ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

仮面ライダーエグゼイド 第4話「オペレーションの名はDash!」

2016-10-25 07:30:16 | 仮面ライダーエグゼイド
仮面ライダーエグゼイド 第4話「オペレーションの名はDash!」

 監察医・九条貴利矢。彼はゼロデイで友人を亡くしており、そのゼロデイが幻夢コーポレーションが作った10種類のゲームに発生したバグから誕生したバグスターウイルスであることも突き止めていた。
 そのことを黙っている代わりに、貴利矢は檀黎斗からゲーマドライバーを受け取っていたが、何故か友人である西脇の治療は永夢に依頼してきた。

 貴利矢は大我に奪われた永夢のガシャットを取り戻すべく、大我にゲームで勝負を挑む。西脇を治療しに来た飛彩も加わり、4人のライダーが一堂に会するその場で西脇は発症、バグスターウイルスが出現する。大我はスナイプ、貴利矢は「爆走バイク」のガシャットでレーザーLv1にそれぞれ変身し、レーザーLv1は西脇とモータスバグスターを分離することに成功。
 モータスバグスターを狙うスナイプだが、そこへ飛彩がブレイブLv2に変身して乱入。その乱戦に紛れてレーザーLv1は永夢のガシャットをスナイプLv2から奪うが、それを受け取った永夢は西脇の身の安全を優先し、戦うことなくその場を離れる。レーザーのレベル2はバイク形態。運転手がいないと本領を発揮できず、モータスバグスターには逃げられてしまった。同じ頃、スナイプとブレイブは黒いエグゼイドに圧倒されていた・・・

 永夢は西脇のストレスの原因がグラファイトにさらわれた妹だと知り、モータスバグスターが目指すゴールには妹がいると推察。永夢は貴利矢の友達を救うべく彼と友達になり、エグゼイドLv2となってレーザーLv2に載って妨害だらけのモータスバグスターとのレースに勝利。無事西脇の妹を救い出すのだった。

 だがゴールするなりレーザーはエグゼイドたちを振り落としてしまう。ゼロデイで友人を亡くしたというのも、永夢との友情もすべてウソ。全てはバグスターウイルスのサンプルを採取するためだった。
 そこへ証拠隠滅を図るかのように黒いエグゼイドが出現し、モータスバグスターにトドメを刺す。そしてシャカリキスポーツの力を用いたレベル3の力で瞬く間にエグゼイドとレーザーを瀕死に追い込み、去って行った・・・


感想
 パラドやグラファイトによると5人のプレイヤーが出そろったとのこと。エグゼイド、黒いエグゼイド、ブレイブ、スナイプ、レーザー。今後しばらくはこの5人を中心に話が回っていくんですかね。

 新たに登場した仮面ライダーレーザー。もうそろそろニコニコ動画配信分でも登場する仮面ライダーアクセル同様、自分が乗り物になるタイプのライダーです。初めて見た時からどこかで見覚えがあると思っていたのですが、「テツワン探偵ロボタック」のダークローでした。
 変身する九条貴利矢は、友人のためと偽って実際は自身の為に永夢を利用していた監察医。永夢の周りには曲者ばかり・・・何故適合者というのはこうも曲者ぞろいなのか。まぁ明らかに裏切りそうな感じはしていましたが、個人的には嫌いじゃないわ!特に変身時の蹴りが良い感じ。
 色々と事情に詳しそうなキャラクターで、黒いエグゼイドに対しても「証拠隠滅」と口走っていました。証拠を隠滅する必要があるのは、バグスターウイルス発生の原因を作った幻夢コーポレーション。となると、変身者は黎斗なんでしょうか。一方「強い者が生き残る」ことは永夢が一番よく知っていると語りかけていましたし、永夢の知り合いである可能性も高い・・・となれば、永夢を治療してくれた医者とか?

 バグスターウイルス発生の原因が判明し、加えてライダーガシャットは市販品のゲームとは異なり1個しかないことが判明。そのうち、市販品のゲームに新たなライダーガシャットが紛れて探す羽目に・・・という展開も出てくるのかな。

 ある程度人物がそろい始めたかと思いきや、早くもエグゼイドもレベル3にレベルアップ。1話完結故か、色々と展開が早いですね・・・
コメント (2)   トラックバック (3)

