ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 第49話(4期10話)

2019-06-04 22:20:09 | アイマスシンデレラガールズ(アニメ)
アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 第49話(4期10話/CLIMAX SEASON 10話)


・暴走!?天然メイド(劇場第254話)
 ケーキ作りで慣れているからと、プロデューサーのオムライスにハートを描こうとする十時愛梨。神谷奈緒と小早川紗枝はケチャップと生クリームを間違えないかと心配するが・・・

・薔薇の使い方(劇場第892話)
 ローズガーデンにて、高垣楓、椎名法子、大槻唯の3人は薔薇の使い道について談笑し・・・

・メイドの真髄(オリジナル)
 メイド衣装に身を包む木村夏樹と多田李衣菜。李衣菜はロックなメイドをやろうとするが、そんな彼女に安部菜々はアドバイスをし・・・


感想
 今回はメイドにまつわる3本・・・最近ボイス付きでノーマル(レア)特訓後でメイド衣装に身を包む、白雪千夜ってアイドルもいるんですが、彼女はいずこ・・・

 さてまずは愛梨の天然が炸裂した劇場から。生クリームでオムライスにハートを描いてしまった愛梨と、それを美味しく?いただいたプロデューサー。実際、食べられないこともない気がしないでもないですが、イチゴパスタが上手そうに思えるかと言われると微妙なところで・・・うーむ。

 続いてメイドの楓さんたちの劇場。公開は2017年4月30日。この年に楓さんが6代目シンデレラガールになったんでしたね。アニメだと楓さんが得意のダジャレで上手く締めた風になってますが、元の劇場だとツッコミ不在の恐怖が描かれています(苦笑。

 最後はオリジナル。メイドといえば菜々さん!メイドとしてのあり方を説く菜々さんには、さすがという風格が漂っていました。お馴染みのセルフツッコミも手馴れたものです(笑。ロックな菜々さんと、いつものウサミンが見られる劇場でしたね。
 また、珍しく髪を下ろした夏樹もまたいいものです。水着姿でもカッコいいという印象がある夏樹ですが、衣装が変わればセクシーなイメージに変わるんだなぁと。
 李衣菜のメイドは新鮮でした。髪を下ろした夏樹と一緒だと、姉妹に見えないこともない。
 そういえば夏樹が李衣菜に菜々さんの生き方を「ロック」だと表現していましたが、デレステの1コマ劇場でも輝子を交えてロックとは何かを説いていましたね・・・


 そんなこんなでまた次回。そろそろ最終回が近づいてきましたが、ボイス付き新アイドルたちの出番はあるのだろうか・・・
コメント

電光超人グリッドマン 第9話「悪魔の洗脳作戦」

2019-06-04 07:38:50 | 電光超人グリッドマン
電光超人グリッドマン 第9話「悪魔の洗脳作戦」(忍者怪獣シノビラー登場)

 成績が下がった直人と一平は、塾の先生からそろそろ真剣に将来のことを考えてみてはと提案される。同じ塾に通うゆかや松岡優作、永村美奈子が将来の目標を見据ていることに触発された2人は、ゆかの指導のもと勉強に励むことに。
 一方その頃、同じく成績が下がった武史は、塾のコンピューターに忍者怪獣シノビラーを送り込み、自分より成績の良い生徒たちを悪の道に引きずり込もうとしており・・・


感想
 今回からサブタイトルと怪獣名にナレーションがつき、加えてグリッドマンも「バリアシールド!」「プラズマブレード!」と、グリッドビームやグリッドマンソード以外の武器名を叫ぶようになりました。
 
 さて今回は成績上位者を蹴落とそうとする武史の策略により、塾のコンピューターが狙われることに。カーンデジファーはこれを「教育を混乱させるため」と受け取ったようですが、武史にしてみれば「自分より成績が上の人間が落ちれば良い」ぐらいに思っていたのかなと。武史の成績も十二分に良い成績だとは思うのですが、それ以上にゆかの成績が良いことにも驚きです。

 シノビラーの手に落ちた塾の講師や生徒たちは悪の道を歩み始めてしまうことに。漫画の万引きや小学生からのカツアゲなどに手を染めていながらも「塾に行かなくちゃいけない」と口走る様からは、歪さが滲み出していましたね。
 にしても、今回は塾のパソコンを通じて関係者を洗脳していましたが、同時にテレビCMで塾の宣伝をして更に洗脳対象を増やそうと画策していました・・・だったらテレビを通じて洗脳した方が早いのではと思ってしまったのは私だけでしょうか(汗。

 そのシノビラーですが、技は忍者怪獣の名に相応しく手裏剣状のエネルギーを投げつけてきたり、二刀流や分身の術を披露。見た目はどことなくSSSSのアンチに通じるものを感じます。
 また、AIも搭載されているため、これまでの怪獣とは異なり人間の言葉を喋ることが可能。ウルトラシリーズで言うところの宇宙人ポジションですかね。
 
 そんなシノビラーを前に苦戦を強いられたグリッドマンは、グリッドマンソードの刀の部分を短くした「サンダーアックス」を初披露。てっきりグリッドビームやサンダーアックスをブーメランのように扱って分身もろとも本体にダメージ!という展開になるかと思いましたが、あっさり本体を見抜いてサンダーアックスを投げてトドメ。それならグリッドマンソードのまま投げても良かったんじゃ・・・と思ってしまいました(汗。サンダーアックスから電気を放って分身をかき消すorシノビラーの動きを封じるなどをして欲しかったかなーとも。


 そんなこんなで次回はサポートメカ登場!
コメント (2)