ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

発想はあっても・・・

2015-03-16 07:56:06 | テレビ番組・ドラマ
 昨日、世界のCMを集めた番組が放送されていました。最近、CMの話が多い気がしますが、たまたまです。

 「世界まる見え、昔はよく見てたっけなぁ」と思いつつ見ていました。日本のCMも中には精神的にくるものがありますが、外国のは視覚的にビックリさせられます。ここら辺はほら映画にも通じるものがあるのかもしれません。

 今回紹介されたCMの中だと、特に「空からホッキョクグマが落ちてくるCM」と「何度事故にあっても生き返るお婆ちゃん」のCMは怖かった。前者は温室効果ガスの影響を表現しており、後者は「孫が面接に行けなくなった理由を「お婆ちゃんが事故にあって」と説明していたから」というもの。意図が分かれば納得はできるものの、テレビを見ていていきなりあんなのが流れたらハラハラするってレベルじゃねーぞ!確かに言いたいことはわかるけれども、あのCMが放送されている国での評価はどうなんだろう。

 他にも「後部座席の子供が、運転免許を確認しに来た男性に「運転しているのは母親じゃない」と嘘をつき、スケッチブックに「HELP」と文字を書く」というCMもありました。映像クリエイター募集のCMで、発想は面白いのですが、日本だと「子供が真似をしたらどうする!」という理由で放送できなくなりそう。というか、発想はあっても実現しなさそう。

 商品説明の分かりやすさを求めるか、CMとしてのインパクトを求めるか。それともそれらを両立させるか。日本のCMは基本短いですが、その数十秒の間に如何に魅力を詰め込むか、色んな努力が重ねられているんでしょうね。


余談
 この番組のナレーションを担当されていた戸松遥さんが出演されていたセコイヤのCMには驚かされました。顔はあまり見たことがなかったので、最初は「声は似てるけど、ご本人?」と半信半疑でしたが(汗。
コメント