動物戦隊ジュウオウジャー 第35話「ジュウオウジャー最後の日」

2016-10-25 07:29:17 | 動物戦隊ジュウオウジャー
動物戦隊ジュウオウジャー 第35話「ジュウオウジャー最後の日」

 大和を人質に取られてしまったジュウオウジャーは、一度はキューブホエール抜きでの大和奪還を考える。だがキューブホエールが勝手に外に飛び出してしまったことを機に、操はキューブホエールにとって大和は現代での初めての仲間であるとキューブホエールの気持ちを察する。
 大和は嫌われてもキューブホエールを守ろうとしていた。ならば大和に怒られても大和を助けたい。セラたちはその思いを一つにし、キューブホエールと共に大和を救うべく指定された場所へと赴く。

 だがそこでもバングレイの罠が待ち受けていた。ジュウオウジャーに変身道具を捨てさせ、キューブホエールを受け取ったバングレイは上空の舟に待機させていたクバルに砲撃を命じ、大和の目の前でセラたちは爆炎に包まれてしまった・・・
 繋がりが招いた悲劇に絶望する大和だったが、セラたちはキューブモグラの力で地中に逃げており一気に形勢逆転。上空のクバルもキューブホエールが相手どる。

 「俺・・・皆に死なれたら、俺・・・良かった」と安堵する大和は群れを否定するバングレイに、群れを作るのは大事な仲間と生き抜くためだと叫び、仲間と共にバングレイとの最終決戦に臨む。
 偽ジュウオウゴリラはキューブシャークら5人が上空に打ち上げて撃破し、残るはバングレイのみ。野生の力を解放したジュウオウジャーに追い詰められたバングレイはクバルに救援を求めるも、クバルはバングレイの右手を切り落とし、餞別にコンティニューメダルを残して去ってしまう。

 右腕に銛をつけて立ち上がったバングレイは、ジュウオウファイナルを浴びてもなお生きており、巨大化して立ち向かって来た。対するジュウオウジャーは14のキューブアニマルの力を結集したワイルドトウサイドデカキングで挑む。
 1人でも強いバングレイだが、今よりも強くはなれない。地球のパワーが、6人の王者が結集した今、1人でできないことでもみんなと一緒ならできる。バングレイとの因縁にジュウオウドデカダイナマイトストリームで決着をつけるのだった。


 戦いの後、皆が生きていてくれたことに救われたという大和に対し、レオは「後悔すんなよ、俺らと繋がったこと」といい、後悔されたら寂しいとセラも告げる。より一層繋がりを深めた仲間たちに、大和は改めて感謝の言葉を告げるのでした・・・


感想
 目の前で仲間を失ったと感じた大和は、泣くのではなくただただ絶叫し、その後虚ろな表情をしていました。セラたちがキューブモグラと共に現れた時も、大和はすぐに反応せず、アムたちに話しかけられてようやく生存に気づいていました。ああいった大和の反応を見ると、バングレイの作戦は途中まで成功してしまっていたんですね・・・

 さて今回はとうとうバングレイとの決着!相変わらず外道な作戦を企てたバングレイでしたが、キューブホエールばかりに目がいっており、キューブモグラの存在を忘れていたのが運の尽き。形勢逆転のうえ、クバルには右手を切り落とされる羽目に。散々繋がりを否定してきたバングレイでしたが、どこかで「クバルは復讐に自分が必要だから裏切らない」と、クバルとの繋がりを信じてしまっていたのかもしれませんね。しかし、まさかクバルが「手を切る(物理)」をやるとは思いませんでした。記憶を読み取る能力を使おうとしているのでしょうか?やろうと思えば偽ジニスも可能・・・か?

 今回は操も大和を人質にとられたことにくよくよするばかりでなく、珍しく自分から意見を言い出していました。
 1人でも強いバングレイに対し、集まって生き抜いていくジュウオウジャー。例え王者であっても、1人で生き抜いていくのは難しいのでしょう。群れるのは仲間と共に生き抜くため。初登場となったワイルドトウサイドデカキングはまさにその象徴だと感じます。必殺技では様々なキューブアニマルたちが登場し、とどめには「100」の文字。百獣の王を意識したのかな。
 仲間が無事だったと知った時や、戦闘後に心の底から安堵している大和の声がまた涙を誘います・・・本当に救われたというのがよく伝わってくる声が素晴らしいっ!
 
 ワイルドトウサイドデカキングの活躍も良かったですが、偽ジュウオウゴリラを倒す際にジュウオウゴリラの自由を奪うべく空中へ放り投げて対処したのも印象に残りました。

 バングレイとは決着をつけたものの、まだジニスは健在。ブラッドゲームも続行でしょうが、クバルはどう動くのか。あとアザルドはどうなるのやら・・・
コメント (2)   トラックバック (1)