うため、正宗が再びパラドを強襲!
さらにニコがよりにもよってゲムデウスに感染!?
でもゲムデウスはまだ戦場に引きずり出してすらいないんですよね(汗)
しかもパラドを倒さなくちゃならない。それは永夢の変身能力が失われることを意味する。
…どのみちゲムデウスを倒せる人がいなくなる? ムリゲーじゃないですか(滝汗)
いけやんさんへ (アル)
2017-07-10 07:17:14
おはようございます。

)しかしそれでも冷静に外道な悪知恵を働かせる辺り、油断ならない難敵に違いないですね。
戦力的にはもう勝てる相手なんでしょうけども、上手いこと逃げおおせていますね。そのうち、仮面ライダーを倒さなければ人々の命も失われるとか言い出しそうです。

)…どのみちゲムデウスを倒せる人がいなくなる? ムリゲーじゃないですか(滝汗)
絶体絶命の状況を如何にして突破するか、見物ですね。ドレミファビートのように、パーフェクトノックアウトもパラドを倒さなくてもクリアできるゲームであれば良いのですが・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

3 トラックバック

今日の仮面ライダーエグゼイド 第38話 (地下室で手記)
「涙のperiod」 瀕死の重傷で病院まで運び込まれた大我。 手術室に運び込まれたものの、あまりの容体に飛彩でなければ成功できないという空気になります。 大我を心配するニコ......
涙のperiod (いけやんのお部屋なの~♪(^▽^))
仮面ライダーエグゼイド 第38話「涙のperiod」別離と和解。
仮面ライダーエグゼイド 第38話「涙のperiod」 (MAGI☆の日記)
仮面ライダーエグゼイドの第38話を見ました。 第38話 涙のperiod 瀕死の重傷を負って聖都大学附属病院に運び込まれた大我は緊急手術が必要となり、天才外科医・飛彩が執刀す......