ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

機界戦隊ゼンカイジャー 第29話「王子のねらい、知ってるかい?」

2021-09-26 18:44:51 | 機界戦隊ゼンカイジャー
機界戦隊ゼンカイジャー 第29話「王子のねらい、知ってるかい?」

 ゾックス役の増子さんは「テニスの王子様」のミュージカル出演者。ステイシーは王子。今回の敵はテニスワルド。そりゃ「テニスの王子様」ネタだらけになるというものです。あ、でもダイテニスワルドの断末魔は「エースをねらえ!」からでした。余談ですが、「エースをねらえ!」と「アタック№1」が混ざるのは私だけでしょうか。

 さてそんなわけでテニスワルドによって、ヤツデを始めとした人々はテニスのボールにされてしまい、テニスワルドにダメージを与えるにはテニスで勝つしかない!ということで、テニス漫画を読んでやってみたら意外と向いていたゾックスに教えを乞うことに…
 が、ゾックスが読んだ漫画は彼に「テニスは格闘技だろ」と言わせてしまうほどの漫画だった模様。というわけで、ここから数えきれないほどの「テニスの王子様」ネタが挟まってきます(笑。一応初代は全巻読みましたが、だいぶ前のことなので、ネタを拾おうにも拾い切れず…
 しかし、そんな私でも「全力全開の極み」「フリントの特製ドリンク」「俺様の妙技に酔っちゃいな」「1人で分身してダブルス」「油断せず行こう!」「リズムにのるぜ!」「お前の五感、奪ってやる」「どんどんいくよ」「まだまだテニス」が「テニスの王子様」由来だってことは分かりました!…いや改めて考えると、五感奪うテニスって何それ怖い…

 また、調べてみるとゾックスが発した「基本に忠実なパーフェクトなテニス」は、ゾックス役の増子さんが「テニスの王子様」のミュージカルで演じられた白石蔵之介のことだそうで…もう一言一句がテニプリネタなんじゃないかと思ってしまいますね(苦笑。

 とまぁ、そんなテニスネタを仕込むことに全力全開な話でしたが、何気にスーパーツーカイザーとゼンカイジュウオーが敗北するという危機的状況でもありました。ルールの強制って強いですね…サトシがいなければ危なかった…


 そしてひとしきり笑った後、急にぶち込まれるシリアス。新たな敵・ハカイザーとは一体何者なのか。そしてアカレンジャーからゼンカイザーまでの顔が描かれたスーパー戦隊版ケータッチみたいな武器は一体何なのか…

コメント   この記事についてブログを書く
« 仮面ライダーリバイス 第4話... | トップ | ウマ娘  プリティーダービー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。