ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第29話「カナロの結婚」

2019-10-06 09:59:35 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
騎士竜戦隊リュウソウジャー 第29話「カナロの結婚」

 かつてないほどビリっと来た女性・優衣との結婚を考えるカナロ。だが結婚には「危険なことはしない」ことが条件だった。リュウソウジャーとしての使命との狭間で思い悩むカナロに、ナダは「リュウソウジャーをやめたらいい」と告げる。

 そんな中、ゴミを食べ、攻撃を受けると毒ガスを撒き散らすポルターガイストマイナソーが出現。現場に駆けつけたカナロだが、優衣との約束を思い出したカナロの手は止まってしまい・・・


感想
 前回のアスナのドッシンソウル、今回のバンバのメラメラソウルと、サラッと強竜装を使いこなしている2人ですが、いつの間にか該当する騎士竜に認められたってことなんでしょうか。まぁ一緒に戦ってますし、認めない理由も無いでしょうしね。


 さて、序盤のコウとバンバの戦いながらの変身から始まり、全体的にスタイリッシュだった今回。
 
 カナロがビリっと来た女性・優衣の父は警察官。怪我をして帰ってくることもあったため、結婚の条件として「危険なことはしない」という条件を出していたと・・・
 にしても、キャラではなく役者さんの話になりますが、お若いですねぇ、山本ひかるさん・・・仮面ライダーWで鳴海亜樹子を演じられていた時は10代だったとは。冒頭手にしていた緑のスリッパはまんま所長でしたし、「父親が危ない仕事についていた」というのは、父であり探偵であり仮面ライダーでもあった鳴海荘吉や、夫となる警察官であり仮面ライダーでもある照井竜を彷彿とさせる設定です。

 敵のポルターガイストマイナソーは、ゴミとして捨てられた人形から生み出されたマイナソー。その人形をも取り込んでしまっているがために、元を断つことも出来ない。下手に攻撃をすれば毒ガスがばら撒かれるだけ。
 成す術無く巨大化を許してしまった相手を前に、何とすげぇ久々にキシリュウオートリケーンが登場!毒ガスを考慮して、ノビソウルで遠距離攻撃も可能な形態を選んだ、ということでしょうか。活躍こそ僅かでしたが、登場してくれたのは嬉しいですね。色々難しいとは思いますが、もっと劇中でも竜装ジョイントを活用して欲しいなーと。


 人々と仲間の危機にカナロ復活!ポルターガイストマイナソーの正体も、ゴミじゃないのにゴミとして捨てられたものの悲しみから生まれたマイナソーとのこと。
 ポルターガイストマイナソーはキシリュウオーパキガルーで、毒ガスはCMを挟んだので何かやべぇ事態になるかと思ったら、あっさり初戦と同じくクラヤミソウルで解決。必殺技はカッコいいですが、何かもう一つ欲しかったところですね。

 優衣が悲しんだり心配しなくて良い世界を創るために、戦うことを決意したカナロがかっこよかったところでまた次回・・・と行きたいところですが、最後に今のガイソーグがナダであることが発覚したり、オトからメルトくんにピーたんなる存在が預けられたりと、急展開を見せるリュウソウジャー。

 果たしてナダはこのまま7人目のリュウソウジャーになれるのか。ガイソーグはどうなるのか。水色の卵は誰が孵すのか。次回「打倒!高スペック」・・・「高スペック」と「コウのスペック」をかけたタイトルかな。
コメント

仮面ライダーゼロワン 第6話「アナタの声が聞きたい」

2019-10-06 09:32:19 | 仮面ライダーゼロワン
仮面ライダーゼロワン 第6話「アナタの声が聞きたい」

 声優ヒューマギア・香菜澤セイネが所属する事務所の多澤社長は、人工知能特別法違反の容疑がかけられていた。それは本人の許可無く本人に酷似したヒューマギアを作成してはいけないというもの。事実、セイネは3年前に亡くなった多澤の娘・すみれにそっくりだった。

 と、そこへ或人のプログライズキーを狙って、迅とオニコマギアが出現。迅はフライングファルコンキーを奪うことに成功し、セイネをもマギア化させようとするが、多澤の「セイネは私の子供なんだ!」という言葉に動揺し・・・


感想
 OPクレジットでセイネに関するネタバレしてましたね・・・いや、OP終わってすぐにバレたから問題無いっちゃ無いですけど。

 さて今回は声優ヒューマギアのセイネが登場。女性型のヒューマギアなので、女性の声だけかと思いきや、男性や動物の声だって自由自在に出せる模様。1人で何役もこなす方はいらっしゃいますし、仮面ライダーシリーズだとゴーストで関智一さんが英雄ゴーストの声をお一人で担当されていましたね。さすがに卑弥呼は女性声優さんでも良かったんじゃないかと思いましたが(汗。

