ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第33話「新たなる刺客」

2019-11-10 10:00:34 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
騎士竜戦隊リュウソウジャー 第33話「新たなる刺客」

 かつては自分が嫌いで、選ばれる・選ばれないばかり気にしていたナダ。そんな彼の悩みをどうでもいい、と気づかせてくれたコウたちにナダは感謝していた。
 仲良く卓球勝負に熱くなっていたコウたちだったが、そこへドルイドンの新たな刺客・ウデンが出現。バンバとナダを除く5人は異空間に囚われ、異空間内のウデンに繰り出した技と力を吸収されていく。

 バンバはリュウソウブラックに、そしてナダはガイソーグに変身し、現実世界のウデンに勝負を挑むが・・・

感想
 ドルイドンに新幹部が登場する一方で、のっけから全力の卓球勝負を始めるリュウソウジャー。唐突に出てきてあっという間に消えるセトー。この差は一体・・・かと思えば、この賑やかさが後々響いてくる第33話。


 さて今回はドルイドンの新幹部・ウデンが登場。そういえば未だにドルイドンの幹部勢で倒せたのって、タンクジョウだけなんですよね。ワイズルーも意外と長く生きてますし、ガチレウスも負け続きとはいえ、復活するため顕在と。如何にして決着をつけるのか。

 ようやく「不屈の騎士」を名乗れたナダ。変身前後の口上も名乗れて嬉しそうでしたが、そんな彼とは今回で別れることに・・・ガイソーグの呪いではなく、身を挺して仲間を救おうとしたが故の死。
 この時、コウはただただナダの最期を看取っていました。いつも賑やかなコウなだけに、声も上げず、グッと涙を堪え、ナダの一言一句を聞き逃すまいと見送る様がとても印象的でした。

 そしてウデンを凄まじい迫力で睨んだ直後、ナダのソウルと一つになったマックスリュウソウレッドに変身!これまでの強竜装とは打って変わって、全身に鎧を身に纏う、まるでガイソーグのような変身方法であり、赤い鎧にもガイソーグの意匠が残っているように感じました。
 激しい戦いながらも「エバーラスティングクロー・・・!」と静かに怒りと技をぶつけるコウが凄まじくカッコよかったですね・・・
 
 「死んだ仲間の力(鎧)でパワーアップ」はアームドティラノを、「名前にマックスが入る」点ではアバレマックスを、「複数の力を同時に発現できる」点ではキョウリュウレッド・カーニバルを彷彿とさせるマックスリュウソウレッド。誕生までのドラマ、劇中の活躍、恐竜戦隊のパワーアップ要素てんこ盛り感と、どれをとっても非常にカッコいい強化形態になりましたね。


 その後のナダからのビデオメッセージを、静かに聞き入るのが良い・・・ナダも自身の死を覚悟していたのではなく、修行の旅に出るつもりで残していた、というのがまた寂しさを増します。強敵に勝った余韻などどこにも感じられません。あるのはただナダがいない、という喪失感だけ。
 ・・・とまぁ、序盤の卓球があまりにも楽しそうだったがために、より一層ラストの別れが染み入る回となりましたね。沈みゆく夕陽に向かい、無言で剣をあわせる6人の姿が最高な第33話でした。最後の提供横の柱も、ナダへのメッセージになっているのが良いですねぇ・・・

 
 ウデンこそ倒せたものの、今後はプリシャスという幹部も来訪する様子・・・かと思いきや、次回早速登場。宇宙凶竜というワードだけでヤベーヤツだと感じるのは間違いなくゼットンのせい。
コメント (2)

仮面ライダーゼロワン 第10話「オレは俳優、大和田伸也」

2019-11-10 09:32:33 | 仮面ライダーゼロワン
仮面ライダーゼロワン 第10話「オレは俳優、大和田伸也」

 ハリウッドで演技をラーニングをした初の俳優ヒューマギア・松田エンジと、大和田伸也が共演するドラマ「義理人情刑事ギリィ」。
 或人と福添もエキストラ役でドラマの撮影に臨むが、そこへ滅亡迅雷.netが襲撃してきた。警護に当たっていた諫、そして駆けつけた唯阿が対応する中、或人も戦おうとするが撮影中だと止められてしまう。

 滅亡迅雷.netはA.I.M.Sが追い払ってくれたが、大和田伸也は俳優ヒューマギアから人間が見えてこない、無理があるのではと感じ始める。そんな彼に師事を扇ぐべく暗殺ヒューマギアが近づき・・・

 

感想
 沢山のプログライズキーが映った瞬間、今後の販売展開に怯えた親御さんはどれくらいいらっしゃるのでしょうか・・・

 さて今回は・・・或人にジェスチャーで滅亡迅雷襲撃を報告するイズちゃんが超絶可愛かった回ですね!・・・いやもう本当毎回毎回可愛いのずるいって・・・

 それはそれとして、今回は大和田伸也さんが御本人役で出演。俳優ヒューマギアを「台詞を忘れない」と評価する一方で、「人間が見えてこない」と演技の限界を指摘していました。体の動かし方、声の強弱までは学べても、感情の込め方や突然のアドリブまでには対応できないようで。
 しかし暗殺ヒューマギアはそれに対応し、大和田伸也さんも気に入った様子。自我が目覚めたヒューマギアであれば人間が見えてくる・・・ということでしょうか。

