ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

ウルトラマンコスモス 第31話「ゴンを救え」

2021-09-01 06:33:53 | ウルトラシリーズ
ウルトラマンコスモス 第31話「ゴンを救え」

 前回、エクリプスモードにパワーアップしてリドリアスを救い、カオスヘッダー・メビュートを撃破したムサシとコスモス。しかしこの時点ではエクリプスモードへの変身は「奇跡」。今回は改めてエクリプスモードになるために必要なもの、大事なことは何かを考える回となっており、この回も含めてようやくエクリプスにまつわる話が一段落したとも捉えられます。

 ムサシがコスモスに変身すると知ってか、カオスヘッダーはムサシを襲撃。それをかばったゴンがカオスクレバーゴンへと変貌し、自動車を体内に取り込み始める…という行為は、元となったクレージーゴンそのものですね。また、決着が力技ではなく、一点集中にかけたという点も共通しているかと。

 ムサシはゴンを救うべくコスモスに変身しようとするも、「今の君に、友達は打てない」と告げて変身を拒絶。この時点ではカオスヘッダーがどこに取り付いているかも分かりませんし、取り除く際に注意しなければならないことも分かっていません。加えてムサシはエクリプスモードという奇跡を体現したこともあってか、コスモスなら救える!と、コスモスの「力」に頼り過ぎているようにも感じられました。
 しかし大事なのは「信頼と勇気」。カワヤ医師が教えてくれたように、患者の医師への信頼、医師が患者を手術する勇気の両方が必要。過去の失敗談をムサシを励ますために話してくれるカワヤ医師、めっちゃ良い人ですね…ムサシに冷たくあたられても怒ったりしませんでしたし…気の多さを除けば人格者だよなぁ…(笑。

 そんな信頼と勇気を胸に、ムサシとコスモスは再びエクリプスモードに変身。前回のパワフルな戦闘から一転、静かに緊迫感が漂っていました。
 前回のコズミューム光線はコスモスが放ったもの、今回のはムサシが放ったものと捉えることも出来るように思えます。コスモスに頼りきりではなく、ムサシ自身も信頼と勇気を胸に怪獣保護にあたらなければならない。それぞれがコズミューム光線を放てるようになったことで、真にエクリプスモードは完成を見たのでしょう。

 次回はゴルメデβ登場。
コメント