 多澤社長は、声優として売れ出していたものの、闘病の末に亡くなった娘・すみれに似せたヒューマギア・セイネを娘のように可愛がっていたようで。しかしそれは人工知能特別法違反。故人とはいえ、本人の許可無く酷似したヒューマギアを作成してはならない・・・となると、或人の父・其雄は亡くなる前に自分に似せたヒューマギアに或人を託したってことなんでしょうかね。
 ・・・いや、うん、亡くなった声優さんに似せた声優ヒューマギアね・・・うん・・・本当に・・・
 
 
 多澤社長は罰を受けることを覚悟していたため、或人はせめて3日後のオーディションまで待って欲しいと依頼。しかしそのオーディションの最中、突如「すみれ」としての人格と思しき発言が見られました。もしかして声優ヒューマギアとして活躍させる前は「セイネ」ではなく「すみれ」として暮らしていたのかもしれませんね・・・

 マギア化しかけていても、必死にセイネを守ろうとした多澤社長。その姿と「親が子供を守るのは当たり前のこと」「子供のためなら死んでも構わない。そう思うのが親なんだよ!」という或人の言葉に動揺した迅は、何と自らセイネのマギア化を解除しようとしていました。ただ、迅の手でも外せなかったところを見ると、一度マギア化した(しかけた)ヒューマギアを元に戻す方法は、ヒューマギア自身に余程強い自我が無い限り、無理そうですね・・・

 セイネはガエルマギアに変貌。続けて現れた滅により、迅も「親離れには早い」と仮面ライダー迅・フライングファルコンへと変身させられる羽目に。どうやら迅は滅に作られたヒューマギアであり、故に「親子」と呼んでいたものの、迅にそこまで繊細な「親子」の定義は理解できず。
 戦いが終わった後、迅は何事も無かったかのように滅に懐いていましたが、変身した際にプログラムか何かを書き換えられたんでしょうか・・・そして迅はヒューマギアだけど、滅は人間・・・?

 
 仮面ライダー迅の強さには或人も敵わず、ガエルマギアと化したセイネを自らの手で止めることも敵わず。それでも事件は一応の解決を見ることとなり、多澤社長はすみれの声と会話できるだけで満足な模様。それはそれで複雑なところがありますが、気持ちは分からんでもないところが何とも・・・


 毎週イズちゃんの可愛さが上がっている気がしたところで、また次回。ギャグの説明をしなくなったあたり、彼女も学習しているんですね。
コメント

スター☆トゥインクルプリキュア 第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」

2019-10-06 08:59:34 | スター☆トゥインクルプリキュア
スター☆トゥインクルプリキュア 第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」

 観星中では、まどかの次の生徒会長を決める時期がやってきた。まどかは立候補者が誰もいないことを残念に思っていたが、他の星々からの修学旅行や学校間交流を提案したひかるに、立候補して欲しいと依頼。
 しかしガツガツしては印象が悪いと立候補を控えていた桜子も名乗りを挙げ、2人は選挙で争うことに。

 ひかるはまどかみたいになろうと頑張るが、家族からは夢中になっているかと心配され・・・


感想
 地球の猫と会話しているっぽいユニ。そこら辺が描かれる機会はあるんでしょうか・・・

 さて今回は生徒会長選挙の話。ひかるの柔軟な発想や、何やかんやでプリキュアをまとめているリーダーシップに注目したまどかでしたが、ひかるは張り切りすぎるがあまり自分らしさを忘れ、まどかのやっていることを踏襲することに重点を置いてしまっていました。
 まどかのやり方に正しいところはあるでしょうし、それを見習うのは良いと思いますが、それでひかるらしさを忘れてしまっては、誰よりもひかる自身が「夢中」になったり、楽しさを感じられないでしょう。イマジネーションの大切さを知るひかるが、イマジネーションを忘れてしまっては、プリキュアの活動にも支障が出ていたかもしれませんね。

 一方で桜子の部屋の開設、お茶会実施など、パッと見生徒会の私物化とも取れる公約を掲げていた桜子ですが、実際には生徒の話を聴く場を設けようとしていたり、生徒会であっても部活のように楽しい場にしようとしたり、学校のあちこちを見回って修理が必要な箇所を調べていたりと、周りのことをよく見ている、他人を大事に思っている人物であることが明らかに。
 桜子自身、それを心のうちに閉まっていたがために、理解してもらえない相手もいました。言わなくても意図は伝わると思っていたのかどうかは定かではありませんが、相手に自分を知ってもらうことの大切さは、桜子側でも描かれていましたね。

 相手のことを知り、自分のことを相手にも知ってもらう。そうすることでキラやばな何かが生まれる・・・その思いが高まった時、トゥインクルイマジネーションと思しき力が発現しました。あれはひかるの中にだけあるものか、はたまた次回以降ユニたちにも発現するのか・・・

 桜子は金星、そしてひかるは銀河。銀河は広く、想像がつかない、何があるか分からない。だから楽しい。そんな存在であり続けるように、という桜子なりの激励でしょうか。

 今回初めてテレビで披露される歌とダンスを、どうやって一緒に踊れば良いんだと思いつつ、また次回。次回はブルーキャット再び。
コメント