 そして暗殺ヒューマギアとは知らず、暗殺くんに演技指導。今でこそ暗殺を任務にしていますが、アドリブにも対応できるところを考えると、彼こそ俳優ヒューマギアに相応しいのかもしれませんね。

 不破らA.I.M.Sの任務はヒューマギアの監視、一方で唯阿は飛電を陥れることが目的でもあるとのこと。そこには天津垓率いる「ZAIA(ザイア)」という団体が関わっているようで、ZAIAはまだまだ多数のプログライズキーを所持したり、飛電インテリジェンス崩壊を企んでいる様子。
 何故唯阿はZAIAに力を貸しているのか。A.I.M.S入社とZAIAへの協力、どちらが先なのか。いずれ諫と戦わなければならない状況とは何か・・・謎が残る唯阿に対し「その時は・・・俺が勝つ」と返す諫がカッコよかったですね。いずれ敵になるかもしれないとしても、戦わなければならない時は戦い、助けたいと思ったら戦う。ヒューマギアを信じ続ける或人のように、諫も自分の心に真っ直ぐなところが良いですね。

 しかしドラマは暗礁に乗り上げることに。果たして大和田伸也さんを納得させるドラマが、演技が出来るのかどうか・・・

 そして今年のプレミアム前売り券はガトリングヘッジホッグプログライズキーですか・・・今回初使用となりましたが、まだまだ出番はある感じですかね?
コメント (1)

スター☆トゥインクルプリキュア 第39話「えれな大ピンチ!テンジョウ先生のワナ!」

2019-11-10 08:59:23 | スター☆トゥインクルプリキュア
スター☆トゥインクルプリキュア 第39話「えれな大ピンチ!テンジョウ先生のワナ!」

 晴れてトゥインクルイマジネーションを手に入れたユニだが、スタープリンセスによれば、トゥインクルイマジネーションは5人それぞれが新たな宇宙を見つけた時に生まれるものだという。

 それぞれがトゥインクルイマジネーションを見つけようと決意する中、テンジョウはひかるたちの学校に英語教師ジョー・テングに化けて潜入。変身前のひかるたちからフワを奪おうと画策する。
 折しも学校では英語のスピーチコンテストの出場者として、えれなが選ばれていた。えれなはジョーがテンジョウだと気づかずに親しみを覚えるが、テンジョウはえれなの笑顔が気に食わず・・・


感想
 あの、スタープリンセス。トゥインクルイマジネーションが何なのか知っていたのでしょうか・・・であれば32話の時点で教えていただければと・・・まぁ今回ユニが入手したことで何なのか判明した可能性もありますし、「ユニは新しい宇宙を見つけるため=トゥインクルイマジネーションを手に入れるために、アイワーンに謝った」と解釈されるのも何ですしね・・・

 
 ハロウィンではララとカッパード、前回はユニとアイワーン、今回はえれなとテンジョウが絡むことに。
 フワを奪うことが目的だったはずが、えれなの笑顔を消し去るために、スピーチでは過去の辛い体験を語るように誘導。その指示どおりえれなのスピーチは哀しく寂しいものに・・・なるかと思いきや、過去の辛い体験を経たからこそ、気づけたことがあると語りだすえれな。
 他と違うことに悩んだえれなですが、人と違うのはハーフであるえれなだけではない。1人1人違い、それぞれに素敵な個性がある。えれなが笑顔でいると、笑顔の輪が広がっていく・・・と。どうしてもハーフであることが目立ちがちですが、えれなに限らずひかるだってまどかだって、えれなとは違う存在。「誰だって他と違う」という解釈は「みんな違って、みんな良い」という懐かしの詩を思い出しますね。

 「笑顔が人と人を繋げる」と語るえれなに対し、「笑顔なんかで人と人は繋がれない」とテンジョウ。どうやら過去、自分の星では同じ笑顔でも他人を嘲笑するかのような笑顔を見てきたようですね。そんな笑顔で人と人が繋がるはずもなく・・・それでもえれなはテンジョウのおかげで今回のスピーチが出来たと感謝。この2人が今後どう繋がっていくのか、楽しみですね。
 ララとカッパードは「違う種族との交流を楽しめるか否か」、えれなとテンジョウは「笑顔で人は繋がれるか否か」で対立している間柄。となると、まどかはガルオウガ、ひかるはダークネストと対立する感じですかね。

 校長、ノットレイ化してからしばらく放置だったのか・・・とも感じたところで、また次回。ララやプルンス、フワの存在が有能すぎる近所の住人による情報提供によりばれてしまった模様。みんなを助けるために正体を明かす展開に・・・?良いひかるとララの絡みが見られそうですね・・・


 ところで、えれなのスピーチを聞いてひかるたちは心配そうな顔をしていましたが、まどかはともかくひかるとララは分かっていたのか、ちょっと不安なところも(汗。もしかするとペンダントの力で理解出来ていたり?
コメント