ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

ポケスペ ORAS編 第3話

2015-03-09 07:31:05 | ポケモン関連
ポケットモンスターSPECIAL、ORAS編の第3話が公開されました。

 ヒガナは「この星の危機」について尋ねてきたルビーと戦うことを決意し、ボーマンダをメガボーマンダにメガシンカさせる。対するルビーもラティオスをメガラティオスにメガシンカ。口上は「わがキーストーンの光よ、ラティオスのメガストーンの光と、結び合え!いざメガシンカ!!」というもの。「今の・・・いるのか?」と疑問に思うラティオスですが、「言った方がCoolでしょ?」というルビーは、こんな時でもいつも通りですw

 メガボーマンダは特性「スカイスキン」にてタイプ一致技となった「ハイパーボイス」を放つも、それをまともに受けるほど鈍くないとルビー。更に「どうした?ボーマンダ。また右からばかり攻めてくると思っているのかい?」と告げ、「ラスターパージ」で吹き飛ばした後に「今度は追っ払うだけじゃ済まさないよ」と一言。
 何とヒガナのボーマンダは、9年前にレックウザを研究所から逃がすために差し向けられたポケモンであり、更にルビーとサファイアを襲ったボーマンダでもあったと。しかし、9年前の少年とのバトル内容を覚えているとか、どんだけボーマンダにとってトラウマだったのやら。まさかポチエナとエネコに追っ払われるとは思わなかったでしょうけども。
 ヒガナのゴニョニョ・シガナを誘うためにばらまいたポロックも、その性格を見抜いた上での味をばらまいていた。ヒガナはルビーの実力を認めて危機について話すことに。

 一方その頃、コンテスト会場にてルビーの素晴らしさをカズラに説き続けるルチア。おきがえピカチュウや新たなステージ衣装もルビーが考えたそうで。しかしコンテストに情熱を注ぐ一方で、ルビー自身は「コンテストの道を進むことを許されない状況が今にくるとしたら」とマリやダイに告げており、今回が最後と考えてこの場に来たと漏らしていたとのこと。今後ルチア&カズラが本編に絡むことはあるのか、そしてルチアの「おじさま」と飛行タイプのジムリーダーの恋仲はどうなっているのやら。

 ヒガナが語る「危機」の内容は、ルネシティ周辺に10日そこらで巨大な隕石が降り、人やポケモンが生きていけない世界に変わる恐れがあるというもの。ヒガナ自身は星を守る方法を伝承してきた正当な「伝承者」であり、今更科学や機械でこの事態に気づいた人間に邪魔されたくは無い。つまりデボンコーポレーションは敵であると宣言。
 ルビーはメガバングルはダイゴにもらったものであるものの、デボン側かどうかについては「さあ」と何ともいい笑顔で回答を保留。色々教えてくれたことに感謝するルビーに対し、ヒガナもまた「ルビーがボーマンダ相手に暴れてくれたおかげで竜神様を解放できた」と感謝。「9年前はありがとう」と言い残し、ヒガナは去っていきました。

 一方その頃、メガシンカを体得したサファイア&メガバシャーモ、エメラルド&メガジュカイン。ツワブキ社長はまずは2匹のエネルギーを次元転移装置に注ぎ込んでもらおうと考えているようで・・・


 といったところで3話は終わり。ルビーとボーマンダとの因縁は相当に根深いようですね。確かエメラルド編でもヒースの操るボーマンダについてサファイア共々語っていましたし。そんなボーマンダ相手にラティオスがメガシンカ!この口上、何とかしてゲーム中の自己紹介コメントに乗せられないものか。

 ヒガナの考えは「伝承者である自分が片をつけるから、今更気づいた連中が邪魔するな」というもの。確かに解決策があるにも関わらず、今更変に手出しをされて隕石の軌道が狂ったり、更に事態が悪化したらまずいですからね。ゲーム中のヒガナはレックウザ召喚のために超古代ポケモン復活の方法をマツブサたちに教えていましたが、こちらのヒガナは今のところそういった様子は見受けられません。ヒガナがどんな風に描かれるのか。やはりこの点が一番気になりますね。

 一方のルビーもデボン側かどうかについては明言を避けていました。星を守れるのであればどちらでも構わないといった考えなのかな。彼氏?があれこれ事情を知る一方で、これといった出番の無いサファイアとエメラルド。今後はもう少し出番があると嬉しいです。
コメント (2)